だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

助平サイトを見過ぎたせいかFirefoxが遅くなってきた。そんなわけでOperaに移行する。

f:id:b9q:20180220201659p:plain

Operaのスタート画面。動画のテーマもあって、カーテンがゆらゆら揺れております。

パソコンのアプリでよく使うのは、やはりブラウザだろう。私も助平なサイトを見るために、一日一時間は欠かさず使っている。おそらく少ない方だろう。正直に言いたまえ。君などは、毎日五時間は見ているはずだ。

ところが、最近、Firefoxの動きがおかしくなってきた。やたらメモリを食うようになったのである。つまり動きが遅くなってきた。

ほお、これはとんでもなく助平な映像に違いないぞとワクワクしながらクリックしてもなかなかはじまらないのだ。この下半身の高まりをどうしてくれるのだ、などと怒っても、さっぱり動画ははじまらない。もう、萎え萎えである。

そこで気分転換も兼ねて新しいブラウザを探すことにした。本来ならメモリを食う原因を探すところなのだが、なんとなくFirefoxに飽きてきた感もある。

まあ、Windowsで使えるブラウザは有名どころではchromeFirefox、後はEdgeくらいしかない。Lunascapeやkinzaという新参のブラウザもあるが、特にシェアが高まると言うこともなく、私もインストールはしたものの「これだっ」という気にはならなかった。

さて、今回選んだのは、Operaである。

Operaというブラウザは結構昔からあった。「軽い」と一部の人に人気だったのだが、私は当時あまり助平なサイトは見なかったのでインストールすることはなかった。だが、このブラウザ、シェアは低いもののずっと愛用者がいる息の長いブラウザである。

私は期待した。きっと助平な動画を見るのに適しているのだろう。重い動画もスイスイ再生するに違いない。だから、存在し続けているのだ。

見た目は、左側にツールバーがあるのが特徴的で、それ以外はシンプルである。広告をカットする機能はデフォルトで付いている。

ちょっと便利だなと思ったのは、記事中の文字を選択するとすぐそばに「検索・コピー」のアイコンが出ることだ。右クリックの手間がいらない。Firefoxchromeにもあるんだろうが、デフォルトで使えるのが情弱にはありがたい。

拡張機能を使えば、Googleの翻訳も同様の方法で使えて、なお便利である。こういう細部への心配りがあるアプリは、使っていて気持ちがいいのだ。

ちょっと使った感じでは、面白味はないが良質のブラウザに思えた。

いよいよ助平なサイトである。

万一に備えて、プライベート画面を開く。これなら履歴は残らない。助平な人のために解説しておくと、プライベート画面は左端にあるOperaのロゴをクリックすると、上から三つ目にあるのでよく覚えておくように。

よし、いよいよ助平なサイトである。私は、ブックマークに助平サイトを登録するほど間抜けではない。その都度検索するのである。手間はかかるが、これが一番安全だ。「なんや、真面目そうな顔して、こんな助平サイトブックマークしてるで」などと死後言われたくはないのである。

さっそく「助平なサイト」で検索すると、Yahoo!の知恵袋の質問が一番上にあり、ついクリックしてしまった。おそらく新しいブラウザに気をとられて、助平への希求が薄まっていたのだろう。載っていたのはこんな質問である。

「子供がアダルトサイトを覗いたらしく、インターネットを立ち上げたら助平な画面になって消し方が分かりません。消し方を教えてください」

いやいやいや。私は、ちょっと憤慨した。

子供が覗いたんじゃなくて、あんたが覗いたんだろ。自分の助平を子供になすりつけるとは言語道断である。それでも親かと問いたい。こういうのが一番かっこ悪いのだ。皆さんも、こんな人間には決してならないように。

人間、正々堂々、胸を張って助平であるべきである。