だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ノーベル平和賞のICAN、調子に乗ってさっそく日本を非難する。

f:id:b9q:20171010125952j:plain

日本死ね」のユーキャンなら知っていたが、アイキャンは知らなかった。

知らない団体がノーベル平和賞を受賞しても、なんとなくスッキリしない。肛門内にまだウンコが残っているのに出てこない。そんな気分になるのである。まあ、ノーベル平和賞はいつもそうなのだが。

日本共産党志位和夫さんがさっそく「ICAN(アイキャン)のノーベル平和賞受賞を歓迎します」などと打ち上げていて、余計に胡散臭さが大きくなった。しかも、「私は今年3月、ICANのベアトリス・フィン事務局長らと懇談し」などと自慢している。なんとなくスッキリしないどころではなく、明らかに今そこにあるはずの巨大なウンコが出てこない気分である。

もちろん核兵器はない方がいい。

ない方がいいのだが、そういう運動をやっている団体に対しては、自分のどこかに嫌悪する気持ちがある。これは、不幸なことだ。おそらく民進党や共産党、SEALsなどの日本のサヨク系の人たちの活動、さらにはピースボートグリーンピースなどのエコ・テロリストのイメージがそうさせるのだろう。

平和を訴える連中には気をつけろ、と私の内の何かが語りかけるのである。

平和を訴えながら自分たちと異なる意見を持つ人達を汚い言葉で非難し、中指をおっ立て、時には暴力も振るう。それがリベラルと呼ばれる人の実態である。昔から内ゲバ、リンチは日常茶飯事。平和を愛するあまり、暴力的になってしまった気の毒な人たちだ。

アイキャンという組織が、そうでないことを祈るばかりである。

さて、アイキャンにとっては、ノーベル平和賞は大きな追い風だ。これ以上はない風である。だが、人間にしても企業にしても、調子に乗ったときが一番危ない。それは、こういうNGO団体にも同じことが言えるだろう。

さっそく、日本政府が条約に署名・批准しない場合、「70年以上にわたって休むことなく核廃絶に取り組んできた被爆者への裏切りになる」と批判してきた。本当に批判すべきは、北朝鮮やアメリカ、ロシア、中国なのだが、「とりあえずスタンドプレーしとこか」と日本を選んだのだろう。卑怯な連中である。

そもそも日本は、アメリカの核兵器に守られている一面がある以上、簡単に「はいはい。核兵器廃絶賛成。核兵器禁止条約に参加しま~す」とは言えない。先程も書いたように核兵器はないほうがいいに決まっているが、言えない事情は理解できる。

だが、核兵器がなくなったとき、世界情勢がどうなるかは誰にも分からない。

例えば、日本が核の傘下から出るとしよう。それは、アメリカの軍事力には頼らないということだ。日米安保の破棄である。するとどうなるか? 中国の漁船が難破して尖閣諸島に辿り着き、それを救うために中国の艦船がやってくるのである。あっと言う間に実効支配だ。ほぼ確実にそうなる。

そうなった時、「まあ、核の傘下におるよりええやんか」とアイキャンは言うのだろうか。尖閣諸島の次は、対馬である。沖縄である。

原子力発電所についても同じことが言える。事故の危険性を考えれば、当然、原子力発電所などない方がいい。そうに決まっている。だが、なくしたあと、日本はどうなるのか? 日本の経済はどうなるのか? 経済が落ち込んで貧乏国になって、インフラはズタボロになり、犯罪が横行し、飢えに苦しむ人が出ても、「まあ、原発があるよりはええんとちゃうの」と言えるのか。言う覚悟はあるのか。

大切なのは、その後のビジョンである。

アイキャンには、核兵器がなくなったあとの世界のビジョンを見せていただきたい。世界のパワーバランスはどうなるのか? それによって紛争はどう変化するのか? また、核兵器と同様、通常兵器による戦争も悲惨で、今この時にも、その犠牲者が出続けている。通常兵器に対する取り組みは、どうしていくのか?

そのビジョンも見せず、日本がやばくなってもその責任を取ることもせず、無責任に理想を語り、自分たちと相容れない人たちを非難する。それがアイキャンなのだ。報道による知識しかないのだが、今のところ、私にはそう見える。

ちなみに上で使ったアイキャンの写真とキャッチフレーズであるが、これは私は気に入らない。

「路上の子どもたちは、アイキャンだけにみせる表情がある」

このフレーズからは、「私たちは、いいことをやっている。正義は我にあり」という思い上がりが感じられる。しかも、てにをはがまともではない。「アイキャンだけに」というのは驕りであり、そうした思い上がりは、やがて独善につながる。

せめて、「路上の子どもたちが、アイキャンに見せてくれる表情がある」くらいにしておけよ、と思う。もしくは、シンプルに「路上の子どもたちに、もっと笑顔を」とか。

ノーベル平和賞を受賞しても、これまでと同様の活動を淡々と続ける。それができれば大したものだが……。それができる人や団体は、極めて少ない。1991年にノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スー・チーさんだって、今、ロヒンギャ難民の迫害で世界的に非難されている。

思い上がりは、ある意味、核兵器よりも怖いのだよ。

 

※追記 やっぱりフィン事務局長思い上がっているようで、「私たちは歴史の正しい側にいる」などと平気で語っている。「正義は我にあり」という権力者的な視点だ。さらに、安倍総理と会えなかったことに対して「失望した」とも発言した。「あなたには失望した」という言葉は、言うまでもなく上から目線であり、「会えなくて残念だった」と言うのが常識的な言葉の選び方である。もちろん、メディアが「『残念』やとちょっとインパクト弱いな。よーし、ここは『失望』と訳したろ」と印象操作をした可能性もあるが。

また、フィン事務局長が安倍総理が東欧歴訪する予定であるのを知っていて、あえて面会を申し込んだという話も出ている。つまり、面会の申し出は、「安倍総理が断りやがった」という既成事実を作るのが目的だったと考えられるのである。世界で唯一の被爆国日本を利用する気満々なのだ。