だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ニュース

「成功したクリエイターと成功しなかったクリエイターの違い」の真っ赤な嘘

まあ、今日も暇だったんでネットなどをへらへら見ていたわけです。 するとこんなツイートが話題になっているとの記事があった。 「昔クリエーター仲間で、1日8時間作業する人と、8時間遊んで1時間しか作業しない人がいたんですけど、成功したのは後者でした…

ダライ・ラマはネトウヨ。「移民は国へ帰れ」と暴言。

私はこれまで、「難民はシロアリだ」「難民を出す国は国にあらず。恥を知れ」などと言ってきた。アフリカや南米、中東の難民・移民を生み出す国に対しては、このクソボケッと言ってやりたい。 こうした痰壺クソツボ国家のせいで、イギリスやフランス、ドイツ…

大坂なおみ選手に変な質問をした記者がいるという。変態か!?

大坂なおみ選手のインタビューで、何を言っているかよく分からない質問が出たとして話題になっていた。 ほお、何を言っているかよく分からないのは、私の得意技である。富田林への行き方を聞いているはずが、いつの間にかプリキュアの話になり、さらには頻尿…

感情が高ぶると椅子を投げる人が教師をやる恐ろしさ。

私などは、非常に温厚なわけです。 チンコは立てても腹を立てることは滅多にない。今、記憶をまさぐってみたんですが、三歳の頃、辛口カレーライスを食べようとして母親に阻止されたのが、腹を立てた最後でした。それ以降、腹を立てたことがないわけです。非…

カンニング竹山の勘違い「タトゥー、外国人はいいのに?」

りゅうちぇる(敬称略)というタレントがタトゥーを入れて、それをインスタグラムで公開したらしい。 まあ、この人はタレントだから、別にいいのではないか。タトゥーを入れることも、それを公開することも犯罪ではない。タレントとしてプラスになるかマイナス…

ハゲの風上にも置けない、至学館大の栄監督。

あのですね。 いさぎよいのが、ハゲなんです。特にスキンヘッドなら、いさぎよいのに決まってるんです。ぐずぐずねちょねちょしているのは、それは中途半端なバーコードハゲであり、ハゲの中でもグレードが低い。 ああ、それなのに。 至学館大のレスリング部…

セクハラ許可証を持つ男

おや、なつかしい。 そう思ったのは、近所の川縁を散歩している時のことだった。幼稚園児くらいの男の子が、母親と歩きながら歌っていたのだ。 ♪おさんぽおさんぽうれしいな~ 今の子供でも、この歌を知っているのかと若干の驚きと郷愁を感じつつ、私は「だ…

怪しからん! 長尾敬衆院議員、ついうっかり福島みずほさんと辻元清美さんを「セクハラとは縁遠い方々」とツイートしてしまう。

福島みずほさんや辻元清美さんをはじめとする野党議員が、黒い洋服姿で「#MeToo」のプラカードを掲げて政府批判の集会に臨んだ。財務省の福田淳一次官による女性記者へのセクハラ疑惑に抗議する意思表示である。 そしたら、あなた。 自民党の長尾敬衆院議員…

福島瑞穂さんがセクハラ疑惑に対して「#MeToo」? いやいやいや、ないないない。

いやあ、びっくりした。 福島瑞穂さんが福田事務次官のセクハラ疑惑に抗議して、「#MeToo」の赤いプラカードを持ってるではないか。いやいやいや、ないないない、と思わずブルンブルンと首を振り続けたのである。 あなただけは、セクハラの被害者にはなりえ…

日本政府がきちんと旭日旗に対して説明しないせいで、MotoGPのヨハン・ザルコ選手をはじめ、多くの外国人たちが非常に迷惑しております!

韓国人の特徴として「自分のついた嘘に騙される」というのがある。 旭日旗に対しても同様で、サッカーの試合で政治的な言動をして立場がまずくなった選手が「旭日旗を日本人が振っとったんや。そやからワシは、あんなことをやったんや」とでたらめの言い訳を…

荒木経惟さんが水原希子さんに文句を言われる。それにしても怪しからんのは資生堂である。

いやあ、面白くない。 事件というのは、ギャップがあるから面白いのだ。例えば、これが美しい写真を撮ることで有名な一流カメラマンなら話は別である。「なに!? あんな神々しい写真を撮る人がセクハラですと。怪しからん!」となるのだが、アラーキーじゃな…

小林よしのりさん、「ゴー宣道場」の師範たちの記事にあわてる。

いやいやいや、やっていたに決まっているではないか。人間というのは、不思議というか馬鹿というか訳の分からない生き物であるとつくづく思う。 立憲民主党の山尾志桜里議員と倉持倫太郎弁護士の不倫騒動で、「二人は不倫していない!」と信じていた人がいた…

頭が金メダルの「日本レスリング協会栄和人さん」、パワハラ疑惑にその輝きがくすむ。

磯野波平さんが54歳の設定だと知った時も衝撃だったが、日本レスリング協会の栄和人さんが57歳だと知った時も衝撃だった。 な、なんと、年下だったのか!? 女子の選手に肩車される様子をテレビで見るたびに、「ハゲのお手本である」「中途半端は最悪の道。私…

「下町ボブスレー」は、なぜ炎上したのか?

「下町ボブスレー」が炎上したのだという。 私は、ほとんど知らなかった。大鶴義丹さんのコラムで知った。その記事を読み、他のニュースサイトを見たりして、「これは、炎上しても仕方がないな」と思った。 美談は、後から出てくるのが鉄則である。後から出…

モスバーガーは、なぜ低迷しているのか? そりゃあ調子こいてたからやろね。

いや、世の中というのはわからないもので、ついこの間まで「マクドナルド、終わりやね」などと言っていたのが、今は業績がドーンと上がっている。逆に落ち込んでいるのがモスバーガーである。 飛花落葉。無常迅速。世の中は三日見ぬ間の桜かな。盛んなものは…

見下す人

昔は、結構上から目線の人が多かった。 警官は「おいこら」だったし、政治家や弁護士や医者はみんな偉い先生だった。今は、そんな意識をモロ出しにする正直な先生方は、私たち下々の者にすぐに気付かれて、「偉そうだ」「何様だ」と叩かれるようになった。 …

Amazonの「ほしい物リスト」がどんどん増える。

物欲というと、何となく悪いもの的なイメージがある。 おそらく「ブツヨク」という言葉の響きがそう思わせるのだろう。モノヨクと読めば、さほど悪いイメージはないので、これからはモノヨクと読んでいただきたい。そもそも日本人は、清廉であることを良しと…

なに、義理チョコはやめよう? ゴディバの広告? ゴディバって何やねん?

バレンタインデーには、縁のない人生を送って参りました。 義理チョコすら私を避けて通るのでございます。義理が廃ればこの世は闇と申しますが、私など、もう右を見ても左を見ても真っ暗闇。生まれてこの方、たった一人でとぼとぼと暗い人生を歩んできたので…

コインチェックの580億円流出も、出川哲朗のCMも、さっぱりわからん。

さっぱり意味がわからないのである。 コインチェックという仮想通貨の取引所が580億円相当の「NEM」を奪われたのだそうだ。そう聞いても「な、何ですとお!?」などと驚くこともなく、「ほお」とか「ふーん」とかしか感想が出てこない。意味がわからんのだ。 …

加計獣医学部への応募多数に「これでいいのか」と毎日新聞が無様にツイート。もちろん、これでいいのだ。

無様な人というのはいるもので、例えば、毎日変態新聞の公式ツイッターの人である。 散々「モリカケ問題」で追求したにも関わらず、安倍首相の関与は見当たらない。野党の追求も尻すぼみだ。さらには、国民の怒りは、政府与党ではなく、むしろ野党や自分たち…

「こんなアホなこと毎年やっとったんかい!?」と思わず突っ込んだ世界終末時計によると、人類滅亡まであと2分。

毎年やってるアホなことと聞いて、一番に思い出すのはアレだ。 「日本死ね」のユーキャンがやっている「日本流行語大賞」だ。日本死ねのユーキャンとしては、もう、広告的な価値もなくなっているのではないか。私など、ユーキャンと書く場合は、必ず「日本死…

卓球の張本選手の「チョレイ!」がうるさい? では、何と叫べばいいのか。

確かに、卓球の張本選手の「チョレイ」はうるさい。 自分のいいプレーに対する声出しならいいのだが、相手がミスしても同じように叫ぶ。日本人的には受け入れづらい行為である。ただ、私は卓球は未経験で、試合を見に行ったこともない。卓球では、普通のこと…

「JR信越線乗客430人立ち往生15時間閉じ込め」事件、この救いがたい公平主義。

ニュースで見ているときは、「いやあ、大変やなあ」と甘酒を飲みながらのんきに見ていたのだが、列車の中に閉じ込められた人にとっては散々な体験だったろう。 JR信越線で起こった立ち往生である。 なんと運転再開まで15時間ほどがかかった。15時間というと…

「日本は国際社会の仲間外れになる」またまた韓国人が言っとるなぁ、と思ったらICAN(アイキャン)のフィン事務局長だった。

私は、平和は苦手である。 いや、間違えた。平和を訴える人々は苦手である。 以前は、「下品な 愛国が 世にはばたる時 ファシズム 現る シックネーション」などと下品なラップを歌っていたSEALsという集団が苦手だったのだが、今は、ノーベル平和賞を受賞し…

百田尚樹さん「売国(朝日)新聞を支える読者も日本の敵」 読者の私「賛成! 異議なし!」

私は、朝日新聞の読者である。 世間の皆様とご先祖様に申し訳ない。私は、朝日新聞購読者という重い罪を、一生背負って生きていく覚悟である。 私の記事を読んでいる人はご存知だろうが、私は、朝日新聞が嫌いだ。毎朝毎夕、朝日新聞を読んで気が狂いそうに…

大丈夫か、ジャストシステム!? 農水省が「一太郎やめてWordを使うんじゃ」と決定。

今年も、「一太郎」の季節がやってきた。 バージョンアップのお知らせが届いたのである。毎年毎年、この時期になるとカタログが送られてくる。 一太郎と言っても、ほとんどの方は知らないだろうが、ジャストシステムという会社が出しているWindowsパソコン用…

トランプ大統領、正論の暴論。移民や難民で他国に迷惑をかける国が「クソツボの国」と言われても怒る資格はないな。ないない。

トランプ大統領がまた暴言を吐いたと米メディアで話題になっている。 ホワイトハウスで開かれた移民問題に関する議員との協議で、アフリカ諸国やハイチを名指しし、「どうしてクソツボのように汚い国の連中を来させ続けているのか」と述べたという。 これは…

「生後2ヶ月の子供を連れてきたんだぞ」の異常さ。(自称)ファン集団、清宮選手にサインをお強請り(おねだり)。

クレーマーやモンスターペアレントなど、世の中には異常な人々が存在する。自分が客の立場になると、とたんに偉くなったと勘違いする連中だ。店員に対しては偉そうにしないと損だとでも考えているのだろう。 そもそも三波春夫が悪い。 「お客様は神様です」…

「はれのひ」が涙雨になった日。晴れ着を着れなかった、あるいは着なかったあなたへ。

成人式とは、成人になった覚悟を迫る式であって、祝うためのものではない。従って晴れ着や羽織袴など言語道断。戦闘服で行かんかいっ、などと私は考えているのだが、そんな偏屈な人間は大人には少数なので、これから成人になる方々は心配しなくていい。 おそ…

「成人式」というよりも「二十七五三参り」か。そして、昔々、成人の日に私は。

まるで理解できないのが、成人の日である。 若い頃からそうで、当然、私は成人式には出席していない。確かその日は、筒井康隆の「脱走と追跡のサンバ」の172ページ、主人公が血相を変えて一路自我町六丁目にある井戸時計店へ向かっているあたりから読みはじ…