だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

東大卒の事務次官でも、思わずとんでもない言い訳をしてしまうことがある。だって人間だもの。

f:id:b9q:20190912155947j:plain

勘違いしている人がいるようですな。

いいですか。前川喜平(右傾化を俯角憂慮する一市民)さんは、かつて文部科学事務次官でありながら出会い系バーに入り浸っていた人である。だが、そのせいでダメになったわけではない。

別に出会い系バーに行ってもいいんです。いや、むしろ好ましいと言ってもいい。風俗は金を払えば簡単に性欲を満たせるが、出会い系だと、出会ってからの駆け引きが必要なわけです。その分、おもしろいとも言える。

前川喜平さんがダメだったのは、それがバレてしまった際に、「貧困調査のために出会い系バーに行っていた」というとんでもない言い訳した点にある。

もちろん、彼の心情は理解できる。

子供の頃から秀才で、東大法学部を卒業。国家公務員試験では、4番目の成績で合格した。あなた。もう、間違いなく上級国民ですよ。しかも、義弟の中曽根弘文氏は、その父親が中曽根元総理です。退官後は政治家に、という青写真が出来ていたのではないか。

ああ、それなのに。退官した理由は再就職等規制違反だったのだが、もう、そんなことは誰も覚えていないのだ。おそらく多くの人がこう言うだろう。

前川喜平? ああ、出会い系バーに入り浸って、貧困調査のためと言い訳したダサい人ね」

優秀であればあるほど、自分の下半身の醜聞は嫌うはずである。彼としては、絶対に表に出てはいけなかった情報のはずだ。だが、出てしまった。おそらく奥さんや子供もいるのだろう。

前川さん、今は、安倍総理が憎くて憎くて仕方がないのだろう。ことあるごとに噛みついているのである。もう、哀れとしか言いようがない。

直接的に自分を陥れたのは安倍総理ではない。だが、今は「アベ憎し」に突き進む以外にないのだ。本来なら退職金をもらえただけ、安倍総理に感謝しないといけないと思うのだが、やっぱりそれだけ「出会い系バー」がバレたことがショックだったのだろう。半分気が狂っているのである。いや、7割くらいは気が狂っているのではないか。

第4次安倍内閣改造についても、彼はこんなTweetを発信した。

「やっぱり萩生田文部科学大臣か。ひどいことになるだろう。彼の議員会館の事務職(室?)には、教育勅語の大きな掛軸が掛けてあった」

教育勅語の掛け軸だけで、この言いようである。8割は狂っていると言っても過言ではないだろう。早く目を覚まして、笑いものではなかった頃の優秀な人間に戻っていただきたいものだ。

ちなみに私は出会い系バーには行ったことがないのだが、ノーパン喫茶には行ったことがある。正直、私のチンコはピクリともしませんでしたよ。あんな無粋で程度の低い店よりは、出会い系バーの方がマシだと思う。

頑張れ、前川喜平(右傾化を俯角憂慮する一市民)さん! いつかは、出会い系バーのことを笑顔で話せるときがきっと来る。