だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

表現の不自由展で天皇陛下の肖像を焼いた大浦信行さん、とんでもない屁理屈をこねる。「あれは、昇華であり祈り。神社でみこしを燃やすのと同じで宗教的な側面がある」

f:id:b9q:20191014091202j:plain

私だって、たまには屁理屈をこねますよ。例えば、こんな屁理屈である。

「なんですと!? 何を言っているのか。君のような美少女のオシッコは、汚くない! 聖水である。言わばこれは、宗教的儀式なのである。君のオシッコは、私の汚れた魂を昇華させてくれるのだ。さあ、早く私の全身にオシッコをかけなさい」

しかし、それが屁理屈であることは言うまでもないことだ。ああ、この助平ジジイ、ど変態なんやな、と誰もが思うのである。ここは、正直に、「へへへ、おじさん、変態なんだよ。君のような美少女にオシッコをかけられるとものすごく興奮するのさ」と言うべきなのである。

ああ、それなのに。

「表現の不自由展・その後」で天皇陛下の肖像を焼き、灰を靴で踏みにじった映像作品を出品した大浦信行さんのインタビュー記事が朝日新聞に載っていたのだが、もう、その内容に呆れましたね。

一般人の意識からはとんでもなく乖離している。いや、アート作品は、乖離すべきである。一般人の意識そのままの作品など、アートではない。常識を打ち破るのは、アートの大切な役割なのだ。

だが、無茶苦茶をやればいいというものでもない。特に天皇陛下の肖像を焼くという行為は、あまりにテーマとして安易すぎる。陳腐である。これは、アートではない。中学生あたりが思いつき、「タブーに挑戦するんや!」と面白がってやってみたというレベルに過ぎない。

さて、朝日新聞からインタビューの一部を抜き出してみよう。わかりやすくするために多少リライトしている。

記者「焼かれたのがあなたが以前作った作品だとしても、その中に肖像が含まれていたのは事実ですね。人の肖像が焼かれる光景がそもそも、見る者の心を痛ませるものでは?」

大浦「そういう側面もあるとは思います。ただ理解してもらえるかどうかは分かりませんが、僕にとって燃やすことは、傷つけることではなく昇華させることでした」

記者「正直よくわかりません」

大浦「祈りだと言い直せば伝わるでしょうか。燃やすという行為には、神社でみこしを燃やすような宗教的な側面もあるはずです。抹殺とは正反対の行為です。そもそも、もし天皇を批判するために燃やしたのだとしたら、そんな作品は幼稚すぎて表現とは言えません。灰を踏みにじったと批判されているシーンも同様です。踏みにじったとみれば天皇批判の行為に映るでしょうが、残り火を足で消火したと見る人には昇華を完結させた行為と映るはずです」

いやあ、屁理屈としか言いようがない。そもそもみこしを焼くというのは一般的なのか? 門松やしめ飾りを焼くどんど焼きのことを言っているのだろうか。まあ、毎年みこしを焼けば、みこし屋さんは大儲けだろうが。

さらにどんど焼きの場合は、残った灰を人々が持ち帰って家のまわりにまくという風習はあるが、踏みにじるという風習はないはずである。踏みにじるという行為は、どう考えても憎しみから生まれるものだ。踏みにじられて喜ぶのは、マゾ指向の変態だけである。ああ、そのハイヒールで金玉を踏みにじって~。

まあ、屁理屈としか言えないのだが、屁理屈は屁理屈として完遂していればまだいいのだ。

ところがこの人、後半でせっかくこじつけた「昇華」を覆してしまっている。

大浦「自分本位という批判には、『すみません、そのようにしか生きられないのです』と応えるしかないと感じます。芸術とは、爆弾や毒をはらむものです」

だったら、最初から爆弾でいいではないか。自分の作品は、毒だと説明すればいいではないか。なぜ、「昇華だ」「祈りだ」と言い訳して、自分の作品を貶めてしまうのか。言えば言うほどうさん臭くなる。いや、はっきりとウンコ臭くなると断言してもいいくらいだ。

そんな言い訳、私が「美少女のオシッコは聖水」と言うのと同じくらいレベルの低い言説なのだ。恥を知れ、と言いたい。もちろん、私も存分に恥じ入る。

また、この人のウンコ臭さは、自らの発言からも明白である。

天皇を批判するために燃やしたのだとしたら、そんな作品は幼稚すぎて表現とは言えません」

批判するために燃やしたのか、昇華のために燃やしたのか、そんな個人的な理由は、作品から生み出されるチカラには何の影響も及ぼさないのだ。見た人がどう受け取るかがすべてである。発表した時点で、その作品は一個の独立した存在なのだ。

「いや、実はこの作品には崇高な意図がありまして」などと説明するのは、野暮と言うものである。語れば語るほど、アーティストの価値は下がるのだ。いや、人間の価値そのものが下がるのである。

そもそも昇華のために燃やすのなら、なぜバーナーなどという無粋な道具を使うのか。強力な青い炎で燃やす映像からは、宗教的な側面などちーとも感じないのだ。私なら火縄を使って、畏れ多くも天皇陛下の御写真にゆるゆると燃えていただく。

ま、この人は、この程度のアーティストなのだと、私は偉そうに結論づけたのである。

ちなみに言うまでもないことだが、決して天皇陛下の御写真に美少女のオシッコを(以下、自己検閲により365文字削除)