だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

Firefox Quantum vs Chrome。いや、性能の差はわからないが、助平視点で判断するとFirefoxの勝ち。

f:id:b9q:20171121123527p:plain


どのブラウザを使うかは、非常に重要な問題である。

例えば、助平なサイトを見る場合は、やはり履歴を残すべきではない。だから助平な人は、シークレットモードが使いやすいブラウザがいい。

Chromeの場合は、シークレットモードへの移行は「control+shift+N」である。この「N」を私はすぐに忘れるのだ。シークレットモードなんだから「S」でいいではないか。なぜ、「N」なのか? たぶんキー設定は変えられるのだろうが、こういう不合理を私は許せないのだ。

で、最近、Firefoxの新しいバージョンが出た。Firefox Quantum(57.0)である。

さっそく私はインストールし、シークレットモードを試してみた。Firefoxの場合は、シークレットモードではなく、プライベートモードと呼んでいる。そして、キーの設定は「control+shift+P」である。これは、わかりやすい。プライベートというのは覚えにくいので、助平関係の人は「ペニスのP」と覚えておけばいい。

しかも、ちゃんとプライベートモードのアイコンをツールバーに設定できる。黒メガネと言うか、SM嬢が付けている仮面みたいなデザインで、「よーし、これから思いっきり卑猥なサイトを見てやるぞ!」という意気込みを後押ししてくれるのである。

まあ、これもChromeにもあるのだろうが、しばらくいじってわからなかったので設定していなかった。情弱の私が、割りと簡単に設定できたことを見ても、Firefoxは使いやすいブラウザであると言うことができるだろう。

性能に関しては、私はベンチマークだ何だと細かいことは言わない。体感的には、今のところChromeと同等かそれより若干上のような気がする。テキパキしていていい感じだ。

そして、何よりテーマがいい。と言うか、気に入ったテーマが見つかった。

上の画像を見ていただきたい。

今私が使っているFirefox Quantumのテーマ画像である。Firefoxのカテゴリーにあったテーマなのだが、落ち着いた色調でシックな雰囲気だ。ツールバーの部分は半透明になっていて、上の部分と一体感があってオシャレだ。

Chromeの場合は、ツールバーの部分が別個になっており、あまりテーマを変える意味がないような気がしていた。まあ、これも設定を変えられるのかもしれないが、最初から半透明になっているFirefoxの勝ちである。

半透明のテーマというのは、スケスケのスカートにも通じるわけで、こうした細部へのこだわりがあってこそ助平の神が宿るのだ。手を抜かないFirefoxの開発者に敬意を評したい。

という訳で、助平かつオシャレな方には、Firefox Quantumがおすすめだ。存分にプライベートモードを使いこなし、助平なサイトを見まくっていただきたい。