だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

だったら「忖度禁止法案」でも出せばいいのだ、野党の皆さん。

f:id:b9q:20170713163049j:plain

頭がいいはずの人なのに、何かに凝り固まったせいでバカになることがある。蓮舫さんを始めとするサヨクの人たちは、概ねそうだ。一種の病気である。

今、蓮舫さんや前原さんは「忖度」に凝り固まっている。もう、「忖度」以外は考えられなくなってしまっている。それ以外に安倍総理を攻める事案がないというのも大きな原因だろう。

本来なら蓮舫さんの「二重国籍」問題だって、前原さんの「後ろから前原」問題だって、徹底的に攻められるべきなのだ。多くの国民は、納得していない。だが、与党はやらなかった。やっても時間の無駄だからだ。蓮舫さんや前原さんが嘘つきで卑怯でポンポコピーであることが知れ渡ったことで、もう、目的は達した。それが民進党の崩壊につながった。

辻元清美さんも忖度に凝り固まっている。彼女は言っている。

「特別国会では『森友・加計問題』も憲法もしっかりと論戦を挑みたいし、これからが本番だ」

モリカケ問題は、確かに忖度の問題だ。だが、それは安倍総理が「よーし、おれの友達のために官僚に圧力かけて、加計学園を認可させよう。おーい、官僚を呼べ」と言ったならば、これは総理の問題である。だが、そんな証言は出ていないのだ。

問題があるとすれば、官僚側にある。

そもそも野党の議員だって、議員であることで忖度を受けているはずである。また、忖度を受ける立場であることを認識しているはずである。そういう意識に根ざしたパワハラまがいの言動だって、日常茶飯事ではないか。タクシードライバーや女性官僚に暴言を吐いた後藤祐一議員など、つい最近の事件である。

忖度があったことを問題視するなら、まず証言や証拠を提示しろ。

できないのなら議題に上げるのをやめろ。時間の無駄だ。

極論を言えば、仮に安倍総理が強圧的な態度で「忖度させた」としても、それが何の罪になるのか。もし、どうしても犯罪にしたいのなら、「忖度禁止法案」でも作って出せばいいのだ。まあ、ブーメランが刺さるのが落ちだろうが。

「忖度」とは、相手の気持をおしはかって行動することなのだが、日本人には馴染みの深い行動である。「皆まで言うな。お主の気持ちはわかっておる」というのは、日本人の特性であり、美徳でもあった。

反日の人たちには、なかなか理解できない意識だろうが、少しは察しろよと、少々苛立たしいのである。