だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

小池百合子さんがハメられた「排除」バッシング

f:id:b9q:20171018080610j:plain

言葉一つに右往左往する人々がいる。

最近では、小池都知事が言った「排除」。

その程度の言葉で、支持する政党から離れてしまうような人は、そもそも支持していた人とは言えず、まあ、本質よりもイメージで生きている人なのだろう。私なら、排除どころか、削除、除去、抹殺であっても全然平気。そもそも言葉など信じていない。

そもそも政策が異なる人を排除しなくてどうする!? 安保や憲法という大きな部分で、正反対の人たちが同じ党にいるなど考えられないではないか。排除されて当たり前である。

もちろん、自分が「お前、排除な」と言われれば腹が立つ。「私を排除するだと!? 絶対に許さん」と頭から湯気を吹き出すに違いない。人間とは、極めて自己中心的な生き物なのである。

と考えると、あの「排除」バッシングは、言われた人たち、つまり民進党の人たちが言いはじめたアンチキャンペーンだったのではないか。マスメディアは当然サヨクの味方だから、「よーし、保守の小池をぶっ壊せ」と一致団結したのだろう。

これは、以前あった「自民党にお灸をすえよう」「一度民主党にやらせてみよう」という展開とまったく同じだ。景気が落ち込んでも平気な金持ちのマスコミやコメンテーターが言い出したのだが、普通の庶民までがその言葉に乗っかってしまい、民主党が政権奪取した。

その後、民主党政権のせいで、我々は大変な目にあったのである。

今回は、幸い「立憲民主党」が政権奪取することなく自民党が圧勝したのだが、私は、一瞬、あの悪夢が蘇るかと恐怖した。それほど「立憲民主党」に対するマスメディアの推しは強かったのである。

今も、希望の党に入れないから党を立ち上げただけの枝野代表が「男をあげた」などとえらく評価されている。まったく何を優子さんだ。マスメディアのイメージ操作はいい加減にしろと言いたい。あれは、ただの情けないオッサンにすぎない。いずれボロが出るだろう。

マスメディアの力は、ずいぶんと衰えてきように見える。だが、まだまだ油断はできない。テレビを見るときには、ちょっと汚いが、眉にツバを付けまくるのを忘れてはならない。