だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

見ず知らずの誰かから「あなたは大きな変態です。無限のファンタジー!」となじられた話。あるいは、最近のスパムメールの特徴について。

f:id:b9q:20190317151158p:plain

スパムメールは、好きかね?

私は、結構好きだ。日々の刺激になるものは、家の前に放置された犬のフンでも、図書館で借りた本の「犯人はこいつ」と書かれた落書きでも、なんでもウェルカムである。

こういう刺激がなくなり、平和でノッペリとした日常になってしまうと脳みその表面までノッペリしてアホになってしまうのだ。

犬のフン、バンザイ。落書きバンザイ。そして、スパムメールバンザイ。

さて、私の元にも、スパムメールは毎日山ほど来る。

だが、私が使っているメールアプリはなかなか優秀で、「何言うとんじゃ、このクソボケがっ。お前みたいなスパムメールを、わしが通すとでも思とんか~。恥を知りなさいっ(ぷるぷる)」と振り分けてくれるので、全然問題はない。

実は、私はたまにそのスパムメールを読むのを楽しみにしていて、夜な夜な、「ふふふ」などと笑いながらパソコンに向かっているのである。

昨日、久々に面白い表現と出会えた。

タイトルは、「(私のメールアドレス)はハッキングされています! すぐにパスワードを変更してください」である。で、最近のスパムメール特有の「こんにちは!」から本文ははじまる。確かに挨拶は大切だが、銀行や運送会社の文面まで「こんにちは!」からはじまるのはおかしいと、誰か教えてやってくれ。

今回のスパムメールの本文は、結構長いのだが、要約するとこうである。

「お前は、助平やのう。お前が毎日どんなエロサイトを見てるか、こっちはお見通しやで。しかも、お前がそのサイトを見てる時のアホ面もパソコンのカメラを遠隔操作して撮影済みや。マスターベーションでイク時の顔がサイコーやな。お前の親戚や友人が見たら、どう思うやろな。どや、こんな写真、流されたくないやろ。それやったらビットコインを払わんかい。今回は、$528で手を打ったるわ。はよ、払いや」

まあ、いつものスパムメールである。

ただ、ひとつだけオリジナリティのある表現があり、私はそれを見た時、思わず「ほお」と感心した。

 

「私は言う。あなたは大きな変態です。無限のファンタジー!」

 

「大きな変態」は、変態として上級者という意味なんだろうが、その後の「無限のファンタジー!」というのが、ちょっとわからない。

で、つたない英語力でGoogleしてみたら、「Infinity Fantasy」というサイトが見つかった。黒人のエロい女性が寝転がっている写真に、「先着50名様は、ただでエロいショーが5分間見られるで~」と書いてある。

なるへそ! これのことだな。「お前がInfinity Fantasyを見てるんはわかってるんやで」ということなのだ。

スパムメールに出てくるくらいだから、おそらくアメリカでは有名なサイトなんだろう。だが、日本でこんなサイトを見ている人はいないのではないか。あなたがいくら上級変態だったとしても、こんなサイトにはたどり着かないと思うのである。

どうせ書くなら、「XVIDEOS」とか「TokyoPornTube」とかにしておくべきであり、これはスパムメールの送り主の不勉強をそしられても仕方がない。「XVIDEOS」などと書いてあったら、私だって「えらいこっちゃ。バレてるがな。はよ$528払わな」と慌ててしまうのだ。

ちなみに最近のスパムメールで秀逸なのは、自分が使っているパスワードが明記してあるものである。これは、私もちょっと驚いた。昔使っていたパスワードとは言え、気持ちが悪いのだ。もし、今使っているパスワードなら、念のために変更した方がいいだろうし、いろいろ手間である。

スパムメールに引っかかる奴がいるからスパムメールがなくならないわけで、その意味からも引っかかる情弱には腹が立つ。だが、やっぱりスパムメールを送ってくる本元には、もっと腹が立つ。

誰か、スパムメールを送ってきた奴に、金玉がボーリングの玉くらいにはれあがる呪い系の反撃アプリでも作ってくれないか。凄腕のプログラマーなら、それくらいのアプリは簡単に作れると思うのだが。よろしく頼む。