だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

旭日旗を付けて韓国を旅する正しい方法。

f:id:b9q:20190614095735j:plain

いやあ、遅すぎる。

遅すぎる上に、生ぬるい。いや、生ぬるいなどという言葉では足りない。生ぬるぬるい、いやいや、生ぬるぬるべちょべちょくらい言ってもいいほどだ。

なに? 意味が分からない? 察しの悪いやつだな。

言うまでもなく、政府による旭日旗の情報発信についての話である。決まっているではないか。

旭日旗好きは世界中にいるのだが、バカでポンポコピーの韓国がイチャモンをつけるために、その世界中の旭日旗好きが迷惑を被っている。私も毎日、食前食後に「何とかせんかい」と言っていたのだが、防衛、外務省がようやく「旭日旗の由来」などの情報発信をホームページではじめた。

だが、あなた。なんじゃい、このふぬけた内容は。

バカでポンポコピーの韓国が旭日旗にイチャモンをつけていることが、まったく触れられていないのだ。そもそものきっかけがサッカー選手のキ・ソンヨンというポンポコピーであることすら書かれていない。狂気のように世界中の旭日デザインを刈り続ける韓国の蛮行についても書かれていない。

単に旭日旗は日本文化であること、自衛隊の公式旗であることが説明されているだけだ。

なんなのだ、このお上品ぶった内容は。中途半端は最悪の道ということを知らないのか? どうせやるなら、徹底的に書くべきなのだ。韓国がどれだけ妄言を吐き、どれだけ世界中の人にイチャモンをつけているのか。しっかりと糾弾すべきなのだ。やる以上は、相手の息の根を止めるべきなのだ。

韓国政府はさっそく批判してきたが、韓国などは放っておけばよろしい。どうせ日本の主張など理解する気はないのだ。論理が通じない相手である。相手にすべきは世界である。世界中の国や人々に向けて、韓国のポンポコピーぶりを主張しなければならないのだ。

ちなみに、韓国旅行で旭日旗を見せびらかしたい人は、いい方法がある。

米軍のフライトジャケットを着ていけばいい。米軍は、フライトジャケットやヘルメットに旭日旗をあしらっている。だが、韓国人たちは、なぜか、米軍が使用する旭日旗には文句を言わないのだ。

もしくは、朝日捏造新聞の社旗を振りながら歩くという手もある。朝日捏造新聞の社旗は言うまでもなく旭日旗である。だが、なぜか韓国人は朝日捏造新聞の社旗に対しても文句を言わないのだ。

文句を言わないと言うことは、使ってもいいと言うことである。

旭日旗とともに行くソウル二泊三日の旅。そんなツアーがあれば、韓国嫌いの私でも行ってみたいと思う。朝日系列の旅行代理店「朝日旅行」は、ぜひ企画していただきたい。

 

 

なに、阪急電車が炎上!? それは大変だ。

f:id:b9q:20190613091627p:plain

思わず想像してしまった。

炎上する阪急電車が、武庫之荘駅の桜並木に火を付けながら通り過ぎ、武庫川の鉄橋の上を炎を吹き出しながら渡り、岡本駅を通る時にはホームの学生たちを燃やしながら疾駆する光景を。ああ、本当に見てみたいものだ。

さて、阪急電車の広告が炎上したんだそうだ。

【明治から数えて5つ目の元号を走り始めた令和の節目に、働く全ての人を応援する企画列車「 #ハタコトレイン 」を運行します。様々な業界・世代の働く人々の思いを紡いだ言葉集「はたらく言葉たち」とコラボし、仕事に誇りと志を見出す人々の言葉たちで電車内をジャックします!】

企画としては、まあまあいいのではないか。

ただ、選ばれた「言葉」が悪かった。一番、不評だったのが次の言葉である。

「月収50万円の生きがいのない生活より月収30万円の仕事が楽しくて仕方ない生活がいい」

私は、こういう恣意的な言葉は嫌いだ。早い話が、嘘だからだ。「月収50万円」と「生きがいのない生活」には、論理的な必然性はまったくない。月収50万円であろうが30万円であろうが15万円であろうが、はたまた100万円であろうが、生きがいがある場合もあれば、ない場合もある。生きがいと月収の多寡は別なのだ。いくら啓蒙的な広告とは言え、嘘はいけない。

まあ、炎上している本当の理由は、そういう部分ではなくて、月収50万円と30万円という金額にあるらしい。この言葉を考えたのは80代の研究機関の研究者という訳の分からない爺さんらしいのだが、「若い世代の給与を知らないのか」「やりがい搾取だ」などと批判が集まったのである。

確かに月収20万円の人が見れば腹立たしいだろう。「ねっ、30万円でもやりがいのある仕事のほうがいいでしょ」と阪急電車に言われても、「いや、おれ、手取り16万円なんだけど」と自答するのは悲しいことだ。

数字を出すのは広告的表現としてよくあるのだが、この場合は、明らかに出してはいけない事案である。ただ、数字を出さないと、このフレーズの場合はピンボケした広告になってしまう。この趣旨でつくるとすれば「月収では負けたけど、生活を楽しむことでは負けてない」とかだろうか。

なんにしても「いや、これって、30万円以下の人に失礼なんじゃないの」と誰からも意見が出なかったのは、これは阪急電車にとって不幸なことだった。

土地勘のない人に説明しておくと、阪急電車が走っているのは山手なのだが、その南側にJR、海側に阪神電車が通っている。基本的に、阪急沿線は高級住宅街が多く、JR、阪神と下るにつれて少しずつランクが落ちていく。特に阪神沿線などは(以下182文字削除)。

まさか、阪急電車に乗っている人は月収50万円はあるはずだという思い込みがあったのではないだろうが、今回は少々配慮が足りなかったようだ。

ちなみに広告が炎上すると、阪急電鉄はすぐにお詫びのメッセージを出し、広告も中止した。広告を見る側の感覚を持たないままに、爺さんやらオッサンの調子こいた独りよがりな言葉を無自覚に載せたことは企業として恥ずべきことだが、批判を浴びたからと言ってすぐに取り下げるのも恥ずべきことだ。

阪急電鉄や制作会社の人たちは、もう少し、誇りを持って仕事をした方がいいと思う。そんな情けない姿勢じゃ、とてもやりがいは感じられないだろう。

 

 

友達5,000人芸人? 反社会的集団に闇営業したことよりも、私は、彼のポスターが猛烈に情けない。

f:id:b9q:20190612101048j:plain

ああ、いやだいやだ。

カラテカの入江慎也という人のことはよく知らないのだが、別に闇営業をしようが、その相手が詐欺をやっている反社会的集団であろうが、毎朝出たてのウンコを食べていようが興味はない。

ただ、この人のポスターを見て「ああ、いやだいやだ」と思ったのだ。そのポスターには、プリクラで修正したような気持ち悪い顔をしたオッサンが腕組みをして立っていて、こんなキャッチフレーズが添えられている。

「人生をさらに豊かにする人脈力

ああ、いやだいやだ。はっきり言って、私は人脈が嫌いだ。人脈に頼ろうとする人間も嫌いだ。なにより「人脈力」などと言いながら金を儲けようとする奴が一番嫌いだ。

そもそも、「友達5,000人芸人」ってなんじゃい。はぁ? ふざけてんのか? いや、もう、こういうことを恥ずかしげもなく言うようになったら人間はおしまいである。

そもそも友情なんていうものは、「友達なんていらない」と考えている者同士にしか生まれないと、どこかの哲学者も言っているのである。友達5,000人などと吹聴するような男に、いったい何人分の友情が芽生えるというのか。それは、友達ではなく単なる知り合いなのだ。友達を語るならビジネス抜きで語れ、このバカたれが、と思うのである。

いいですか。人脈などを意識的に作ろうとするやつは、ネズミ講情報商材などの詐欺的商法に関わる連中だけだと言っても過言ではない。パーティーなどで物欲しげに名刺を渡し続ける連中の、なんと情けないことか。

人脈などを気にする前に、まず、自分を磨くべきなのだ。スキルを磨いて、懸命に仕事をしていれば、いつの間にか友達は増える。そうして築かれた関係こそが、本来の人脈なのである。

ちなみに偉そうに言っているが、実は私は、中途半端にスキルを磨き、いつもテキトーに仕事をやっていたせいで、人脈と呼べるような関係は皆無である。付き合いは徹底的に悪いし、コミュ障だし、おまけにハゲである。

好感を持たれない人間として最初から人を遠ざけ、入江氏のような存在を敵対視しているのだ。こういう記事を書くのも、友達が多い人に対する嫉妬であると思われても仕方がないし、まあ、それは事実だろう。

正直、金が欲しいという気持ちは私にもある。入江氏を見習って、せめて友達を100人作っていたら、今頃、寿司屋で「盛り合わせの『松』を所望いたす」と堂々と注文できる男になっていたのではないかと残念である。