だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「自衛隊の護衛艦に旭日旗を掲げるな」という韓国兄さんの要請を、日本国政府が拒否か!?

f:id:b9q:20180928164935j:plain

「国際観艦式」が10月11日に韓国の済州島で開催される。

その開催国である韓国が、参加国に対して「各国の国旗と開催国である韓国の国旗だけを掲げてくれ」と要請したらしい。こんな要請は前代未聞で、ブッサイクなことこの上ない。

まあ、韓国政府内でもスッタモンダがあったのだろう。

「日本の艦船は旭日旗掲げよるで」

「韓国の国民、そんなん見たら激おこぷんぷん丸やで」

「どないしよ? 支持率落ちてまうがな」

「ウンコでも食べて、ええ案出してちょ」

「うーん」「うーん」

「そや、日本だけに旭日旗掲げるなというのはあからさまやから、各国に対して国旗以外は掲げるなと言うたらええんちゃうの。そしたら自動的に旭日旗は使われへん」

「それや、それやがな。グッドアイデアや」

アホかと思うのだが、それが韓国である。直接投票による大統領選挙だから、少しでも国民に擦り寄らないといけないのだ。国民の好悪が政策の基準なのである。支持率が50%を切れば危険水域なのだ。

パク・クネ前大統領もムン・ジェイン大統領も、いつ見てもオドオドした印象を受けるのだが、あれは国民の反応を気にするあまりの怯えなのだろう。哀れなことである。

で、旭日旗に関してなのだが。

これまで韓国政府が旭日旗に対して「使うな」と言ってきたことはなかったと思う。言えば、日本国政府が「何言うとんねん」と正式に反論し、旭日旗国際法上に則った正式な旗であり、韓国の国民が言うような「戦犯旗」ではないことがはっきりしてしまうのだ。

だから、これまでいくら国民が「戦犯旗だ」と盛り上がっていても、正式に抗議することはなかった。だが、国民の盛り上がりをいよいよ無視できなくなってきた。慰安婦合意以降、慰安婦をネタとした優位性も下がり気味だ。サッカーをはじめとするスポーツも日本に押され気味である。国民たちの最後の拠り所が戦犯旗なのだ。

その国民たちの声に押されて「国旗以外は使うな」との要請だったのだが、どうも、日本国政府は拒否するらしい。

小野寺防衛相は、韓国の要請に対し旭日旗自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部表記』に該当する」と強調。「国際観艦式に自衛隊艦艇を派遣する場合は、このような国内法令にのっとって対応する」と無慈悲に説明した。

さらに旭日旗は太陽をかたどっており、大漁旗や出産、節句の祝い旗として日本国内で広く使われている」ととどめを刺したのである。

そもそも旭日旗に対するヘイトは、2011年にサッカー選手のキ・ソンヨンがゴール後に猿真似のパフォーマンスをして「日本人差別だ」と非難されたのを、「猿真似をしたのは、戦犯旗が見えて腹が立ったから」と嘘をついたのが始まりと言われている。それが、それまでネットの一部で言われていた嘘が、事実になってしまった瞬間なのだろう。

防衛相の関係者には、「そんなことをするくらいならそもそも参加しない」と言う人もいるらしい。

私は、その意見に同意する。激しく同意する。

 

b9q.hatenablog.com