だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「仙台育英足蹴りサヨナラ事件」彼を救えるのは監督だけだ

no title

河野多恵子さんの小説に「後日の話」という作品がある。

処刑される直前に面会に訪れた妻の鼻を、夫が食いちぎってしまうという話である。なかなかショッキングな展開だが、重要なのは、鼻を食いちぎられた妻の「後日の話」である。

大切なのは、いつも「後日の話」なのだ。

例えば、仙台育英の選手が大阪桐蔭一塁手の足を蹴ったという事案も、大切なのはその後である。

足を蹴った仙台育英の選手は実名を晒され、猛バッシングを受けた。それだけ、あの動画が衝撃的だったということだ。彼は、TwitterやIngramを監督の指示で閉鎖し、翌日の試合のスタメンからも外れた。テレビのアナウンサーは「熱中症」と言っており、本人は「監督から準決勝決勝で戦ってもらうために、今日は休めと言われた」と語っている。

事実は、言うまでもなく、大阪桐蔭戦による騒ぎを静めるためだ。これは憶測ではなく、それ以外の理由は考えられない。彼がバッターボックスに立てば、どんな野次が飛ぶかは明白である。「一塁手、足に気をつけろ~っ」

高校生には、過酷な経験だ。おそらくその過酷な経験は、これからも続くだろう。ネットは残酷で浅はかで、しかもキリがないのである。

一つだけ彼を守る方法がある。

それは、監督が「実は、普段から『試合では、相手を傷つけるくらいの闘争心を出せ!』と言っていた。あのプレーは、そんな指導からつい出てしまったのだろう。私の責任です」と言うことである。

例え嘘をついてでも、そう語るべきだと思う。大人なんだから。

それしか彼へのバッシングを和らげる方法はない。

まあ、仙台育英という高校は、生徒が腕に何十箇所も根性焼きをやらされたにも関わらず、なぜか被害者を退学させ、しかも「両者の合意の上だった」と語るなど、かなり指導方針に問題がある学校のようだ。

生徒を守るために、自分を悪者にする勇気はないかもしれない。ま、だからと言って、責めることはできないのだが。

 

 

広告を非表示にする

加計学園問題でワーワー騒いでた人たちが「24時間テレビ」を支えている

f:id:b9q:20170818170141j:plain

24時間テレビ「愛は地球を救う」のマラソンランナーが当日発表なのだそうだ。

なぜ、そんなことがニュースになるのかが理解できない。私は24時間テレビは一度も見たことがなく、愛とか地球とかという言葉は嫌いであり、テレビ芸人にも興味がない。こんな志の低い番組は、すぐに終わるに違いないと思っていた。

だが、終わらない。なぜなんだ!?

私の回りでは「加計学園問題? アホか」という人が多かったのだが、同様に「24時間テレビ? どアホか」という人が多いのだ。24時間テレビなど見たことがないという人も結構いる。家族も見ないし知人も見ない。

一体、誰が見ているのだ?

私は、たまたま24時間テレビが映ると、なにか汚いものでも見たかのような悪寒に襲われてすぐにチャンネルを変える。「偽善」に対する嫌悪かというと、ちょっと違う。私は、偽善を完全否定するものではない。

では、なにか?

例えば、この前ニュースで見たのだが、トランプ大統領の人種差別的な言動に反対したオバマ元大統領のツイートが話題になっていた。「黒人や金髪など4人の幼児が並ぶ窓をオバマ元大統領が見上げている写真」に対して、Twitter史上最多の「いいね!」が付けられたのだ。

私は、そのことに24時間テレビと同様の気持ち悪さを感じた。

そうだ、気持ち悪いのだ。彼らの反応が不気味なのだ。

こんな作り物めいた写真を見て、そんなに多くの人が「いいね!」と思うことに驚愕し、自分と世間との乖離に愕然とし、こりゃ大変だと思いながら、とりあえずオシッコをしにトイレに入ったのだ。

加計学園問題を連日取り上げていたテレビに釘付けになって安倍政権の支持率を下げ、トランプ大統領の言動に怒りの声を上げてオバマ元大統領のツイートに「いいね!」を付ける。世の中には、そんな訳の分からない人が大勢いるのだ。いや、むしろ、そういう人たちの方が多数派なのである。

だから、24時間テレビは終わらないのだ。それなりの視聴率を稼ぐのだ。10年後、私は「なんだ、まだ24時間テレビをやってるのか」と舌打ちしながらチャンネルを変えているような気がする。

勝負は、私の負けなのだ。

ちなみに私は、マラソンランナーが清原和博さんなら見てもいいかな思う。堕ちてしまった彼には走る意味があるし、例え途中でヘトヘトになって倒れたとしても、「ほらね、覚せい剤やるとこんなになるんですよ」という警告にもなる。

まあ、ないと思うけど。

 

 

広告を非表示にする