だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「日本は国際社会の仲間外れになる」またまた韓国人が言っとるなぁ、と思ったらICAN(アイキャン)のフィン事務局長だった。

f:id:b9q:20180117131006j:plain

私は、平和は苦手である。

いや、間違えた。平和を訴える人々は苦手である。

以前は、「下品な 愛国が 世にはばたる時 ファシズム 現る シックネーション」などと下品なラップを歌っていたSEALsという集団が苦手だったのだが、今は、ノーベル平和賞を受賞したICAN(アイキャン)が苦手だ。

本来は、誰もが求めるべき目標である「平和」を、政治的な道具(アベヤメロ!)に貶めたのは、平和を訴えながら、自分の意に沿わない人々に中指をおっ立てたサヨクである。平和を訴える人々に疑いの目を向けてしまうのは、これは不幸なことだ。香山リカさんの罪は重い。

で、SEALsが消滅し少しは静かになったと思ったら、今度は、アイキャンの登場である。これは、強敵だ。なにしろノーベル平和賞を受賞しているのだ。国連人権委員会よりも強敵である。

さて、そのアイキャンのフィン事務局長がまたまた調子に乗って好き放題を言っている。

核兵器禁止条約に日本が参加していないことについて危機感を感じる。政党の代表者たちに、日本は国際社会の仲間外れになる危険があると伝えることができてよかった」と核兵器禁止条約の批准を日本政府に訴えたのだ。

これは、韓国がよく言うセリフで、ニュースで知った瞬間「いやいやいや、フィン事務局長、お前韓国人かよ」と思わず突っ込んでしまった。韓国の言う国際社会とは、中国と韓国の二国なのだが、フィン事務局長の言う国際社会はどの国なのだろう。

さらには、「条約に署名したからといって、同盟国との関係が崩れることはない」と言っているのだが、なぜ、そんなことが言えるのだ? もしトランプ大統領が「フンガーフンガー」と怒り出して安倍首相をぶん殴ったら、どう責任を取ってくれるのだ? 責任も取れないくせに無責任なことを言うもんじゃない、と叱ってやりたい。

広島市で開かれた若者との対話集会では、こんなことも言っている。この言葉がとんでもなくひどいのだ。

「条約に署名しないのは、広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」

思わず、このクソ女(以下800万文字削除)と怒り心頭に発したのである。日本政府がそんなことを思うわけがないのは明白で、これは、名誉毀損にあたるのではないか? 政府もしっかりと抗議していただきたい。

平和を訴える人々は苦手だ、などとあやふやな表現はやめよう。

私は、平和を訴える人々が嫌いである。アイキャンは嫌いだし、フィン事務局長も嫌いだ。彼らの存在は、危険だ。彼らは、平和のためなら平気で人を貶める連中である。そんな連中に、平和など語ってもらいたくはない。

ちなみに「日本死ね」のユーキャンも嫌いだ。アイキャンにユーキャン。ややこしい名前つけやがって、といつもの3倍怒っております。