だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

韓国は敵なのか? 敵や。あったりまえやんけ。

f:id:b9q:20201120141051p:plain


いやいやいや、あなた。これは悪手だ。

日本共産党「韓国は『敵』なのか」という声明を出し、「いまこそ日韓関係の改善を」と訴えているのだが、これは書き方が悪い。

「敵なのか」という打ち出しだと、「敵である」と返されておしまいである。反日運動を国を挙げてやっているんだし、「いや、敵じゃない」と言う人など日本人にはいないだろう。

特に私は、彼らがやっている反日教育児童虐待であり人権侵害であると考えていて、「さあ、よい子の皆さん。日本人を虐殺する絵を描きましょう」などと親やら教師やらがやっていたわけで、これははっきり言ってキチガイですわ。もう、キチガイ国家認定。北朝鮮となんら変わらない。

そんな国、敵に決まってるじゃないですか。

呼びかけ人の和田春樹東京大名誉教授は「安倍さんが去った。大きな変化です。この変化で何か変えていかなくてはいけない。韓国の側は、新しい政権と話し合っていきたいという気持ちを表出されている」「菅首相ははっきりと新しい方向をとるようにしてもらいたい」と言ったらしい。

そんなことを言っているから、頭がはげる。情けなくもハゲをヒゲで補おうとする。和田名誉教授には、ハゲているのに毎朝きちんとヒゲを剃る私を見習えと言いたい。

さらに、いかにも安倍元総理が悪者だったように言っているが、あの人はどちらかというと韓国よりではなかったか。まず責めるなら、韓国の条約破棄を責めるべきである。それをせずに、ただ、日本政府を非難するとは、これは片手落ちというものだ。両方ぶん殴ってこそ、日本共産党ではないか。

しかし、日本共産党も落ちぶれたものだ。

かつては本気で暴力革命を目指し、人は殺すわビルは爆破するわ、テロリスト志望だった私にとって憧れの政党であったのに、今の体たらくはいったい何なのか。アホなのか。年寄りにばっかりチラシを配らせやがって。配るなら配るで、もっと工夫を懲らすなり、チラシに当り籤を付けるなり、せめて楽しそうに配らんかいっ。

もうね、日本共産党は終わりですよ。福島瑞穂も終わってますが、日本共産党も終わってます。2000年以降、ずーっと志位和夫が委員長だし。人物がいないのならせめて整形手術でもして、たまには顔を変えろよと思います。

もう、まったく魅力のかけらもない政党、それが日本共産党です。

 

 

NHKは、やっぱり頭がおかしい。

f:id:b9q:20201109105854p:plain

私は、外国が嫌いである。

一番嫌いなのがフランスで、イギリスも嫌いだし、アメリカも嫌いである。そもそも白人が嫌いなのだ。訳のわからぬ言葉をしゃべりやがって。なにが「What?」だ。鼻で笑うんじゃないっ。

とは言え、たまに「ほお」と感心することもある。

イギリスの公共放送BBCが、受信料制度を廃止し、見た分だけお金を払う課金制に移行する方向で検討しているんだそうだ。BBCの受信料は、年間2万円ちょっとで日本とさほど変わらない。9割以上の国民が払っているらしい。日本は、8割ちょっとで意外と先進国の中では低い方である。

話は逸れるが、徴収率で面白いのは、韓国がほぼ100%という点である。日本よりも真面目なのだ。まあ、これは金額が安いからだろう。年間3,000円もしないのだ。この一点においては、日本よりも優れていると言っても過言では無いような気がしないでもない。

で、BBCの件だ。

もちろんBBCの偉い人は反対している。クレメンティー理事長は「受信料を批判する人々は、課金制によってBBCがどうなるかをよく考えるべきだ」などと言っていて、これはNHK前田晃伸会長も似たようなことを発言していた。

「値下げありきで、番組の質が落ちたらどうすんのよ、と。番組を全部ボロボロにしちゃえば、値下げはすぐできる。コストをぐんと落として、半分以上を再放送にしちゃえばいいわけだ。だけど、それは違うでしょう」

このどアホが、と言わせていただく。BBCNHKもアホである。

見ない人間にとって、ボロボロの番組であろうが再放送であろうが関係ないのだ。だって見ないんだから。

まあ、私は大河ドラマだけは見ているので、きちんと払っているのだが、もし、それがなかったら毎年二万円ほどの金をドブに捨てているのと同じである。まったく見ない人が不払いになるのはこれはしかたがないのだ。

さらに、今年はコロナの影響で大河ドラマも中断があった。「こらあ、NHK前田晃伸ケツの穴会長。中断した分、返金せんかいっ。このクソボケがっ」などと思わずNHKの方に向かって下品な言葉を叫んでしまうのである。

ところが、あなた。

そういう状況の中、なんとNHKはテレビ設置の有無に関係なく全世帯・事業所から受信料を徴収する仕組みを導入しようとしていたんだそうだ。

いやあ、驚きましたね。

ようするに「見なくても払え」と言ってるわけです。これは、おそらくスクランブル化に対する牽制でしょうな。スクランブル化なんて簡単にできるし、そうなったら確実にNHKの弱体化につながる。もう、断固として阻止するつもりなのでしょう。

ちなみにNHKの全世帯徴収はとりあえず2023年度まで見送られたそうだ。だが、2023年などあっと言う間である。

私はすでに支払っているから関係ないのだが、それでもこのNHKのやり方には腹が立つ。NHK前田晃伸ケツの穴会長の老いぼれた顔に、フェフェフェと笑みが浮かぶのを想像すると頭に血が上って、手に持ったマイセン風のカップをベリバリボリとかみ砕きそうになる。もう、確実にデスノートの名簿筆頭に引き上げられたのだ。あへっとか言いながら心臓麻痺で死ぬのである。

許して欲しかったら、早く月額300円に引き下げんかいと切に願う。

 

日韓議員連盟の河村幹事長、訪韓。わざわざ祝賀メッセージを伝えに行ったのに、怒られて帰ってくる。

f:id:b9q:20201019124640j:plain

私は、日々頭が悪くなっている。

まあ、年寄だから仕方がない。正確に言うと脳細胞が死にかけの年寄りだ。

昨日は、一日中ポピュリズムという言葉が思い出せなかった。気持ちが悪いので、今日、とうとう「迎合 政策」とグーグルして、ようやくポピュリズムだったと気がついた。以前なら思い出せていたのだが、今は思い出せなくなった。認知症一直線なのである。

特に頭が悪くなったと実感するのは、韓国のニュースサイト(日本語版)を読むときである。なんかね、よく理解できないのですよ。あまりにその傾向がはっきりしているので、もしかすると、頭が悪くなっているだけでなく、記事側にも問題があるのではないかと思いついた。

まず、記事がやたらと長い。いや、永いと書いてもいいくらいに長い。しかも、推測が多い。さらにその推測が「いやいや、そんなことないやろ」というレベルのものが多く、読んでいて混乱が生じる。

もちろん韓国語の記事を日本語に翻訳する時点で、多少の齟齬は出てくるのだろうが、それにしても記事としての出来は非情に悪い。30点だ。

今日も中央日報を読んでいて、頭が混乱した。

菅首相側近の河村建夫氏、韓国主要要人と連続会談…韓日関係改善に向けた『菅メッセージ』を手に来韓か」

早い話が、「日韓議員連盟河村建夫幹事長が韓日議員連盟会長に選出された金振杓(キム・ジンピョ)議員に就任の祝賀メッセージを伝えるために訪韓したが、その直前に菅首相靖国神社の秋季例大祭に供物を奉納したことを相手から咎められ、『両国(中国と韓国)の批判は受け入れる』と謝った」という記事である。実に嘆かわしい。なに勝手に謝っとんねん。

しかも、「河村幹事長が強制徴用問題を中心に言及し、いわゆる『文喜相案』を取り上げて韓日関係が早期回復し、徴用問題が解決されるべきではないかと話した」と記事にはある。いやいやいや、これは日韓両国企業と国民の寄付金で強制徴用被害者に慰謝料を提供しようという馬鹿げた案で、すでに韓国でも廃案になったのではなかったか。

おそらく韓国側によるいつもの偏向報道だと思うのだが、いったいこの河村幹事長というのは、何のために訪韓したのかがまったくわからないのである。自分たちの存在感が薄れているために、焦った挙げ句のスタンドプレーなのか。間抜けめ。

しかし、それにしても菅首相がこのタイミングで靖国神社に供物を奉納したというのは、実に見事というか、策士というか、意識的にやったとしたらたいしたものである。人の良さそうな爺さんだと思っていたが、意外と意地が悪いのか。最初の外遊がベトナムだし、もしかすると、微笑みながら韓国に向かって「死ね」と言える人なのかもしれない。

自民党の二階幹事長もろとも日韓議員連盟など潰してしまえばいいのにと思う。期待しているのだ。