だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「日本に相応の措置」と言った韓国副首相、顔に迫力がなくて私に笑われる。

f:id:b9q:20190705083001j:plain

やっぱり顔は大切である。

「おんどりゃあ、なめとったらドタマかち割んぞ、こら」というセリフだって、日本維新の松井代表が言えば様になるのだが、温水洋一さんだと笑われるだけなのだ。

さて、日本政府がようやく、やっとこさ、亀の歩みよりも遅いほどのタイミングで韓国に対して経済制裁に出た。儒教的にも倫理的にも日本よりも上の立場と信じ込んでいる韓国人にとっては、驚天動地の出来事だろう。

「戦犯国がなんでわしら被害者をいじめるねん」

韓国のように被害者ビジネスが蔓延している社会では、弱者が強者であり、本来の強者は殴られ続けるサンドバッグでなければならないのだ。

確かにこれまでの日本は、そうだった。

単なる戦時売春婦を強制連行された慰安婦、さらには性奴隷などと曲解され、福島瑞穂朝日新聞がそれを後押しし、河野洋平が「河野談話」でごめんなさいと謝った。大戦後の連合国側の調査でも、その後の日本政府の調査でも強制連行の証拠が見つからなかったのに、「強制連行はあった」と河野洋平は言ってしまったのだ。

「へへ、ちょろいもんやで」と韓国は思ったろう。

だが、もう、そんなことは起こらないのだ。安倍晋三が許さないのだ。例え、辻元清美が裸になって安倍晋三に迫ろうとも、例え、福島瑞穂が赤ちゃん言葉で安倍晋三を言葉責めにしようとも、そんな攻撃にはビクともしないのである。

えーっと、何の話をしているんだっけ。

そうだ、日本の経済制裁に対して、韓国の洪楠基(ホンナムギ)・副首相兼企画財政相という人が、「こら、日本。お前らが経済制裁するやったら、わしらかって相応の措置をとりまっせ。こわいで、こわいで。経済制裁やめといた方がええで」と言ったことを書こうとしていたんだった。

ただ、この人、非常に影が薄い。どんな人だったか、まるで記憶がない。で、検索してみたら、いや、もう、完全に温水洋一さんだった。いや、温水さんには、どことなく役者にあるべき静かなる狂気のようなものが感じられる。私が監督なら、ものすごく怖ろしい殺し屋役をお願いするところだ。

だが、この副首相には、なんの狂気も感じられない。ただの気の弱いオッサンである。こんな人が「相応の措置」などと言っても、全然怖くないのである。「やれるもんなら、やってみい」と滑稽なステテコ踊りを踊りながらからかってやりたくなるのである。

で、副首相が言った相応の措置が、「国際法、国内法上の措置などでも断固として対応する」と言うものである。国と国の約束を破って、日本から逃げ回っているのは韓国政府ではないか。何が国際法か。

気が弱い上に、頭も弱い。ここまで来ると、少々可哀想になってきた。韓国政府は、よほどの人材不足なのだろう。

鳩山元総理と河野洋平福島瑞穂、あと元朝日捏造新聞の植村君だったか、あの記者を進呈するから韓国政府に登用してはどうか。

全員、生え抜きのリベラルである。彼らの実力は、Wikipediaを見れば一目瞭然である。日本では右翼を中心に嫌っている人が多いが、力があるから嫌われるのだ。今のムン政権のレベルなら、十分に役に立つのではないか。ムン大統領、いかがだろう。

ただし、言うまでもないが返品は不可である。