だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「GSOMIAを破棄したら日本に大打撃や。ええのか? 破棄するで。破棄するで~」と韓国外交部。やっぱり「韓国人は手首切るブス」だった。

f:id:b9q:20190801203012j:plain

私は、「日本死ねのユーキャン」は嫌いだ。従って流行語大賞も嫌いである。

だが、もし、2019年度の流行語大賞岩井志麻子の「韓国人は手首切るブス」が選ばれるなら、「日本死ねのユーキャン」を許してやってもいいと思う。実現できたら、「ユーキャン」と正しく名前を言ってあげるのだ。ダメなら未来永劫「日本死ねのユーキャン」のままである。

表現としてはちょっとキツいのだが、「日本死ね」を選ぶことができたのだから、「手首切るブス」くらい問題ないだろう。選びなさい。

さて、韓国が日本のホワイト国から外されるとビビりまくっている。別に輸出規制するのではなく、単に「ホワイト国じゃなくなったら、ちゃんと正規の手順を踏んでちょうだいね。そしたらいくらでも輸出するから」という話なのに、なんか、ビビりまくっているのだ。

ムン大統領までがビビりまくりで、「韓国をホワイト国から除外すれば、甚大なる被害が日本を襲うであろう」などと金正恩の真似をして虚勢を張るし、面会の約束もないまま日韓議員連盟の連中がぞろぞろ来日して、「いや、忙しいんで」と断られると、「なんでじゃ、なんで二階は会ってくれへんのじゃ」と怒りだす。

で、もう切り札がなくなったのか、とうとう日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を持ち出した。

「今は維持するちゅう立場やけど、状況の変化によっていろいろ検討せんといけまへんな。協定を破棄したら、日本に大打撃があるんとちゃいまっか。ええんでっか。そんなことになったら大変でっせ。破棄しまっせ。わてらを追い込んだら、ホンマに破棄しまっせ。止めるんやったら今のうちでっせ~」

アホか、と言いたい。

そもそもミサイルをポンポン撃ち込んできているのは北朝鮮であり、その一番の主敵は韓国なのだ。協定を破棄して困るのは韓国の方である。「日本憎し」の前に、そんなことすらわからなくなっているのだ。「アベ憎し」の前に頭がおかしくなっている立憲民主党と同じである。

もちろん日本としては、国際的な立場上「GSOMIAは、継続すべきだ」と発言している。それを韓国は「日本は継続したいんや。そしたら、破棄する言うたら、日本は折れよるで」と勘違いしてしまっているのである。

はっきり言って、日本としてはどちらでもいい。破棄してもデメリットはない。

そもそもレーダー照射事件を起こし、その後、嘘に嘘を重ねた韓国政府と韓国軍なんか信用できるはずがないのである。韓国側から「破棄する」と言ってきたら、「はい、わかりました」と言っておけばいいのだ。韓国側から破棄してきたという点で、韓国がますます不利になるというのはむしろメリットだろう。

「トランプはん、すんまへん。日本はGSOMIAを継続したかったんですけど、韓国が破棄しよりましてん」

まあ、実際には、韓国をホワイト国から除外するかどうかは今のところわからない。除外したとして、韓国がどんな対応をしてくるかもわからない。すでに朝日新聞や鳩山元総理などは、安倍総理を非難している。朝日新聞など、平気でフェイクニュースを発信しているのだ。油断大敵である(ただし、韓国側は朝日の記事を日本人の総意と勘違いして自分たちに有利に解釈し、間違った方向へと進もうとしている。その意味では、朝日新聞は、グッジョブ!である)。

私は、これまでのような、ヘタレな日本ではないと信じている。今までの日本とは違うことを見せていただきたいものだ。そして、その片鱗は、すでに見せてもらっている。頑張れ、安倍総理。負けるな、河野太郎

つくづく、民主党政権でなくてよかったと思う。そして、心底、ムン大統領でよかったと思う。バンザイ!