だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

見ていてツラい人、例えば報道ステーションの富川悠太アナ。

f:id:b9q:20171012140855p:plain

報道ステーションは、すっかり見なくなった。

キャスターをやっている富川悠太さんが、ちょっと見ていてツラいからだ。

顔は、私の200倍くらいイケメンだ。いや、200倍ではきかないな。「私と富川さん、どちらを選ぶ?」というアンケートを取れば、1万人の女性が1万人とも「富川さんを選ぶ!」と全員一致で叫ぶに決まっているのだ。従って私の1万倍イケメンと言っても過言ではない。情けない限りである。

身長は、おそらく私のほうが数ミリ高い。へへへ。だが、年を取ると縮みだすから油断は禁物だ。牛乳をもっと飲もうと思う。

で、問題は頭の出来だ。

私が感じるツラさは、彼の発言やゲストとのやり取りを見ていて感じるものである。鋭さや的確さに欠け、「ああ、うまいこと言うな」とか「おっ、相手を見事に論破したじゃないか」という状況がほとんどない。

ちょっとピントがずれていたり、相手が「あ、俺の方が一枚も二枚もウワテだな」と確信している様がはっきり見えたりする。コミュニケーションは、非情なのだ。そして、テレビは、その非情さをダイレクトに伝えるメディアである。

もちろん馬鹿ではないと思う。私よりも頭はいいだろう。

だが、特段に秀でている訳でもない。ディベートを学んだこともなさそうだし、性格的に議論好きにも見えない。人当たりがよく、親切で気配りができ、敵を作らない。

そんな人が報道ステーションのキャスターをやるのはちょっと無謀だったのではないか。「北朝鮮って共産主義でしょ」と自信なさげに言った彼を見て、私は彼がかわいそうになったのだ。

プロと言うものは、本来スゴイものである。

前キャスターの古舘伊知郎など、私が想像もしていなかった返しや分析や知識が飛び出したりして、「さすがはプロだ」と感心ばかりしていた。さらに話術もスゴイ。「自分ならこう言うだろうな」と考える余地を与えないのが、プロというものなのだ。

富川悠太アナには、残念ながらそれがない。

彼も、おそらく自分に足りない部分というのを自覚しているだろう。彼が苦悩していることが想像できるだけに、見ていてツラいのである。せめて彼に、関口宏のような性格の悪さがあれば、乗り切れるかもしれないのだが。

顔もいいし声もいい。万人に反感が持たれない爽やかな印象。企画性の薄い淡々とした報道番組か、もしくはもっとパラエティに振った番組の方が向いているのではないか。

不細工はツラいが、イケメンもツラいね、とつくづく思う。