だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

この夏、一番情けない男。歩きスマホの30代女性に入れ墨を見せる。

f:id:b9q:20170807152150j:plain

スマートフォンで音楽を聞きながら歩いている女性は、今時、いくらでもいる。

耳からの情報を遮断しているわけで、愚かな行為であることは間違いない。危機管理能力が欠如している。イノシシがブヒブヒ叫びながら突進してきても気が付かないわけで、そんな愚か者は、ポーンと20メートルほど跳ね飛ばされればいいのだ。

だが、スマートフォンで音楽を聞いているからと、いちいち腹を立てていたのではキリがない。

東京都の55歳(無職)の男が自転車に乗っていたところ、女性とぶつかりそうになりトラブルになった。男は女性と口論になり、胸の入れ墨を見せて「自分は組の者だ」と脅したという。

そもそも、自転車に乗っていたのなら、基本的には自転車が気を配るべきだ。ぶつかりそうになったのは、自転車に乗った男の方に責任がある。それを「歩きスマホをしていて危ないと思って注意したのに謝らず、言い争いになった」とは、随分と身勝手な言い分だ。

しかも、あなた。けしからんことに、この男、女性の尻を蹴っている。女性の尻は、蹴るものではない。さわるものである。何を考えているのかと言いたい。

まったくもって非常に情けない男だ。

こんなつまらん事件でフルネームが全国紙に載ってしまったのだ。無職で、いらんお節介をして、入れ墨を見せて、おまけに女性の尻を蹴ったことを世間様に知られてしまった。

せめて、尻はさわらんかい、と思う。