だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

老害との上手な付き合い方。毎朝、シェーをする老人を、君は見たか? 

爺さんは、嫌いかね? 私は嫌いだ。私自身ジジイであるが、私は、彼らを忌み嫌っている。年寄りは、頑迷で不機嫌でプライドが高く、同じ話を繰り返し、いつもアクセルとブレーキを踏み間違える。 今日も近所の川でそんな爺さんを見かけた。 なんか、変な体操…

自民のメンツが勝つか、維新の大義が勝つか。それにしても気の毒なのは、大阪の未来を老人たちに決められてしまう若い有権者たちだ。

私は、大阪人ではない。 当たり前ではないか。「何言うとんじゃ」とか「ちゃうやんけ」とか「いてこましたろか」とか、そんな下品な大阪の言葉は、私は決して使わないのだ。私が使うのは、チンポとか金玉とかの下品な単語のみである。言葉遣いは、いたって上…

韓国にお礼を言おう。虐げられた日本人労働者のために銅像を作ってくれてありがとう。

歴史を忘れた民族に未来はない。 これは韓国の人たちがよく言うセリフである。これは蓮舫さんや辻元清美さんに匹敵する見事なブーメランであり、今や韓国人の頭は、刺さったブーメランで満開なのだ。 まあ、韓国人の場合は、「歴史を忘れた」のではなく「歴…

見ず知らずの誰かから「あなたは大きな変態です。無限のファンタジー!」となじられた話。あるいは、最近のスパムメールの特徴について。

スパムメールは、好きかね? 私は、結構好きだ。日々の刺激になるものは、家の前に放置された犬のフンでも、図書館で借りた本の「犯人はこいつ」と書かれた落書きでも、なんでもウェルカムである。 こういう刺激がなくなり、平和でノッペリとした日常になっ…

ウルトラセブン 第3話「湖のひみつ」 地球の男たちは、可愛い女の子に弱いとバレてしまう。特に、ビキニ姿の女子高生には大変弱い。

あなたね。 私だって可愛い女の子には弱い。だが、実は可愛くない女の子にも弱いのである。そもそも、私は、可愛い可愛くないなどという美醜を基準にするような、金玉の小さな男ではないのだ。 うん? ちょっと表現がおかしいか? あれは、ケツの穴だったか…

相棒 シーズン17 第19話「漂流少年~月本幸子の決断」に、「それでもあなたは女将さんですかーっ(ぷるぷる)」と本気で怒る。

ご存知か? 昔、よく見ていたドラマに「傷だらけの天使」というのがあって、萩本欽一、だったかな。いや、あれは、ドリフターズか。いやいや、ドリフターズは志村けんだったか。 うん、そうだ、萩原健一だ。ショーケンという愛称で呼ばれた個性的なイケメンが…

「ぶっさいくやのう」と思わず言ってしまう堺市の竹山市長。

私は、不細工である。 誰が何と言おうが不細工で間違いない。1万人の女性に「この人は不細工ですか?」とたずねれば、1万人全員が「不細工です」と必ず答える。1万人全員が「絶対に抱かれたくない」と声を揃える。 失礼でしょうがーっ、と怒る気力も起こらな…

脱糞シーンがあれば、すべて良し。映画「カメラを止めるな」の感想。

君は、見たかね? 私は、見た。 映画「カメラを止めるな」のことである。ついこの間、話題になっていたと思うのだが、それがもうテレビで放映されたのである。何という太っ腹か。スポンサーがどこだったか忘れたが、ありがたいことである。 私には、この映画…

eスポーツはゲームかスポーツか? ゲームに決まっとるでしょうがーっ。茨城県の公立高校でeスポーツ部の設立に根強い反対。

私は100歳近い老人だが、まあ、四捨五入してであるが、従って目は悪いし手は震えるし記憶は途切れるし、もう、死にかけと言っても過言ではない。いや、くたばり損ないと言ったほうが適切か。 なにーっ!? くたばり損ないとは失礼でしょうがーっ、と自分で今書…

なぜ、私の頻尿は3日で治ったのか。あるいは、尿管結石との闘い。

諸君、君たちは、尿管結石の痛さを知っているかね? 私は、知っている。私は、尿管結石経験者だ。しかも、3回である。言わば、Three Times Championである。アーネスト・ホーストに匹敵する快挙と言っても過言ではない。 説明すると、 カルシウムやシュウ酸…

作業員カルロス・ゴーン、現る。

正直、日産のゴーン元会長には全然興味がない。 いや、正確に言うと、顔以外には興味がない。あの人の顔は、韓国の文喜相国会議長と同じくらいのインパクトがある。こんな人がそばにいたら、「見てはいけない」と思いながらも、チラチラ見てしまうに決まって…

人生に必要なものは、金と希望と敵である。あるいは、暗黒面に落ちかけた「まんぷくラーメン」の萬平さんについてのお話。

私は、見た目は100歳、頭脳は27歳の年寄りなのだが、ずいぶんと最近枯れてきた。 電車の中で足を踏まれても「ええがなええがな」と笑い、通りすがりの子供に「ハゲ」とそしられても「ええがなええがな」と頭をなでる。昔なら、「お前もハゲにしてやろうか…

今日の「お前、現場で見とったんかい!?」シリーズ トランプ氏が席を立つと、正恩氏は驚愕し真っ青に。韓国のムン大統領に八つ当たりも。

顔が青くなったことはあるかね? 私が知る限り、本当に顔色が青い人物というのは、デスラー総統だけである。よく「顔が真っ青になった」と三流小説などで使われるが、現実には顔色はそれほど変化はしないのだ。 ちなみに、私の顔面が真っ青になったのは、小…

「基礎にドラえもんの落書き」で訴えられたフジ住宅。5年も粘った末に和解で賠償金30万円。ああ、施主の男性が気の毒だ。

あなたね。 「家を建てるのは男子一生の仕事」などと言う人がいるが、そんなものを一生の仕事にしてどうするっ、と叱りたい。なぜ「人に喜ばれたい」「人のために働きたい」と言えないのですかーっ、インスタントラーメンを発明した安藤百福さんを見習えーっ…

「万能鑑定士Q」と「本能寺ホテル」、どちらの綾瀬はるかが魅力的かは一目瞭然である。

おっぱいは好きかね? 私は好きだ。 こんなことを書くと、眉をひそめる人もいるだろう。いくらアクセスが少ないとは言え、中にはたまたま間違えてこのブログを読むことになった女性もいるはずだ。きっと不愉快に違いない。女性を性的なネタにするというのは…

ウルトラセブン第2話「緑の恐怖」 志村後ろ後ろ~っ的な若奥様が楽しい。それにしてもお手伝いさんのシズさんは結構巨乳なのではないか!?

ウルトラQやウルトラセブンの見どころの一つは、当時の建物や車、人々にある。つまり時代の空気というやつだ。 私にとってはリアルタイムに過ごした時代であり、懐かしさもあって、つい何度も見てしまうのだ。こうなってくるとすでに老人の域であり、「昔は…

なにっ!? 「今日はキレイだね」と言っただけでセクハラですとっ。イケメンに言われたら「ふふふ」と喜ぶくせに。それは、明らかに差別であるブサハラである訴えてやるっ。

ご注意いただきたい。 チンポだマンコだ金玉だと下品極まりないブログである。コメント欄をとじているので非難の声は届かないのだが、とじていなければ今頃コメント欄は、好き放題に私を罵倒するスパムコメントの山だろう。想像するだけで腹が立つ。 まあ、…

ムン大統領が「さ、どうぞ」と手を差し出すのを見るたびにイラッとなって血圧が上がる。何とかあの癖をやめていただくよう、日本政府から言ってもらえないだろうか。

「なくて七癖あって四十八癖」という言葉がある。いや、あるらしい。「なくて七癖」と入力したら、勝手に推測変換で残りの部分が出てきて、ほお、続きがあったのかと感心したのだ。 もう、百年近く生きているのに、知らないことはまだまだあるのだなあと思っ…

ダムカレーは、あれはカレーであってダムではない。もしダムカレーが責められるなら、コアラのマーチを貪り食う私は、極悪非道、動物を虐待するポンポコピーである。

いや、テレビのニュースでちらっと「ダムカレーは、被災者や施工者に対する侮辱だと怒る人がいる」と聞いただけである。詳しいことは知らないし、知ろうとする気力も根気もない。 あまりにアホらしい意見であり、真剣に書く気もおこらない。まあ、真剣になっ…

やはり映画は期待せずに見るに限る。意外とそこそこ……いや、なかなか……いや、かなり面白かった「セブン・シスターズ」

「セブン・シスターズ」というタイトルを見た途端、私はピンときたのである。「なるほど、これは『白雪姫と七人の小人』のパロディだな」と。 普通に考えれば「七人の侍」のパロディなのだろうが、それでは安易すぎる。マッドマックス的な近未来で、悪党ども…

土方歳三はバルカン星人だった!? 意表を突く人物造形が魅力的な京極夏彦「ヒトごろし」

私は、理路整然を何よりも好む。そして、支離滅裂を何よりも憎む。子供の頃からそうだった。 ご存知か? 私が小学生の頃「1+1=41」という馬鹿げた数式が話題になったことがあった。「この算数、わかるか?」などとクラスメートが私に言い、へらへらと笑っ…

女子生徒を二人殺して懲役20年。出所後すぐに小学生の女の子のスカートを引っ張って怪我をさせて懲役8年の求刑。そんなもの、この男にとっては休憩でしかない。

刑事ドラマを見ていて、たまにイラッとすることがある。 犯罪を犯して服役した人が、出所後身の回りで犯罪が起きたせいで疑いをかけられた。そして、こう言うのである。 「おれは、もう罪を償ったんだよっ」 いやいやいや、それは違う。それは、単に刑期を終…

ユネスコという無用の長物。安倍総理に「クジラが効いた」と笑われる。

私は、国連が嫌いである。従ってユネスコも嫌いだ。何が「世界遺産」だ。何が「世界記憶遺産」だ。なぜユネスコごときが「認定しまひょ」やら「認定できまへんな」と偉そうに決定するのだ。ふざけるなーっ。 お前らに認定されなくても、富士山は富士山である…

今日の名言「自民党が野党に転落したことが悪夢なのではない。悪夢とは、その後の民主党政権なのだ」安倍晋三

悔しかったんだろうなあ。 元民主党、今は立憲民主党の逢坂誠二政調会長のことである。 安倍総理に「悪夢のような民主党政権時代」などと言われてしまい、ムキーッと、いやもしかするとフンガーッだったのかも知れないが、かなり腹が立ったのだろう。まあ、…

自民党の二階幹事長、寝ぼける。文喜相国会議長の「日本の態度は盗人たけだけしい」発言に、「無視する」とへたれ発言。

いやあ、面白い。 韓国の文喜相国会議長は、顔も面白いが、その言動も面白いのである。「天皇は犯罪者の息子やろが。天皇自らが慰安婦に謝罪せんかいっ」と発言。この言葉には、元テロリスト志望者の私でさえ、ちょっと驚いた。おいおい、そんなこと言うてえ…

今日の名言「食べるか泣くかどちらかにしなさい!」 ドイツ人が作った真面目なB級映画「パラサイト・クリーチャーズ」

「パラサイト・クリーチャーズ」という映画を見た。 GyaO!で無料だった。名前を見ればわかるとおり、間違いなくB級である。もしこれがB級でないのなら、私は、これから一生、ウンコは食わないと約束してもいい。 可能性としてあるのは、B級よりもレベルが低…

渾身のオヤジギャグがすべった犯罪捜査官がとても悲しかった、アイスランドのミステリ映画「湿地」

「湿地」という映画を見た。もうすっかり人気が定着した北欧ミステリー作品の映画化である。 まず、原作について語ると、著者の名前が覚えにくい。この作品を含め、私はすでに4作読んでいるのだが、おそらく私はこの著者名を一生覚えられないままだろう。著…

朝日捏造新聞も「記者質問けん制はやめろ」と参戦。だが、私としては、東京新聞の望月衣塑子さんは、そろそろズリネタとしては……違う違う! そろそろ記事ネタとしては飽きてきたなあという話。

少々下品な話をする。私は下品を最も嫌うタイプの人間であり、記事のほとんどは上品なのであるが、今回の記事においては下品にならざるを得ない。 今回、私は「ズリネタと記事ネタは本質的に同じである」と言いたいのだ。「ズリネタってなあに?」と首をかし…

立憲民主党の枝野さん「安倍総理は小学6年生並み」と小学1年生並みの悪口を言う。

朝日捏造新聞デジタル版が馬鹿な記事を出していて、「日本の総理、小学6年生並みで情けない 立憲・枝野氏」という見出しだ。「グッドニュースや。これやったら安倍総理を貶められるで」と喜んだのだろう。 だが、以前なら「えっ、ホンマか。安倍総理って小…

本日の名言「私は北朝鮮を信じない」by ナンシー・ペロシ下院議長

この間、暑苦しい顔の文喜相国会議長のことを書いたのだが、また出てきた。文喜相国会議長は、現在、アメリカを訪問中なのだが、ナンシー・ペロシという下院議長と面会した。 この議長、ネットの記事を読む限り、随分とはっきり物を言う人のようだ。 ▼文議長…