だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

A級戦犯の息子と呼ばれた男。河野太郎外相、中国に「あなたには失望した」と言わせる。

f:id:b9q:20170509145645j:plain

A級戦犯という呼称は、なかなか強烈だ。

例えば、「慰安婦の強制連行はあった」と金と自己顕示のために偽証した吉田清治氏と、ずさんな調査や証言だったにも関わらず「強制連行はあった」とお詫びをした河野洋平氏。

この二人は、慰安婦問題のA級戦犯であることは間違いない。

まあ、河野洋平氏の場合は、まさかここまで韓国が付け込んでくるとは思わなかったのだろう。こちらが折れれば向こうも配慮してくれる、というのは日本人的な考え方であり、韓国人は謝ってきた相手には死体になっても攻撃し続ける民族なのである。ちょっと考えが甘かった。

苦労するのは、A級戦犯のその子供たちだ。

吉田氏の長男は、「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることにこれ以上、耐えられない」と父親が韓国内に建てた「謝罪碑」の取り消しを行った。

河野洋平氏の長男である河野太郎氏は、今回の内閣改造で外相となり、中国と韓国に対し、日本の立場をはっきりと伝えた。

韓国には、「日韓合意が韓国国内でしっかり認知されるように努力していただきたい」と迫って、韓国側の「河野洋平の息子なら、韓国の味方だ」という期待を打ち砕いた。韓国側は「韓国国民の大多数が受け入れられずにいるのが現実だ」と泣き言を言うばかりである。

中国の王毅外相も河野洋平氏の息子に対して期待感があったのだろう。中国の動向に対し「深刻な懸念を持っている。一方的な現状変更の試みに強く反対する」と述べる河野外相に驚き、「あなたの発言を聞いて率直に言って失望した」と言った。

これはかなり失礼な表現であり、それだけ衝撃を受けたということだろう。もちろん、失望させていいのである。中国も韓国もどんどん失望させていただきたい。

安倍総理がどこまで読んでいたのかはわからないが、A級戦犯の息子を外相に任命するとは、なかなか見事な手である。不安もあったろうが、初手でその不安はある程度払拭されたのではないか。

父親の汚名を息子がそそぐという展開。下手なドラマよりも面白い。

 

 

広告を非表示にする

いいぞ、もっと言え。櫻井よしこさんが野田聖子総務相をバッサリ。

f:id:b9q:20170808085246j:plain

雀百まで踊り忘れず。

ジャイアンは死ぬまでジャイアン

高校時代にいじめをやって退学になった野田聖子総務相のその本質は、政治家になっても変わることはない。こんな人が国民の代表になってはダメだ。

来年9月に予定される次の自民党総裁選に「必ず出る」と明言した野田聖子総務相に対し、櫻井よしこさんが「まったく哲学を感じられない人だ。資格はない」と切り捨てた。

その通りである。私は、顎を股間に打ち付けるほど激しく頷いた。

さすがは、櫻井よしこさんである。私のような棺桶に両足を突っ込んで、そのままではやばいので棺桶の床を蹴破り、棺桶ごとひょこひょこアヒルのように歩いている老人が言うよりも、遥かに効果があるだろう。

とは言え、残念ながらペンの力は、マスメディアの捏造と印象操作のせいで、かつてのような効力はなくなっている。微力ながら、私も全力で野田聖子総務相の悪行を書き連ねるのである。

そもそも入閣した途端に自民党総裁選に「必ず出る」とは何事か。

調子に乗りすぎである。

まあ、企業と男は調子に乗ったときが一番危ない、とは言うものの、女性の場合はどうなのか。調子に乗るほどうまくいくのか。蓮舫さんの場合は、調子に乗りすぎて墓穴を掘った状況だから、女性もやはり調子に乗ったときほど危ないのは同じではないか。

自民党の萩生田幹事長代行も「さすがに就任の記者会見で、次の総裁選も必ず出ると言うのはいかがかな、と思った」と言っている。

何をオブラートに包んでいるのか。もっとはっきり言ってやれと思う。

「このクソアマ。何調子こいとんじゃ。お前の目には、総理の椅子しか見えとらんのか。その前にもっとやらなあかんことあるやろがっ。高校時代にいじめた生徒に土下座してこんかいっ」

いや、萩生田幹事長代行がこんなガラが悪いわけないな。

失敬、つい頭に血が上った。血圧を測ってみると、上が178、下が124である。極めて高い。そろそろ本物の棺桶が必要なのかもしれない。

野田聖子総務相の高校時代のいじめは、ネットでは盛んに語られているのだが、事実なのか単なる伝説なのか、これは誰かが一度取材なり調査などして明らかにすべきではないか。野田さん自身、いずれ総理になるつもりなら、今のうちにきっちりと結論を付けておいたほうがいいと思う。

 

b9q.hatenablog.com

 

広告を非表示にする