だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

業界の常識を覆した? どこが? コーヒーが缶からポットボトルに「サントリークラフトボス」

f:id:b9q:20170910163426j:plain

私は、缶コーヒーは「BOSSレインボーマウンテン」と決めている。

決めていないと、自動販売機を前にして3分くらい迷うからだ。3分あれば、カップヌードルも作れるのである。一日3分、10日で30分、一ヶ月で90分。仮に100年生きるとしたら、1800時間も自動販売機の前で迷っていることになる。何をしているのかっ、と私は自分を叱りつけたい。

さて、あなた。コーヒーが「脱・缶」なのだそうですよ。BOSSのレインボーマウンテンしか見ていなかった私は、そんなことちっとも知らなかった。

サントリーのペットボトル入りコーヒー「クラフトボス ブラック」が大ヒットして、新たな市場として注目されているらしいのだ。

もちろん私は、「BOSSレインボーマウンテン」専用人間だから、「クラフトボス ブラック」など飲んだことはない。そもそも、ブラックコーヒーは飲まない。甘いからコーヒーであると確信している。

サントリーの役員さんは、こう言っている。

「今までの缶コーヒーの業界の常識が覆された」

常識が覆されたほどの商品であれば、当然、「え~っ、なんだって!? コーヒーが缶じゃなくて、ペットボトル入り!? そ、そんな馬鹿なっ」などと驚かなければならない。さあ、あなたも一緒に驚きたまえ。

うーん、わからん。さっぱりわからん。

どでかいペットボトル入りの焼酎やウイスキーを見た時はちょっと驚いたが、ペットボトル入りのコーヒーなんて、これまでにもあっただろう。あったはずである。知らないけど。

単に缶コーヒーだったBOSSが、ペットボトルになった、というだけの話ではないのか? それが業界の常識を覆したのか? いったい何を言っているのだ。それとも大ヒットしたことを言っているのか? まったく意味がわからないのである。

私の常識がずれているのか、それとも記事の情報が足りないのか。なんとなくだが、役員さんの発言がゴソッと削除されているような気もする。

まあ、いい。

わからなくても、生きていくのには支障はない。

とは言え、私もこれまでBOSSを飲み続けてきた男である。可及的速やかに「クラフトボス レインボーマウンテン」を発売していただきたい。私は、BOSSレインボーマウンテンしか飲まない男なのだ。

ペットボトルしか置いてない自販機の前で、「ないっ。レインボーマウンテンがないっ」などと呆然として、「私は、何を飲めばいいのだ~っ」などと絶叫するのは御免こうむりたいのである。