だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ああ怖ろしや。小西ひろゆき議員が一般市民を名誉毀損で訴えるらしい。

f:id:b9q:20190924150808p:plain

いやあ、ちょっと笑った。

安倍総理に「高橋カズヒロさんという憲法学者をご存知ですか?」と問いかけて、「存じ上げません」と安倍総理が答えると、わざとらしく「ええっ!憲法を学ぶ学生なら誰でも知ってますよ!」と驚いてみせた。演技力抜群である。

そこまでなら「ああ、いつものクイズ王か。相変わらずだね」と乾いた声で笑うところなのだが、いやいやいや、あなた。その「憲法を学ぶ学生なら誰でも知っている」名前を小西議員は間違えていた。実は高橋カズユキだったのである。

いや、確かに笑えるが、そこで非難するのは早漏である。接して漏らさず。言い間違いだけならよくあることなのだ。

私だって、本当は山田社長なのに「高橋社長、お世話になっております」と呼びかけたり、会議の場で生活保護を「生活ホモに関しては」と言い間違えたり、ついこの間もマクドナルドで「ホットコーラ」を注文して店の女の子に笑われた。言い間違いは恥ずべきことではない。

だが、この人の場合、相手が知らないであろうことを質問することで、相手より上位に立とうとしていることは明らかである。まあ、ディベートの手法としてそれを否定するつもりはないが、小西議員はその手法の悪い部分を特化させてしまったように思える。まあ、これもこの人のスタイルなのだろう。一度身についたスタイルは、なかなか変えることができないのである。俳優と同じだ。

で、普段そういうことをやっている人が言い間違いをしたらどうなるか? バッシングされまくるのである。特に昨今は、その傾向が強い。因果応報ということもできるが、大変な時代になってきたものだと怖ろしくもある。

さらに、この人の場合、自分は頭がいいという自負があるのだろう。東大卒なのだから当然である。オホーツク大学卒の私よりも、IQで言えば52は上のはずである。プライドも高いのではないか。そのため今回の言い間違いによって恥をさらしたことが耐えがたい屈辱になったのかもしれない。あろうことか間違いを指摘した一般人のTweetに噛みついたのである。

▼一般人のTweet(後に神戸市会議員も参戦)
小西ひろゆき安倍総理、高橋カズヒロさんという憲法学者をご存知ですか?」
安倍総理「存じ上げません」
小西ひろゆき「ええっ!憲法を学ぶ学生なら誰でも知ってますよ!」
実はそんな学者いなくて、恐らく高橋和之さんの間違いという。これ以上恥ずかしい話ってこの世にあるだろうか。国会だぞ。

▼小西議員のTweet
顧問弁護士からは名誉毀損で法的措置をとるべきとのアドバイスを頂きました。

ああ、怖ろしや。一般人のTweetは、単純に間違いを指摘しただけなのだ。正しく言っていたのに「やーい、間違えよった」と虚偽のTweetをしたなら名誉毀損になるだろうが、間違えていたのは事実である。もちろん事実であっても名誉毀損は成立するが、このケースでは、さすがに成立しないのではないか。

以前、炎上したなろう作家が、「顧問弁護士に相談する」と格好の悪い脅しをかけていたことがあったが、あれはガキだったからね。まあ、いいんですよ。そういう恥ずかしいことをしても。しかし、小西議員は、国会議員ですよ。いくらなんでも反応が幼稚に思える。まあ、こうして炎上することが目的という声もあるので、彼的には成功なのかもしれない。

ただ、ここまであからさまだと、スラップ訴訟と言うことになって、逆に小西議員にとってまずいんじゃないかと心配になるのである。間違いを指摘したことよりも、この騒動が原因となって支持者が減るという危険性もある。その意味では、名誉毀損と言うよりも威力業務妨害に近いのかも知れない。まあ、騒動を大きくしているのは、むしろ小西議員のTweetのように思えるのだが。訴訟を起こすのなら、それをTwitterで発信するのではなく、さっさと弁護士に一任して訴訟を起こせばいいのだ。でないと「一般人に対する脅しだ」「スラップ訴訟だ」と逆に炎上して非難を浴びる怖れもある。

それにしても、訴訟を起こされることになった一般人の方が、精神的な圧迫を受けて悲劇的な状況にならないことを祈るばかりである。きっと死にそうなほどビビっているに違いない。私のような気の弱い人間だと、もう間違いなく精神が衰弱して、崩壊して、錯乱のあまり道頓堀に飛び込みますよ。阪神タイガースはほぼBクラス確定だけど、間違いなく道頓堀に身を投げます。巨人、優勝おめでとう!

ちなみに小西議員は「安倍総理がニヤニヤ笑いながら知らないと言ったことに驚愕して、思わず高橋和之先生の名前を読み間違えた」などと言っているようだが、いやいやいや、それはちょっと苦しい弁明である。「単なる言い間違えでした、申し訳ない」で十分なのだ。まあ、言い間違えてもタダでは起きずに安倍総理を貶めようとする姿勢は、野党の当然の習性なのだろうが……。

うーん、この人に美学はないのか。