だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ホームでイランと引き分けた韓国代表、さっそく人のせいにする。

f:id:b9q:20170901140611j:plain

反日教育は、洗脳である。

何があっても「日本人が悪い」と教え込む。小さな子どもたちに「日本人を殺す絵を描きなさい」と命じ、「よく描けました」と褒める。完全な児童虐待であり、言うまでもなく成長に有害である。何かあれば人のせいにする人格に育つ可能性が高い。

さて、ワールドカップ予選で、本戦出場をかけたグループ2位の韓国が、イランと引き分けた。後半早々、イランに退場者が出て数的有利に立ったものの、結局、枠内へのシュートがゼロというひどい状況のまま試合終了となった。

終戦で勝てば予選通過。もし負ければプレーオフに回るどころか、そのまま予選敗退の可能性も出てくるのである。

代表たちのコメントがひどい。

「芝生せいで韓国らしいサッカーができなかった」

「歓声のせいで、意思疎通ができなかった」

「こんな芝生でうまくやれるわけがない」

これが反日教育の成果である。

人のせいにする。反省をしない。だから、成長もしない。成長(実力以上の力を発揮)するのは、日本に対するときだけである。反日教育は、他国には通用しないのだ。だから、中国とアメリカの間で行ったり来たりしている。

かつての韓国サッカーが強かったのも、「日本に勝つ」あるいは「我々は日本よりも強い」というモチベーションがあったからである。なければ、成長などありえないのだ。もし、ワールドカップ出場を逃したら、韓国サッカーは壊滅するのではないか。

韓国が変わるには、どうすればいいのか?

いまさら反日教育をやめるのは無理だろう。

だったら、反万国教育をやればいいのではないか。反日、反米、反中。彼らは、敵を想定することで一致団結し、成長しようとする意欲が生まれるのだ。

一層のこと、北朝鮮に吸収されるのが一番いいのかもしれない。彼らは、すでに全方位を敵に回している国だ。しかも、そう見せかけて、意外と多くの国と関係を結んでいるらしい。北朝鮮に吸収されれば、相乗効果でものすごい発展を遂げるかもしれない。

冗談で書いていたのだが、意外といい考えに思えてきた。

金正恩さん、どうだろうか?

 

 

b9q.hatenablog.com