だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

今井絵理子議員へ。「やった」と正直に言わんかい。

f:id:b9q:20170731205342j:plain

下品なタイトルであるが、私の気持ちを素直に出すとこうなったのである。

妻子のいる橋本健神戸市議とホテルに同宿しながら、「一線を越えていない」「略奪不倫ではない」と言っても、誰も信じないのだ。誰もが「やったに違いない」と思う。

私が記者なら、「何回やったんですかぁ」というところまで訊くだろう。さらに「どんな体位でやったんですかぁ」とまで訊くに違いない。「今の下着の色は何色ですかぁ」という点まで訊いてみたいのである。実は、ちょっとファンだった。

ちなみに私は、不倫は全然OKだ。

不倫など、誰にでも起こりうることである。私も少し前にパン屋のおばちゃんに誘われたのだが、残念ながらその日はチンコを取り外していたので断った。付けていれば、私も誘いに乗っただろう。

不倫は、仕方がない。

問題は、バレた後の対応なのだ。特に元芸能人の政治家であれば、どのように対応するかは大きな問題となる。きっちりとシナリオを作り、できるだけ傷口を広げない展開にしなくてはならない。

ベッキーを見よ。

対応を間違ったために、大バッシングだ。すぐそばに他山の石がありながら、今井絵理子議員は、対応を誤った。二人に共通する印象は、「不倫してごめんなさい」ではなく「不倫が発覚して騒ぎになってごめんなさい」と言っているようにしか聞こえないことである。

相手の男に妻子があるのなら、その家族にひたすら謝る。記者会見をする前に、なんとか直接会って謝れないかと模索する。もちろん相手は拒否するだろうが、そうした姿勢が必要なのだ。

ベッキーの場合もそうだが、男が「妻とは別居中」「今、離婚協議中だ」などと言う見え透いた手口に、なぜ簡単に従ってしまうのか。「じゃあ、離婚してから付き合いましょうね」となぜ言えないのか。愛は盲目と言えば聞こえはいいが、単なる性欲のなせる愚行である。

まったく理解に苦しむのだ。

で、今井絵理子議員。今日のパンツは何色かね?

 

b9q.hatenablog.com