だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ウルトラセブンに変身できなかった男

f:id:b9q:20181114095910j:plain

もはや随分と昔のことであるが、私にも学生時代があった。

当時私は一人の美少女と付き合っていたのだが、よく彼女の実家に上がり込んでいた。別に歓迎されていたわけではない。私はコミュ障だから、彼女の両親と会話を楽しんだりはできないし、そもそも他人の家は苦手である。

その家に特有のニオイを感じてしまい、自宅のように落ち着くことができないのだ。これはホテルや旅館でも同じであり、嗅覚が優れているのか神経過敏なのか、まあ、やっかいな性質である。

そんな私がなぜ彼女の実家に上がり込んでいたのか?

それは、デートが終わり彼女を家まで送っていく時間が、ちょうどウルトラセブンの放映時間と重なっていたからだ。彼女の門限までデートをしたいがウルトラセブンも見たい。だから、重い気持ちを抑えながらも「おじゃまします」と入り込み、彼女の部屋のテレビでウルトラセブンを見た。そして、いつしかそれが習慣になってしまったのである。

例え苦手な他人の家であろうと、その苦痛よりもウルトラセブンを見たいという気持ちが勝っていたのだ。私は、それほどウルトラセブンが好きだった。あの世界観が、あのメカが、あの宇宙人たちが好きだった。

さて、もっと過去のことであるが、私にも小学生だった時代があった。私がウルトラセブンと出会った頃だ。

ある日近所の女の子と遊んでいて、ふと気がつくとあたりはもう暗い。大変だ。ウルトラセブンを見逃してしまった。下半身から力が抜け、危うくオシッコを漏らすところだった。今でもあの未来が消え失せたような絶望的な感覚はよく覚えている。

あれほど楽しみにしていたのに。さほど楽しくもない女の子との遊びに呆けてしまい、大切なウルトラセブンを見逃してしまった。ああ、今日のウルトラセブンは気持ちの悪い頭でっかちの宇宙人が出てくるやつだったのに。ああ、もうダメだ。あの宇宙人とは一生出会えない。

打ちひしがれる私に、女の子は言った。

「見逃したのは残念だけど、どんなお話だったか想像すればいいのよ」

そして、「お花畑があってねぇ、そこを女の子が走り回ってるのよ」などと夢見るような口調で話しはじめた。「そこにね、ウサギさんが通りかかるの」

こいつは馬鹿か、と私は思った。

ウルトラセブンだと言っているのに、なぜ、お花畑にウサギなのか。そもそもウサギに「さん付け」とは何事か。ああ、いくら小学生とは言え、こんなに幼稚な人間だとは思わなかった。もう、こいつと遊ぶのはやめよう。こいつのせいでウルトラセブンを見逃したのだ。ああ、損こいた。もし、私にアイスラッガーがあれば、お前の首を胴体から切り離してやるのに。ああ、ウルトラアイがほしい。ウルトラセブンに変身して、お花畑とウサギさんを破壊してやりたいっ。

ウサギさんのお話を語り続ける彼女の声を聞きながら、私は心底そう願ったのだ。

そして、現在、私はジジイになった。

老い先は短く、希望はなく、頻尿で夜中に目が覚めるわクシャミをすれば腰が抜けるわ本を読んでいても3分でぼやけるわ、もう踏んだり蹴ったりの日々である。まさに地獄の三歩手前だ。夜中に目が覚めずに失禁するようになったら地獄の二歩手前であると覚悟している。脱糞するようになったら一歩手前だと考える。まあ、細かいことはいい。

ウルトラセブンになるはずが、いつの間にかジジイになった。

かつてはバイクを乗り回して少しだけウルトラセブンみたいな爽快感を感じていたが、今は視力と体力低下のせいでそれもできない。私は、最近湧いて出ている自己中ジジイとは違って、身体能力の衰えをしっかりと自覚しているのだ。

「アクセルとブレーキを踏み間違えた」などのふざけたセリフは決して言わないのであります。

しかし、まさか自分が、ジジイになっても相変わらずウルトラセブンを見ているとは想像もしていなかった。私の予定では、新設されたノーベル哲学賞を受賞し、多忙かつ充実した毎日を送っているはずだったのに。現実は、いまだにウルトラセブンスタートレックに浸る逃避と諦観に満ちた日々である。

いやあ、実に情けない。

 

やーい、防弾少年団、怒られよった~。SWCに怒られよった~っ。ユダヤの皆さん、カンカンやでえ。で、またまた高須先生Good Job!

f:id:b9q:20181113093343j:plain

正直、高須クリニックのCMは嫌いだった。

なぜかというと私はこれでもクリエーターの端くれであるからだ。なにが「YES! 高須クリニック」じゃい。ださすぎる。素人臭満載ではないか。美を追究するはずの整形外科が、よくこんな美しくないCMを出せるものだ。

私は、「不思議大好き」というコピーに憧れ、「でっかいどう、北海道」というコピーに感心し、「お尻だって洗ってほしい」というキャッチフレーズには、その論理性に思わず興奮して「わしのチンコも洗ってくれー」と吠えたほどのクリエーターの模範のような男なのだ。素人ぽいがゆえにインパクトの強いCMには、つい反感を持つのである。

で、そんな反感が薄れたのは、高須先生が新しい技術は、まず自分の身で確かめてから取り入れる方針であると知ってからだ。なんという職業倫理の高さか。

私などは、自分が広告を担当した製品だって、「あかんあかん、あんな冷蔵庫、扉が落ちるに決まってるやろが。そもそも制作料金値切りやがって、ケチくさい企業やのお。社長はずば抜けたアホやし、そのうち海外の企業に身売りでっせ」などと憎まれ口を叩きながらライバル企業の冷蔵庫を買う人間なのだ。職業倫理はゼロである。

その後、Twitterなどで、「ひじを左わきの下からはなさぬ心がまえでやや内角をねらいえぐりこむように打つべし」的な高須先生の言葉に触れ、まあ、ファンというわけではないのだが、なかなか大した人であるなあと感心しているわけである。

こういう日本人があと10人いれば、おそらく韓国など3カ月以内に消し飛ぶに違いない。中国なら1年、ロシアでも1年2カ月で消滅させることができるはずだ。

さて、今朝テレビを見ていると、「いやあ、びっくりや。防弾少年団ナチスのコスチュームを着けたせいで、ユダヤの皆さんが怒ってはる」とやっていた。原爆Tシャツの時は、少しタイムラグがあったと思うのだが、ナチスはさすがにやばいのだろう。対応が早いのである。

で、今回の防弾少年団の件では、これほどの展開になったのは、高須先生のツイートの力が大きいと思われる。

特に、ナチスのコスチュームを防弾少年団が使用していた件については、高須先生が、被害者ビジネスで食っているSWC(サイモン・ウィーゼンタール・センター)に、「サイモンヴィーゼンタルセンターさんは何故沈黙してるんでしょうか?」「サイモンヴィーゼンタルセンターさんもイスラエル大使館も日本政府も沈黙しておられます。何故ですか? 遺憾砲は今こそ有効ですよ」「何故大騒ぎしないんですか? サイモンヴィーゼンタルセンターさん。なう」などとしつこくしつこく送りつけたために発火したと考えられる。

かつて日本のグループがナチス風のコスチュームを付けていたのに対してSWCはギャーギャー文句を言って謝罪させたのだが、防弾少年団のはナチスの親衛隊そのもの、しかも強制収容所刑務官のものだった(らしい)。最悪である。防弾少年団のを見逃すと、今後、被害者ビジネスを推進するのに大きな弊害になる。

同胞に近い韓国のグループとは言え、これを見逃すと本業に差し支えるということで、仕方なく高須先生のコメントに応えてしまったのである。

かつてSWCは、高須先生にちょっかいを出したことがあるのだが、「このボケッカスッ、お前の金玉抜き出して唐揚げにして食わしたろかっ」と脅された経験がある(と聞いたことがあるようなないような)。おそらく「あの人には逆らうな」という不文律ができているのではないか。

SWCはこんなタイトルのメッセージを出した。

Popular Korean Band Whose Japan Performance Was Cancelled For T-Shirt Mocking A-Bomb Victims, Once Posed With Nazi SS Death Head Symbols, Flew Nazi-Like Flags At Concert

私は英語がさっぱりなのだが、たぶん「韓国の防弾少年団ちゅうグループが、日本の原爆被害者を馬鹿にするようなTシャツを着て出演がキャンセルになったんやけど、実はナチの帽子をかぶったり、ナチ風のフラッグを振ったりもしてたんやで。アホ丸出しや。やっぱり韓国人は間抜けやのお」みたいな意味だと思う。

しかし、高須先生に怖いものはないのだろうか。

SWCというと、「戦後世界史最大のタブー、ナチ『ガス室』はなかった」という特集を組んだ文藝春秋社「マルコポーロ」を廃刊に追い込み、編集長は解任、社長を辞任まで追い込んだ組織である。

さらに、文春の社員130人に対して3日間のセミナーをおこない、ユダヤ人講師による講義を受けさせたという。なんか知らんけど、怖いのだ。

まあ、今回の高須先生は、むしろ協力者だったのだから大丈夫だろうが、防弾少年団はどうなるのか? 字幕なしでヘブライ語の映画を延々と見せられ、自分たちのやった行為がどれだけ愚かなことであったかを指摘され続けるのか。

反日教育に洗脳され、今度はユダヤ至上主義に洗脳される。

いやあ、防弾少年団、つくづくお気の毒である。