だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

老害との上手な付き合い方。毎朝、シェーをする老人を、君は見たか? 

f:id:b9q:20190320133801p:plain

爺さんは、嫌いかね?

私は嫌いだ。私自身ジジイであるが、私は、彼らを忌み嫌っている。年寄りは、頑迷で不機嫌でプライドが高く、同じ話を繰り返し、いつもアクセルとブレーキを踏み間違える。

今日も近所の川でそんな爺さんを見かけた。

なんか、変な体操のようなものをしていたのだ。腕の筋肉を伸ばすためなのか、左手をあげ、頭に沿って曲げている。そして、片足を曲げて、もう片方のヒザのあたりに交差させている。右手は、足首をつかんでいる。柵にもたれかかっているので、転倒の心配はないようだ。

まるでおそ松くんに出てきたイヤミである。あのオッサンが「シェー」と言いながら取るポーズによく似ている。おそらくは、誰かのストレッチを見て、それを自分なりに改良したつもりなのだろう。だが、とても効果があるとは思えないのである。第一、同じポーズを取っているだけで、負荷をかけたりもしていない。

ここに老人の特徴を見ることができる。独善的なのである。

「いや、そんなんじゃ効果は出ませんよ。手と足の筋肉をほぐすのなら、こうやった方がいいですよ」と教えても絶対に聞かないのである。そんなことを言えば、「ワシは、学生の頃50メートル6秒8やったんじゃ~。そのわしに向かって何じゃあ、その偉そうな態度は」などと自慢&説教をはじめるのである。くわばらくわばら。

ふと見ると、そのちょっと横では、一人の爺さんが柵に足を乗っけている。これもただ乗っけているだけである。短い足を柵にかけている様は滑稽であるが、彼の顔は自慢げだ。「ワシは、こんなに足が上がるんやで」と言っているように感じられる。

すると、その横を婆さんが後ろ向きに歩いて通り過ぎた。この運動をしている年寄りは多い。普段使わない筋肉を使うのでインナーマッスルが鍛えられてバランスが良くなる、などと言われているが、私は、そんなもの信じない。

私は、普段使わない筋肉は使わなくていい派である。そもそも後ろ向きに歩くのは、不細工である。見ていて「アホちゃうか」と思ってしまう。何より自然の理にかなっていない。他に後ろ向きに歩く動物がいるか? 犬や猫が「バランスが崩れるから」と普段から後ろ向きに歩いているか? 穴を後退するモグラカニが横歩きする以外は、みんな前向きだろうが。だったら、前向きが正しいのである。

あんな運動をしている年寄りは、いずれけつまづいて「ととととっ」などと言いながら勢いが付いて川に落ち、どんぶらこどんぶらこと流されてやがて海に還っていくのだ。

イヤミの爺さんに目を戻すと、彼は、また、左右を入れ替えてシェーのポーズを取った。その顔は、自分のストレッチを信じ、「どや、この運動はサイコーやろ」と自慢げである。

私は、それを見ながら「シェー」とつぶやいた。

 

 

自民のメンツが勝つか、維新の大義が勝つか。それにしても気の毒なのは、大阪の未来を老人たちに決められてしまう若い有権者たちだ。

f:id:b9q:20190319212217p:plain

私は、大阪人ではない。

当たり前ではないか。「何言うとんじゃ」とか「ちゃうやんけ」とか「いてこましたろか」とか、そんな下品な大阪の言葉は、私は決して使わないのだ。私が使うのは、チンポとか金玉とかの下品な単語のみである。言葉遣いは、いたって上品なのでありんす。

さて、大阪都構想だ。

私は、大阪府大阪市の二重行政という無駄がある以上、さっさと一つにまとめるべきだと思っている。景気が良ければ、「府市合わせ(不幸せ)」のままでもいいのだ。だが、大阪の経済はどんどん悪化しているのである。

そんな状況の中、都道府県である大阪府政令指定都市である大阪市が同じような仕事をしているという一点で、「君たちは、馬鹿かね」と言いたくなるのだ。

だから、一つにまとめるのが最良の選択である。こういう問題は、シンプルに考えるのが一番なのだ。大きいところをドンと決めれば、細かいところは、あとから付いてくるのである。明治維新廃藩置県の騒動から比べれば、実に容易なことではないか。

従って、前回の住民投票で都構想が受け入れられなかった時は、正直驚いた。「やっぱり大阪人はアホ丸出しやんけ」と思った。いや、間違えた。「やはり大阪人という連中は馬鹿だよね、ベイビー」と思ったのだ。

反対意見には「都構想は、地方分権への逆行ではないか」「制度改正で混乱が生じる」など色々あるのだが、そんなものは反対のための反対意見である。

本音で言えば、自民党は「憎くてたまらん維新なんかに負けるか、このクソボケがっ」なのである。維新に勝つためなら、共産党とも手を組むのだ。大阪自民党の情けなさ全開である。さらに、一致団結して反対する組合や連合は、「わしらの既得権益を奪われてたまるか」なのである。

また、「大阪都になったら、生活保護費が減らされてまう」「老人切り捨てや」などの意見が出て、低所得者層や老人が反対票を投じたのも大きい。それは、データを見れば明らかだ。20代~60代は賛成が多く、反対が多かったのは70代だけなのだ。前回の住民投票は、老人たちによって決定されてしまったのである。

もちろん、住民投票とは、そういうものだ。「大阪は、老人が優遇されてるから、今のままでええねん」と反対に投票するのもアリである。誰だって、自分の立場が最優先なのだ。屁理屈をこねる自民党よりかは、何倍も正直でよろしい。

それにしても、と私は思うのだ。前回の投票で賛成に投じた若い人たちは、さぞ悔しかったろうな、と。自分たちの未来が、老人たちによって決められてしまったのである。

4月7日、統一地方選挙大阪府知事と大祭司長のダブル選挙が行われる。これに大阪維新の会が負ければ、大阪都構想も消えるだろう。まあ、私の予想では問題なく勝つはずなのだが、私の予想は外れる可能性が72%なので油断はできないのである。

話は変わるが、なぜ、大阪維新の会は、あんなに人材がいないのだろう。最初、雨後の筍みたいに、デキの悪い連中が出てきて、「人選がひどすぎるな」と思ったのだが、いまだにデキが悪いままなのではないか。まあ、タヌキみたいな顔をした元議員よりかは、マシなのだろうが。

4月7日か。私には関係ないのだが、ちょっと楽しみだな。それまでは、生きていたいものである。

 

 

韓国にお礼を言おう。虐げられた日本人労働者のために銅像を作ってくれてありがとう。

f:id:b9q:20190318121738j:plain

歴史を忘れた民族に未来はない。

これは韓国の人たちがよく言うセリフである。これは蓮舫さんや辻元清美さんに匹敵する見事なブーメランであり、今や韓国人の頭は、刺さったブーメランで満開なのだ。

まあ、韓国人の場合は、「歴史を忘れた」のではなく「歴史を捏造した」と言うのが正確なのだが、もっと正確に言うと「日本に負けたくなくて嘘をついたら、あっと言う間にそれが事実として広まった」というのが正しい。結果、未来どころか、自分たちのアイデンティティさえなくしてしまい、実に気の毒だ。

さて、近頃「もっと金をくれ」と判決が出て話題になった「徴用工労働者」だが、銅像だけではなく、韓国では写真付きで教科書にもなっている。「強制労働に動員された私達の民族」と説明されているのだそうだ。

で、この写真の労働者たちは、痩せこけて下着一枚である。見るからに強制労働というイメージで、この写真を見つけたときは、韓国は大喜びだったろう。

「これやっ。この写真を使うんや。そしたら、また日本を貶められるで。また、金を引き出せるで。反日の材料にして、大統領の支持率も駄々上がりですがな」

ところが、あなた。

実は、この写真の男性たち、日本人だったらしい。1926年に北海道の土木工事現場で悪徳事業主に酷使され、それを警察が救出した際の写真なのだそうだ。法的強制力をもつ「徴用」が行われたのが1944年であり、その20年近くも前の出来事である。

当時の記事には、こうある。

「惨酷極まる、土工の虐待。真に戦慄を覚えしむる被害者の実話」

当時の新聞が残っている以上、この情報は確かだと思われる。そう言えば、慰安婦と呼ばれる戦時売春婦についても同様のことがあった。韓国人の業者が女性を売買し、それを日本の警察が取り締まったという記事が見つかっているのだ。まあ、これが韓国スタンダードであり驚きもしない。ただ、韓国の言動は滑稽ではある。

その滑稽の最たるものが、徴用工像だ。

あの像は、日本人の写真をモデルにしたもので、つまり虐げられた日本人労働者のために作ってくれたというのが真相なのだ。ありがたい話である。「韓国人と勘違いしよった~」などと笑わずに、韓国を褒め称えようではないか。

これは、あなた。「全国民が泣いた」と言うべき美談である。日本に植民地支配された国が「日本よありがとう」というケースはたまに見られるが、口では「日本は嫌い」と言いながらも、実は韓国も日本に敬意を払ってくれていたのだ。だからこその徴用工像なのだ。

日本国民全員が、お礼を言わなければならない。朝日捏造新聞も、しっかりと記事にしてお礼を言うべきである。さあ、皆さん、ご一緒に。

韓国よ、ありがとう!!!