だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

衆院選予測、東京4区は平将明さんが当選に決まっとるでしょうが。

f:id:b9q:20171022202608j:plain

名前は、大切である。

いや、名前で一生が決まると言っても過言ではない。

例えば、鈴木一郎さんなんて、どう考えても平凡な人生を送りそうである。平凡だ平凡だと言われ続けて、「オレなんてどうせ鈴木一郎なんだ」とひねくれて、本当に平凡な人生を過ごすのである。

大リーガーのイチローは、イチローに改名したから達成できたのであって、鈴木一郎のままなら一軍に定着しないままプロ人生を終え、今頃、神戸で焼肉店を経営しているのだ。まあ、嘘だけど。

選挙では、特に名前が重要である。

今回の衆院選では、私は、東京4区の平将明さんに注目している。

いや、もう、当選間違い無し。どう見ても平将門の直系の子孫である。彼に対峙した人は、名前に圧倒され、戦う前から負けを認める。それほど強い名前なのだ。

子供の頃から、あだ名は「平将門」だったに違いない。「平将門やったら、サムライの言葉でしゃべらんかい」といつも言われていたはずだ。「そんなんイヤじゃ」と歯向かったら、「平将門の乱や~」と囃し立てられるのである。

まあ、嘘だけど。

平将明さん、それなりの苦労もあったのではないか。そんな名前にした両親を恨んだこともあったかもしれない。だが、今になってそれが生きている。こんな名前で落選するのがおかしい。必ず当選すると私は断言するのであります。

まあ、平将門は首を河原に晒され、死後は地獄に落ちたとされる人だから、名前が似ているのもいいのか悪いのかわからない。が、やはり一度聞けば忘れられない名前というのは、選挙的には有利である。

やはり名前に感謝すべきだろう。

では、平将明さんの当選を祝しまして、バンザイ!バンザイ!バンザイ!

 

広告を非表示にする

最近、朝日新聞でよく見る投稿。朝日に利用される大便者たち。

f:id:b9q:20170510092214j:plain

いや、もう申し訳ないと謝るしかないのだが、私は朝日新聞購読者である。

新聞をゴミに出す時は、一番上に駅で買った産経新聞を置いてカムフラージュしている。早く替えたいのだが、新聞販売店が気の毒なのと連載小説を読んでいるのとでなかなか踏ん切りがつかない。

あれ? 突然だが、全然関係ない話をちょっとやる。

今、気がついたのだが、「踏ん切りがつかない」は「糞切り」ではなかったのだな。ウンコが切れないから、いつまでも便座から立ち上がれない、つまり思い切りが悪いという意味だとばかり考えていた。

さて、朝日新聞の得意技は、読者の投稿欄で自社の主張を大便させることである。おや、誤字であるが、朝日新聞の代弁など大便で十分だ。そのままにしておくのである。

最近多いのが、「棄権せずに投票しよう」という投書だ。

もちろん朝日新聞の大便だから、普通の大便ではない。投票を棄権することは、独裁を認めることになる。平和を守る憲法を壊すことになる。北朝鮮を挑発し、危険を拡大することになる。安倍総理こそが国難なのだ、という論調である。

つまり野党、特に「立憲民主党に投票しよう」と読者を使って言っているのだ。

少し前なら希望の党だったのだが、幸いにして失速した。あの党は、中身はほとんど民進党だったのだが、それでも保守の一部が投票する可能性があった。今、投票するのは、都民ファーストのコアなファンだけだろう。

立憲民主党は、これは完全に民進党である。マスメディアやサヨクの人たちは、完全にこの党についた。党首の枝野幸男さんは、棚からぼた餅、天然礫のまぐれ当たり、英語で言うとpennies from heavenである。

ただ、心配なのは、「リッケン」という言葉の響きに惑わされる人たちだ。

実は、私も惑わされた。リッケンって、かっこええやんけ。なんかドイツ語っぽい感じで、かしこげで、「投票はどちらに?」「ええ、立憲民主党です」などと言うと、なかなか知的な感じがする。

しかし、あなた。

言うまでもなく、中身は民進党。私が立憲民主党に入れることは決してないので安心していただきたい。

兎にも角にも、立憲民主党押しの印象操作のための投書は、今日の朝刊までだろう。そう考えるとホッとするのであるが、選挙が終わってからも、何かあるごとに「アベガ~」「一強が~」「憲法が~」と似たような投書が続くに違いない。朝日新聞反日は、永遠に不滅なのだ。

そう考えると、うんざりして飽き飽きして倦み疲れ果てて、思わず脱糞してしまうのである。

 

広告を非表示にする