だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

老害との上手な付き合い方。毎朝、シェーをする老人を、君は見たか? 

f:id:b9q:20190320133801p:plain

爺さんは、嫌いかね?

私は嫌いだ。私自身ジジイであるが、私は、彼らを忌み嫌っている。年寄りは、頑迷で不機嫌でプライドが高く、同じ話を繰り返し、いつもアクセルとブレーキを踏み間違える。

今日も近所の川でそんな爺さんを見かけた。

なんか、変な体操のようなものをしていたのだ。腕の筋肉を伸ばすためなのか、左手をあげ、頭に沿って曲げている。そして、片足を曲げて、もう片方のヒザのあたりに交差させている。右手は、足首をつかんでいる。柵にもたれかかっているので、転倒の心配はないようだ。

まるでおそ松くんに出てきたイヤミである。あのオッサンが「シェー」と言いながら取るポーズによく似ている。おそらくは、誰かのストレッチを見て、それを自分なりに改良したつもりなのだろう。だが、とても効果があるとは思えないのである。第一、同じポーズを取っているだけで、負荷をかけたりもしていない。

ここに老人の特徴を見ることができる。独善的なのである。

「いや、そんなんじゃ効果は出ませんよ。手と足の筋肉をほぐすのなら、こうやった方がいいですよ」と教えても絶対に聞かないのである。そんなことを言えば、「ワシは、学生の頃50メートル6秒8やったんじゃ~。そのわしに向かって何じゃあ、その偉そうな態度は」などと自慢&説教をはじめるのである。くわばらくわばら。

ふと見ると、そのちょっと横では、一人の爺さんが柵に足を乗っけている。これもただ乗っけているだけである。短い足を柵にかけている様は滑稽であるが、彼の顔は自慢げだ。「ワシは、こんなに足が上がるんやで」と言っているように感じられる。

すると、その横を婆さんが後ろ向きに歩いて通り過ぎた。この運動をしている年寄りは多い。普段使わない筋肉を使うのでインナーマッスルが鍛えられてバランスが良くなる、などと言われているが、私は、そんなもの信じない。

私は、普段使わない筋肉は使わなくていい派である。そもそも後ろ向きに歩くのは、不細工である。見ていて「アホちゃうか」と思ってしまう。何より自然の理にかなっていない。他に後ろ向きに歩く動物がいるか? 犬や猫が「バランスが崩れるから」と普段から後ろ向きに歩いているか? 穴を後退するモグラカニが横歩きする以外は、みんな前向きだろうが。だったら、前向きが正しいのである。

あんな運動をしている年寄りは、いずれけつまづいて「ととととっ」などと言いながら勢いが付いて川に落ち、どんぶらこどんぶらこと流されてやがて海に還っていくのだ。

イヤミの爺さんに目を戻すと、彼は、また、左右を入れ替えてシェーのポーズを取った。その顔は、自分のストレッチを信じ、「どや、この運動はサイコーやろ」と自慢げである。

私は、それを見ながら「シェー」とつぶやいた。