だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「成功したクリエイターと成功しなかったクリエイターの違い」の真っ赤な嘘

まあ、今日も暇だったんでネットなどをへらへら見ていたわけです。

するとこんなツイートが話題になっているとの記事があった。

「昔クリエーター仲間で、1日8時間作業する人と、8時間遊んで1時間しか作業しない人がいたんですけど、成功したのは後者でした。いいアイデアって膨大なインプット無しには出ないんだなぁ……と思いました」

思わず怒鳴りましたね。

何を嘘を言うとるんじゃー。ワシは、1日1時間しか仕事をせんかったけど、成功しとらんぞー。いまだに自販機でコーヒーが出てこなかったら、ちゃんと管理会社に電話して金を返してもらうほど貧乏なんじゃー。こんな嘘をしたり顔で語るなくそぼけがー。ギャオー。

その人が成功したのは1日1時間しか作業しなかったからではなくて、その人に才能があったからに決まってるでしょうが。才能がなければ1時間作業をしようが、8時間作業をしようが成功はせんのですよ。

そもそも「作業」というのがよくわからない。

ツイートの内容からすると、アイデア出しのためのインプットを作業と言っているようだが、インプットというのは、業務時間に限定してやるものではない。

私の知り合いにも「いい映画を見るのは、我々の仕事には大切なことだよ」などと言いながら、就業中に抜け出して映画を見ているやつがいたが、私は「何カッコつけとんねん」と唾棄していた。「映画が見たいだけやろが。それやったら、『映画が見たいから行ってきます』と正直に言わんかい、この東京もんが」

そもそもインプットのための「遊び」など、それを意識した時点で遊びではなくなるのだ。インプットを意識して映画を見たり、本を読んだり、音楽を聞いたり、酒を飲んだり、女の子といちゃついたりすることの、なんと味気ないことか。実に薄っぺらだ。

ちなみに広告のクリエーターに関して言うと、まず、アイデアラッシュがあり、アイデアを煮詰めていく過程があり、その次に具現化していく工程がある。具現化する際は、コピーもデザインも何案も作り、それこそ8時間どころではなく、24時間作業が続く場合もあるのだ。

イデアを出すだけのクリエーターなどちょっと想像できないので、こうした過程はどの業種でも共通しているのではないか。

このツイートに賛同するツイートがいくつか載っていたが、いやいや、お前、こんなのを真に受けて「よし、おれも作業は1時間にしよう」などと思っていたら、大変なことになるよ。天才的な人ならそれでもいいが、そうでない人は、コツコツコツコツ10時間でも15時間でも作業しなくっちゃ。

ちなみに成功していない私は、いまでもアイデアラッシュに関しては1日24時間体制である。

寝ているときにも枕元にメモ帳を置き、たとえセックスの途中であってもいいアイデアを思いついたらすぐにメモ。彼女になじられようが、彼氏に怒られようが、きちんとメモを取ることが大切で、でないとイッた瞬間に忘れてしまうのだ。

歳はとりたくないものである。

 

※一部LGBTに配慮した表現になっております。

 

 

ダライ・ラマはネトウヨ。「移民は国へ帰れ」と暴言。

 

私はこれまで、「難民はシロアリだ」「難民を出す国は国にあらず。恥を知れ」などと言ってきた。アフリカや南米、中東の難民・移民を生み出す国に対しては、このクソボケッと言ってやりたい。

こうした痰壺クソツボ国家のせいで、イギリスやフランス、ドイツなどの先進国が文化を壊され、国民の間に亀裂が生じ、内部から崩壊しようとしているのである。こら、難民排出国のアフガニスタン、何をヘラヘラ笑っとんじゃ! イギリスに土下座して謝らんかいっ!

もう、怒り心頭である。いや、言っておくが、私が一番怒っているのは、実は難民やそれを排出する国に対してではない。

これまで「難民を受け入れろ。それが正義だ」とええかっこしてきた連中に対してである。難民に反対する意見を出すと、一斉に「レイシスト」と非難してくる連中である。左翼だかリベラルだか知らないが、そんな薄っぺらな正義感で偉そうな顔をするなと言いたい。

で、ダライ・ラマ14世がとうとうブチ切れた。

「欧州は欧州のもんやろが。難民は、さっさと国に帰って母国再建に尽くさんかい」

さすがはダライ・ラマ。こんなことを言っても、誰も「この人でなし」となじる人はいないのだ。もし、文句を言っても「このノーベル平和賞が目に入らぬか」と一蹴されるのである。

ダライ・ラマは、一部の難民に対しては、きちんとフォローの言葉も発している。

「まあ、命の危険がある難民は、支援する道義上の責任があるわな。ただ、受け入れるだけやったらあかんで。受け入れて、助けて、教育せなあかん。それを放っとくから、『わしらは弱者や。もっと金くれ』となるんや。最終的に母国を発展させるために、頑張れよと教えたらなあかんわ」

極めて、正論である。

私としては、難民排出国に対して「このクソボケ国家が」と罵倒していただきたいのだが、さすがにそこまでは無理だろう。ただし、いくら受け入れる国があっても、そのキャパシティを超えて難民が生まれている状態だ。従って最終的な解決策は、難民に教育するよりも、難民排出国を何とかする以外にないのである。

アフリカ諸国などは、現在とてつもなく悲惨な状況だ。今、中国が盛んに金をつぎ込んでいるが、たぶん、そのせいでもっとアフリカは悲惨になるだろう。インフラ整備では、一部の人間が儲けるだけなのだ。

長い目で見てアフリカに一番必要なのは、ダライ・ラマが言ったように教育である。人としての地力を付けなければ、いつまでたっても利用されるだけの大陸であり続けるのだ。

日本もアフリカに協力するのなら、ぜひ、教育に金を出していただきたい。指導者がいないのなら、菅直人でも鳩山由紀夫でもレンタルしてあげればいいのだ。仮にも日本国首相であった人材だ。アフリカなら多少は通用するのではないか。

いや、無理かな。うーん、やっぱり無理だな。