だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

アンソニー・ホロヴィッツ「モリアーティ」で一番かわいそうな人

f:id:b9q:20170703232553j:plain

今日は、アンソニーホロヴィッツの「モリアーティ」という本を読んだ。

モリアーティというのは、名探偵シャーロック・ホームズの宿敵として描かれた登場人物である。天才的な頭脳で事件を解決するホームズに対し、同様に天才的な犯罪者であり、明智小五郎怪人二十面相ルパン三世と銭形警部と言えばわかりやすいか。最近の例で言えば、安倍総理辻元清美といった関係である。

もともとはコナン・ドイル(1930年没)が書いたホームズなのだが、時代を超えて人気があり、新しい作者による新しい作品も出ている。私が前に読んだのは、93歳になったホームズを描いた「ミスター・ホームズ」である。これは、ミステリーと言うよりも文学だった。

今日読んだ「モリアーティ」は、当時のホームズを彷彿とさせる冒険活劇ミステリーとなっている。主人公は、アメリカのピンカートン社に務める捜査員で、もう一人の主役は、かつてホームズと捜査をともにしたことのあるスコットランド・ヤードのジョーンズ警部だ。

物語は、ライヘンバッハの滝でホームズとモリアーティが死んだ場面からはじまる。私には悪い癖があって、「死んだ」と書いてあれば、「実は生きている」と読んでしまい、「では、誰がその死んだはずの人間なのか」と考えてしまう。

結局、考えてしまった案の一つが正解であり、ちょっとガッカリした。一番驚かせるどんでん返しではあるのだが、それだけに思いつく可能性は高い。しかも、ちょっと後味の悪いどんでん返しなのだ。

スコットランド・ヤードのジョーンズ警部、ワトソンの書いた冒険譚の中で愚鈍な警察官として描かれ、その後、ホームズの捜査術を必死で学んでスキルアップしたものの、一番重要なポイントを見逃してしまい、気の毒な結末を迎える。ちょっとというか、かなりかわいそうである。

真面目で人のいいキャラクターであるだけに、この結末はつらい。

作者のアンソニーホロヴィッツという人。意地の悪い人なのではないか。