だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「頭の悪い知事」米山隆一さん、早い話が「中国人は黙ってろ」と言ってしまう。

f:id:b9q:20170911141646j:plain

以前、橋下徹さんから「頭の悪い知事」と言われた新潟県米山隆一さんだが、やっぱり頭が悪かった。

評論家の石平さんがTwitterに投稿した、東京新聞の望月衣塑子記者への批判に対して、新潟県米山隆一知事が「吐き気を催すほど醜悪」などと批判したのである。

まず、これが石平さんのツイートだ。

「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

そして、それに対する米山知事のツイート。

「適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う」

ああ、これはいけません。

自分の言葉にちょっと酔ってる。自分の思いついた理屈しか見えなくなってる。

石平さんのツイートからは怒りを感じるが、米山知事のツイートからは「オレ、論理的で詩的でカッケー」という自惚れが見える。米山知事、顔は不細工なくせに、かなりのナルシストなのだ。私も同様のタイプだから、よくわかる。

もしかすると橋下さんがTwitterを駆使していたのを真似ているのかもしれないが、あれは橋下さんの頭の良さがあるから可能だったのだ。米山知事では無理である。

ちなみに米山知事のツイートに対して、石平さんはこう返している。

「彼(米山知事)は意図的に、人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と、民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは、公人としては不見識であり、卑劣でさえある」

その通りだ。

なお米山知事のツイートは、頭の悪い人特有のわかりづらさがある。文字数制限があるTwitterなのに無駄な言葉も多い。

「適不適の判断はさておき(さておくなら、この言葉は不要)」とか「いずれにせよ(これも不要)」などの無駄な言葉のほか、大げさすぎる「直接対峙(単なる記者会見の場の質問であり対峙というほどのものではない)」とか「闘う望月記者の歌(ポエマー、恥ずかしい)」なども頭が悪さがにじみ出ている言葉だ。

だから、どうにも意味が伝わりにくい。言っていることはわかるのだが、本音が見えないのだ。

こんな場合には、頭に「早い話が」とつけて要約すればいい。コピーライター仲畑貴志さんのノウハウである。皆さんも、試してみるといい。

米山知事が言っているのは、早い話が「自分の国から逃げてきた中国人は黙ってろ。日本の戦う記者の行動に、いちいち口を出すな」と言っているのである。「お前は、中国政府の批判だけしてればいいのだ」と言っているのである。

米山知事のツイートは、「言論弾圧だ」「石平氏に謝れ」「何の関係もない記者が批判されて、なぜ、ここまで逆上する。不倫してるのか?」「いや、これから接近して不倫するつもりなんだ」「このゲスが」「ポンポコピー」などとコメントが荒れているのである。

まあ、米山知事もそんなに心配することはない。

あなたの頭では、橋下さんのようなTwitter使いになるのは無理だが、新潟県知事くらいなら十分にやっていける。よかったね。

 

b9q.hatenablog.com