だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

成人式嫌いの成人式。

f:id:b9q:20200117100304j:plain

成人式は嫌いである。だから、行かなかった。

私は、ロープシンの「蒼ざめた馬」を読んで感化され、志望する職業をエンジニアからテロリストに変えた男である。国が主催する成人式などに行けるものか。

まあ、当時の成人式など市長や市会議員のくだらない話を聞いて、紅白饅頭と国語辞典をもらって帰るだけのショボいイベントだったのだが。

あなたね、二十歳の若者が紅白饅頭と国語辞典をもらって喜ぶとでもお思いか。それでは子供ではないか。成人というのなら、せめてとらやの羊羹とエロ本にしろよと思うのである。

よく聞くのが「友達に会えるから」という理由だが、私は仲のいい高校時代のクラスメートには週末に会っていたし、それ以外の連中とは別に会いたいとは思わないのだ。馬鹿馬鹿しい。

最近は、ディズニーランドやら甲子園球場やらが会場だったり、それなりにエンタメ的な要素があったりして楽しめるようなのだが、いやいや、それはそれでおかしいでしょうが。なぜ、成人たちに迎合する必要があるのか。情けない。そんなことだから、なめられる。酒を飲んで暴れるDQNたちは馬鹿だが、主催する大人たちも馬鹿なのだ。

成人式は、大人になるための儀礼である。だったら、それは試練であるべきなのだ。

マサイ族はライオン狩りに出かけるし、パプアニューギニアではサメを素手で捕らえる。有名なのはバヌアツ共和国バンジージャンプである。勇気を試さずに、何が成人式か。

日本も彼らを見習うべきである。例えば、成人を迎えた連中で暴力団員をぶん殴りに行くとか、住宅街に現れるイノシシやニホンザルを退治するとか、痴漢や盗撮犯を追い詰めるとか、自らの勇気を示す儀式にすべきなのだ。それでこそ、自分の中に大人になったという実感が芽生えるのだ。

ちなみに私は、成人の日に電車で二時間ほどの場所にある大学まで歩いて出かけた。特に意味はなく単なる思いつきだ。道に迷ったせいもあって、家にたどり着いたのは翌朝である。全身が痛んだのだが、特に足の裏に出来たまめがつぶれて、ズルズルのベロベロになってしまったのがとてつもなく痛かった。

で、そんな苦痛を受けて大人になったという実感を得られたかというと、まったく得られなかったのである。それから何十年もたったが、いまだに大人になったという自覚がないままだ。

ま、セレモニーとは、そんなもんである。

 

 

なに!? 一太郎2020プラチナのバージョンアップ版が3万円!? バージョンアップで3万円だと!? 今度こそ、さらば一太郎と言おう。

f:id:b9q:20200114170924p:plain

また、お布施の季節がやってきた。

ジャストシステムという会社が出す「一太郎」というワープロソフトのことである。毎年この時期になると「バージョンアップのご案内」が送られてくるのだ。ちなみに「という」を二つ並べたのだが、知っている人は少ないだろうと思ってのことだ。

今の時代、文書作成はマイクロソフト社のWordと決まっている。たぶん、日本国憲法でもそう定められているはずだ。WordとExcelPowerPointがビジネスアプリの三種の神器なのだ。

一太郎などを使っている人は、生きた化石と言っても過言ではない。恐竜の化石なら値打ちがあるが、せいぜい北京原人のオッサンのウンコの化石程度の値打ちである。一太郎は、重いしセンスがないし、もう随分と長い間、些末な部分にだけ注力しているように見える。これは、改良ではない。バージョンアップのためのバージョンアップであり、もはや意味がないのだ。お布施を集めるためのセレモニーでしかない。

しかも、お布施の料金が高い。いや、高すぎる。「一太郎は高すぎるんじゃ~」と私は届いたばかりのカタログを握りしめ、大声で叫び続けたのである。

今回送られてきたカタログを見て、一番驚いたのは価格である。いや、驚いたのは価格のみである。機能的には、何一つ驚くべきものはなかった。価格だけが大幅にアップされているのだ。

私は、一太郎2018プレミアムバージョンアップ版(USBメディア)を購入したのだが、値段は18,360円だった。ところが今回の2020プラチナはバージョンアップ価格が33,000円なのだ。新たに何が付属しているかというと、JUST CalcというExcelみたいなアプリとJUST FocusというPowerPointみたいなアプリだけである。そんなパチモンのために、なぜ15,000円も高くなったのか。アホか。

新しい機能として「一太郎Pad」があるのだが、これはスマホ用のメモアプリである(後日公開予定)。メモをそのままパソコンの一太郎に転送できるという機能らしいが、あなたね、そんなもんEvernoteやDynalistの同期の方が簡単なのである。アホか。

びっくりしたのがカーソルのある行を色つきでハイライト表示する機能が「New」だったことだ。こんな基本的な機能が今までなかったんかい!?と思わず突っ込んだのである。

あとは、モリサワフォント26書体とか時をかけるイラスト70点とか、まあ、いつもの盛り合わせである。

予約特典は、一太郎のロゴが入った扇子だ。扇子でっせ、扇子。言うまでもなく私はウチワ派だ。棋士以外で扇子を使う男は、私は信用しないのである。何が「暑いですなあ。パタパタ」じゃい! パタパタするんやったら、ウチワを使わんかい!

まあ、前に予約特典でもらったブランケットも最初は馬鹿にしていたのだが、意外に暖かくて、今も重宝している。一概に非難するのはやめておこう。

だが、私は断言する。

もう、一太郎は買わないのである。

一太郎信者は、金輪際やめるのだ。お布施を払うのは馬鹿馬鹿しいのだ。貧乏人から搾取するのはいい加減にしたまえ、とジャストシステムをなじりたいのである。

そもそも、私がふだん使っているのは「Mery」というエディタなのだ。一太郎は、いつもインストールするだけなのである。「なんでこんなにインストールに時間がかかるんじゃー」と叫びながら毎年インストールしていたのだ。時間と電力の無駄である。一年に5回くらい起動して「相変わらずセンスがないなあ」とブツブツ言うくらいなのだ。

本当に自分に向かって「アホか」と言いたいのである。従って今回は、断固として買わないのだ。いや、ウンコとして買わないと断言するのである。チンコとして買わないというのは言い過ぎだから言わない。

で、確か去年の一太郎2019も買わない宣言をしたのだが、結局、ダウンロード版で一太郎のみだがバージョンアップした。ああ、情けない。自分の意志の弱さが嘆かわしい。だが、今度こそ買わないのだ。

さらば一太郎。さようならジャストシステム。もう、カタログは送ってこなくていいのである。

もし、今回、一太郎2020(通常版DVDメディアで8,800円)を買ってしまったら、本気で自分を殴ってやるつもりだ。乞う御期待。

 

 

自分で自分を殴ってやりたい。韓国製の43V型4K対応テレビ(43UK6500EJD)を、つい買ってしまう。

f:id:b9q:20200108153821j:plain

2006年製の32型液晶テレビを使っていたのだが、少し暗くなっている程度で問題なく視聴できた。シャープのAQUOSである。14年前のテレビなのに、たいしたものだ。

もちろん元気だった頃のシャープであり、由緒正しき日本の企業の製品である。だが、その後、アホな社長たちが経営を誤り、最後の高橋社長がトドメを刺した。「社長がこんなに大変だとは思わなかった」というとんでもない迷言を残し、高橋社長は台湾のホンハイに経営権を譲ったのである。もはや私には、シャープに対する愛着も信頼もない。

で、新しいテレビを買ったのだ。Amazonのお年玉セールで、つい、買ってしまった。

そして、何と言うことか、買ったのはLGのテレビである。言うまでもなく韓国の企業だ。反日教育で子供たちを洗脳し、日本は放射能で住めない国と言いふらし、終戦直後に島民を殺して奪った竹島を自分たちの領土だと盲信し、旭日旗を見れば戦犯旗と騒ぎ立てる。かなり頭のおかしい国の企業なのだ。

ああ、それなのに。

私が韓国のテレビを買うとは想像だにしていなかった。「このクソ韓国が~っ」と汚い言葉を発しながらたまたま持っていたFILAのTシャツを破り捨てたこの私が、韓国製品を買うとは……。

いや、だってね、あなた。

安いんだから。43型4K対応テレビが税込みで39,800円ですよ。もちろん安いだけなら中国製にはもっと安い製品もある。ただ、信頼性ならまだ韓国製の方がマシなのではないか。特にLGは、液晶パネルの製造では、世界のシェアがトップクラスだからね。

もちろん葛藤はある。サムスンじゃないのでぎりぎりセーフ、などと自分をごまかしているのである。いやあ、申し訳ない。朝日新聞はいまだに購読しているし、韓国製のテレビを購入してしまうし、いくらでも売国奴となじっていただいて結構である。そしりは甘んじて受けよう。

さて、テレビの出来であるが、まあまあいいのではないか。画質には不満はない。

以前、標準画質で録画した映画なども前のテレビよりも鮮明に見えるし、デフォルトでは、地上波デジタルのニュース番組なんかでは人の顔が白っぽく見えるが、鈴木その子さんほどではないので大丈夫だ。

リモコンなどのインターフェイスの違和感は、これは慣れの問題だろう。やや面倒な部分もあるが、とにかく機能が多いので、これを一つのリモコンで網羅するのはおそらく無理である。

ネット接続のできるスマートテレビであり、YouTubeAmazonプライムなどはアプリもあらかじめインストールされている。リモコンにもボタンが独立して用意されているので、Amazonプライムを毎日見ている私としてはありがたい。うちのネット環境はさほど速くはなく、パソコンではブラウザによってはカクカクすることがあるのだが、このテレビでは問題なく視聴できている。

まだ、数日しか体験していないのだが、心配していた初期不良もないようだ。

LGのテレビを買って思ったのは、「これじゃあ日本のテレビが売れなくても当然だな」ということである。日本人には、「家電製品は国産が一番」という意識がまだ根強いのだが、世界の人々には日本製も外国製の一つにしかすぎない。トヨタ車に対するような信頼は、少なくともテレビには、すでにないのだ。

企業も男も、調子に乗ったときが一番危ない。過去に戻って、「世界のアクオス」などと調子に乗っていたシャープの経営陣に「目を覚まさんかいっ」と言ってやりたい。