だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

2018-01-08から1日間の記事一覧

「成人式」というよりも「二十七五三参り」か。そして、昔々、成人の日に私は。

まるで理解できないのが、成人の日である。 若い頃からそうで、当然、私は成人式には出席していない。確かその日は、筒井康隆の「脱走と追跡のサンバ」の172ページ、主人公が血相を変えて一路自我町六丁目にある井戸時計店へ向かっているあたりから読みはじ…