だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

都議会自民党と民進党の情けなさ

f:id:b9q:20170704070832j:plain

私には関係ないのだが、都議選は面白かった。

マスコミは安倍政治が~とか安倍一強が~とか言っているのだが、なんとしても安倍総理に結びつけたいようで見苦しい。負けたのは、都議会自民党である。そして、一強は、安倍総理の責任ではない。他が弱すぎての一強であり、責めるなら民進党を責めるべきである。

都議会自民党の敗因は何か?

おそらくアレだろう。東京都の外から見ていても、小池都知事との握手の撮影を拒否した川井という自民党都議会議長のイメージは悪かった。そして強烈だった。あれが敗因の一番大きな要素なのではないか。ドン内田と並んで、都議会自民党の象徴になってしまった。まんまとマスコミの策略にはまってしまったのである。

で、今回の都議選で川井氏は落選。都議会議長なのに落選。

撮影を拒否しただけで落選である。しかも、自民党の惨敗という結果まで招いてしまった。マスコミを前にしてあんな子供じみた態度をとるとどうなるか、川井氏は身をもって知らしめ、今は後悔の最中だろう。

川に落ちた犬に石を投げつけて殺してしまうのがマスコミだから、当然のことながら落選した川井氏を取材している。

「逆風というのもあったわけですが、私の件は私の至らない部分だと思う」と撮影の拒否が選挙結果に影響したことを認めたのだそうだ。どうやら年齢のことも考えて政界を引退するようだ。

撮影を拒否しただけで落選。撮影を拒否しただけで引退。かなり気の毒である。

川井氏は、おそらく今後、「ああ、あの小池さんとの撮影を拒否した人ね」と言われ続けるのだろう。気の毒ではあるが、そういう立場に立った上での言動の結果だ。マスコミ、というかマスゴミへの対応を間違ってしまった結果である。仕方がないね。

それにしても情けないのは民進党だ。これだけの追い風が吹いている中、議席数が減った。蓮舫さんは表舞台に出ず、代わって馬淵という選挙対策委員長が総括しているのだが、最初の言葉がこうである。

「安倍政権の『1強政治』に対する審判が東京都議会選挙で下された」

アホか。

1強政治は、安倍総理の責任ではないと言っているだろうが。民進党の責任だ。馬淵、お前の責任だ。そんなことにも気づかずこんなセリフが吐けるというのは、もう、民進党は安倍憎しが過ぎて気が触れたとしか思えない。

批判票の受け皿にすらなれないのでは、民進党は、解党するしか道はないと思う。政党として存在する意味がひとつもない。皆無だ。