だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

もう、終わりかもしれんね。東京新聞の負の広告塔「勘違い記者」望月衣塑子さん

f:id:b9q:20170910113502j:plain

民進党は、民主党の頃から大嫌いだが、なくなると困る。

ああいう馬鹿者集団に対し、「アホやなあ」と笑うことが精神衛生上どれほど役立っているか。嘘つき蓮舫、すっから管、ルーピー鳩山、クイズ王小西、そしてパコリーヌ山尾志桜里。私の精神衛生のために、みんな、すごく役立ってくれた。

そんな民進党がなくなれば、これは一大事である。胸にポッカリと空いた穴であり、その穴を埋めてくれるのは、あとは吉本新喜劇しかなくなるのだ。

いや、まだ東京新聞の望月衣塑子記者がいる。彼女なら、一人で十人分の働きはしてくれるはずだ。などと思っていたら、あなた。ちょっと雲行きが怪しい。

やはり、東京新聞に注意喚起した文書を産経新聞が記事にした際、「官邸からリークされた~。けしからん!」と官房長官会見で発言してしまったのがまずかったらしい。

実は、その文書は、東京新聞官邸キャップの了承の上で常駐各社に配布されたものだった。それを知らずに「リークだリークだ」と騒いだ望月衣塑子記者は、面目丸つぶれである。普通の人が一生の間に一度あるかないかの恥をかいてしまった。いやあ、恥ずかしい。

しかも、情報確認をしていなかったという、これは記者として(というか企業人として)あるまじき醜態である。まあ、この人、馬鹿な議員の馬鹿な発言やら週刊誌の記事を元にして質問していた人で、そのへんの職業倫理に欠けている人だから平気なのかもしれないが。

どちらにしても、あのリーク事件でちょっと回りの受け取り方が変わったような気がする。東京新聞内でも「望月記者は社会部で、われわれ(政治部)とは別の組織。一緒にしないでくれ」などと言われているらしい。

うーむ、これはいかんな。

これまで馬鹿な質問が多いが、それでも「闘う記者」「アベ政治を追求する東京新聞」というイメージ作りには役立ってきたのだ。それが単なる「勘違い記者」となってしまっては、東京新聞にとっては負の広告塔である。「あいつ、いらなくね?」となってしまうのてはないか。

頑張れ、望月衣塑子記者。負けるな、望月衣塑子記者。

君が官房長官会見の場から消えてしまうと、それは、紅しょうがのない吉野家の牛丼である。物足りないにも程がある。

その恥ずかしさに耐え抜いて、もう一度、立ち上がるのだ。君のかいた恥など、パコリーヌ山尾志桜里さんに比べれば小さなものだ。これから一生パコリーヌと呼ばれ続けることに比べたら、君の勘違いなど、小さい小さい。わはははは

 

b9q.hatenablog.com