だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

2017-08-21から1日間の記事一覧

「仙台育英足蹴りサヨナラ事件」彼を救えるのは監督だけだ

河野多恵子さんの小説に「後日の話」という作品がある。 処刑される直前に面会に訪れた妻の鼻を、夫が食いちぎってしまうという話である。なかなかショッキングな展開だが、重要なのは、鼻を食いちぎられた妻の「後日の話」である。 大切なのは、いつも「後…