だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

訳がわからない韓国のツートラック戦略。やっぱりアホなのか。

f:id:b9q:20170509145645j:plain

あれはあれ、これはこれ。という考え方は理解できる。本来のツートラックという意味は違うらしいのだが、とりあえずそういうことにしておく。

だが、韓国の言うツートラック戦略は、「慰安婦慰安婦、経済は経済」という意味ではない。「慰安婦については日本をなじり続けますが、経済面では助けてくださいよ」という意味である。厚顔無恥だが、おそらくそう言われるとキョトンとした顔をするはずだ。自分たちは、それが許される立場だと信じ込んでいるのだ。

普通の考え方なら、「慰安婦像を撤去しますので、日韓スワップお願いします」となる。そうなって初めて日本も「まあ、日韓スワップは日本に何のメリットもないけど、韓国もお困りのようだし、協定を結びますか」と言えるのである。

韓国人は、ギブ&テイクすら理解できないということだ。日本にタカリ続けた結果、そういう異常な思考が生まれたのだろう。

いつも「お前の母ちゃんデベソ」と悪口を言ってくるやつが、「悪口は悪口だろ。おれにジュースをおごってくれるのは、それとは別じゃん」と平気な顔をタカってきたらどう思うか。

「あかん、こいつキチガイや」と誰でも思うのである。

そもそも「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法(いわゆる親日罪)」がある時点で、キチガイ国家認定である。北朝鮮と同じなのだ。金正恩の代わりに愚民が集団で独裁している情治国家なのである。

日本政府は、こういう異常性をどんどん海外に流していくべきではないか。

「日本の統治時代はよかった」と言った老人が若者に殺される国。慰安婦の存在に異を唱えただけで財産を没収される国。親日的な本を書いただけで逮捕される国。

精神が反日に支配されているのである。子供の頃から「日本人を虐殺する絵を描きましょう」と育てられ、描けば「よく描けました」と褒められ、そりゃあ、まともな精神が宿るわけがない。

慰安婦の強制連行はなかった」「慰安婦は実際は給金をもらっていた売春婦だった」という事実すら声高に主張できない日本政府だから、韓国に対する反撃などとうてい無理かもしれない。いや、中国の慰安婦戦略と世界に巣食うリベラル勢力のせいで、強く出られないのは理解できないこともない。

以前、橋下徹氏が「当時は慰安婦は必要だった」と言った時の、あの正義の味方面した連中の騒ぎようは異常だった。そして、まるで擁護しようとしない日本政府は情けなかった。

だが、中国を見たまえ。チベットを侵略し多くの人々を殺しているのだが、世界からの非難を屁ともせず、相変わらず強気ではないか。景気のいい中国だけではない。ロシアだってそうである。経済はボロボロのくせに、「戦争を起こした? それがどうした。ドーピングだってやってやる」と開き直っているではないか。

少しくらいは中国やロシアを見習ってもいいと思う。

慰安婦? ああ元売春婦の嘘つき婆さんね」と安倍首相が言う日を、私は心待ちにしている。まあ、この日本に辻元清美さんがいる限り、無理だろうけど。