だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

彼女の呼吸は浅かった

f:id:b9q:20170506182627j:plain

昔は、みんなタバコを吸っていた。吸っていなかったのは私くらいである。職場でもみんな吸っているものだから、部署全体が煙まみれで、一番奥の部長席などかすんで顔が見えなかったほどだ。

一度、一人の女性が嫌煙権を主張して立ち上がった。病気になったんだそうだ。煙を吸うまいと、仕事中できるだけ呼吸を浅く、時には止めていたものだから、それが原因で呼吸器系の病気になったのだという。当時は、まだ受動喫煙などの被害もあまり知られてはおらず、そうした声を上げる人は珍しかった。私も無知だったせいで、自分が非喫煙者であったにも関わらず、その女性に対して「面倒くさいやつだな」と敬遠した記憶がある。結局問題は解決されずに、彼女は退社した。非常に申し訳なかった。

まあ、今でも私はさほど嫌煙派というわけではなく、特に知人の煙は気にならない。知らないオッサンの煙なら、「おれの前を歩きタバコするんじゃねえ」と多少は腹立たしいのだが、それでも後ろから後頭部をぶん殴るほどの怒りは感じない。生まれながら温厚な性格である。

ただ、やはりマナーの点では、喫煙者の一部に困った人がいるのは事実である。特に困るのは、煙は、すぐに消えてしまうから目立たないのだが、ポイ捨てされた吸い殻はよく目立つし、見た目に不細工だ。

例えば、私の家から駅までの約7分ほどの道のりである。

うれしいことに、ほとんどゴミは落ちていない。中国人や韓国人に対して、「見よ」と自慢したいくらい清潔な道である。だが、あなた。駅に近づくにつれ、落ちた吸い殻が目立ちだす。おそらく家でも肩身の狭い喫煙者が、出勤しようと家を出て、「さあ、これで気兼ねなく吸えるぞ」と吸い出すのだろう。そして、駅が近づくと、「喫煙タイム、終了」とタバコをポイ捨てするのである。

実は、駅近以外にもう一箇所、ポイ捨ての多い場所があって、それは古いアパートの前である。これは、駅に着いた乗客が、「やれやれ、今日もようやくご帰還だ」とタバコを吸い出し、アパートの近くまで吸っていて、自室に入る前にポイ捨てしたのだろう。

これが一戸建ての住人なら自宅前にポイ捨てはしないはずで、アパート住まいの住人には、そのあたりの道徳心が欠けているのだ。困ったものである。

道徳心がない人間がタバコを吸うのか、タバコを吸うから道徳心がなくなるのか。「ニワトリが先か、タマゴが先か」という問いがあるが、タバコのポイ捨ては、因果性のジレンマを語るための新しい設問となるかもしれない。

ま、私はどっちが先でもいいんだが。

 

広告を非表示にする