だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

日清の広告作ってる奴アホやろ。と思わず言ってしまった「原宿に、行きたい。なおみ」

f:id:b9q:20200930161644j:plain

いやいやいや。

この顔は「原宿に、行きたい」とは言うてへんやろ、と私は思わず口走ったのである。どちらかというと、「原宿、くそが」という表情である。「優勝しても原宿だけには行かへんでぇ」と言っているように見える。「原宿なんか、わてが滅ぼしてやるんじゃ」とまで言うと言いすぎか。

日清の大坂なおみ選手を使った広告である。

なにより日清が発したTweetがひどいのである。これが炎上に火を付けたと言っても過言ではない。

「ついに始まるグランドスラム! どんな応援をすれば大坂なおみ選手の勝利に貢献できるのか色々と考えた結果、大坂さんのことを好きになってもらえたら勝ちだなという結論にたどり着いたので、かわいい情報を置いておきます。大坂選手、頑張れ!」

脳天気極まりない。そもそも「好きになってもらえたら勝ちだな」という文章のイヤらしさはなんなのか。企画意図に書くような内容をストレートに出してどうするのだ。消費者を「かわいいと言うとけば喜びよるやろ」と馬鹿にしているのである。

私もある場所で「アホな主婦や子供にもわかるように作ってちょうだい」などと広告マンが発言するのを聞いたことがあって、どうも彼らの一部には、「一般人はアホ」という認識があるのではないか。

言っておくが、一般人でアホな人の占める割合は、立憲民主党の支持率と同じである。アホじゃない人の方がはるかに多いのだ。

さすがにこの日清の広告を見て、アホじゃない方の人たちがいっせいに非難の声を上げた。

「マジでこの、解毒するみたいに〈政治性を抜く〉やり方はやめてほしいんですよね。そりゃ政治から距離を置いていられた方が楽でしょうが、そんな暢気に暮らしていられる国はどこにもないです。『かわいい』で政治性を抹消する戦略も随分政治的な態度ですが、ナメられているのを感じて腹が立つ」

中には、もっとあからさまにTweetしている人もいる。

「スポンサーがBLMへの賛同の姿勢を見せることが、彼女がもっとも勇気づけられることだと思いますけど」

まあ、私は、正直言って大坂なおみ選手のマスクのアピールは好きじゃない。いや、はっきり言って嫌いである。だから、ことさら彼女の意志に賛同してBLMに迎合した広告を作らなくてもいいと考えている。

だが、彼女の行動が世界的に見て大きな潮流となっていることは事実だし、広告マンである以上は、その状況に沿った広告作りをやるべきだと思う。政治性を感じさせずに政治的な行動を語るのは難しいだろうが、そこを何とかするのが優れた広告マンではないか。

で、ナイキの大坂なおみ選手の広告がこちらだ。

f:id:b9q:20200930162352j:plain

いやあ、圧倒的にナイキの勝ち。特にBLMや人種差別について語ってはいないのだが、「この勝利はじぶんのため この闘いはみんなのため」というキャッチフレーズによって、マスクを使った彼女の行動の意図が端的に伝わってくるのである。たぶん、日清の広告を作った人たちも「完敗や」と感じていることだろう。

北野たけしさんを使ったCMや「アオハル」シリーズなど、ここのところ日清の広告には首をひねってばかりだったのだが、今回の広告は特にひどい。大坂なおみ選手を使う意味がないではないか。こんな使い方、大金をドブに捨てているのと同じである。

「Hungry?」とか「NO BORDER」とかの素晴らしいCMを作っていた頃の日清に戻ってくれよ、とカップヌードルトムヤムクン味を食べながら私は切望した。

 

マジやばいコロナ脳、あるいはホリエモンが入れなかった店。

f:id:b9q:20200927154023j:plain

私は、マスクが大好きである。

女の子のパンツが見えて、思わず「へへへ」と笑ってヨダレを垂らしてもバレないのだ。「えっ、何あのオッサン、ニタニタしながらヨダレ垂らしてる」などと指をさされることはないのである。ああ、ありがたやありがたや。

だというのに世の中には「マスクには科学的根拠がない」だの「同調圧力だー」だの、頑なにマスクを付けようとしない人がいる。お前らにパンツを見る資格はないっ。

さて、堀江貴文氏というロケットを飛ばす人がいるのだが、この人も「やっぱりマスクを付けた方がいいんじゃないの」という状況に反発している人なのだろう。

私のようにお代官様には思わずペコペコしてしまうような人間は、「マスクは付けといた方が無難やな」などと考える。

堀江貴文氏は、違うのである。

よくは知らないが刑務所に入った人らしいし、「普通」とは違うはずだ。私などは、君がやるならおれもやる。付和雷同の極みであって、散歩中、100メートル先に歩行者を見つけた時点でマスクを付ける。人から非常識と思われたくないのである。「民、それは地獄」の世界の住人なのだ。

で、何があったかというと、堀江貴文氏が知り合いたちと餃子で有名な店を訪れた際、同行者の一人がマスクをしていなかった。

その店は、店頭に「マスク未着用のかたはお断りします」と大きく書いてあって、当然、普通の人なら「おい、お前、マスクしてないから外で待っとけ」となるはずなのだが、なにしろ堀江貴文氏は普通の人ではない。

こんなやりとりがあったそうだ。

「マスク着用でないと入店できません」
「食べてるとき以外ずっと着けないとダメなんですか?」

この時点で堀江貴文氏の論点がずれていて、入店時にマスクを着けないと入れないと言っているにも関わらず、入店してからのマスクの使い方に対して質問しているのだ。そんなの関係ないのである。入る資格がないのに、なぜ、入ってからのマスクの使い方を聞く必要があるのか。

要するに店としては、今時マスクをしていないような人は入ってくるな、という実に真っ当な考えのもと、客を振り分けしているわけだ。もちろんそれで感染が防げるわけではないが、客としては多少は安心である。

まあ、堀江氏が文句を言ったのはしかたがない。彼は、いつだって自分の方が頭が良いと思っているだろうし、相手よりも有名で金も持っていて、だからつい相手を馬鹿にするようなスタンスで接してしまうのだろう。

だが、その後発信したTweetはいただけない。

尾道の数字からはじまる名前の某餃子店」などとすぐに店名がわかるように書いた、このイヤらしさ。しかも、その後のTweetでは、「そもそも店名だしてないし」と書いているのだ。小学生みたいな大人である。

特に「別にマスク着用を拒否しているわけでもなく、ルールの厳しさを聞こうと思ってるだけなのに超失礼な対応されて怒りに震えてる」という文章の、なんと滑稽なことか。ルールの厳しさを聞くために、君は餃子店に行くのか? 本当に面倒くさい。さっさと餃子を食わんかい。

今回面白かったのは、その餃子店の店主が反撃に出たことだ。

まず、堀江貴文氏は、ホリエモンか? とかいきなり言われて」Tweetしているのだが、店主は「堀江さん?」と聞いたと書いている。これ、全然印象が違うわけで、もし店主の言うとおりなら、朝日新聞レベルの印象操作である。

この呼称については、その後、堀江貴文氏は何も語っていないらしく、「全部監視カメラに映ってる」と告知されてひるんだのではないかと言われている。ドライブレコーダーもそうだが、悪いことはできませんなあ。

その後の堀江貴文氏のTweetは、実に不様だった。

「そしてスマホの録画もしてねーし、警察沙汰になるようなことしてないし笑。そもそも店名だしてないし、Twitterブロックされてるし、敵意丸だし笑」

これは、完全に自分の負けを認めたTweetである。思わず「くやしいのお」と言ってしまうのだ。そもそも「コロナ脳」などと初手から言っているわけで、敵意丸出しなのは堀江貴文氏の方なのだ。

店主の文章は決してうまくはないし、理路整然としたものではないのだが、きちんと思いが伝わるいい文章だった。私だったら「お前の耳を引きちぎって餃子にして食わしたるぞ、この糞デブが」と書いてしまうところだ。

堀江貴文氏の頭の悪い取り巻きたちが、この店をネットで煽ったりしているらしいのだが、こんなアホたちには負けず、ぜひ、今後とも美味しい餃子を作っていただきたい。真面目に客のことを考えて営業していたのに、こんな連中に絡まれて実に気の毒だ。

ちなみにホリエモンが入れなかった店」と宣伝すれば客が増えるんじゃないかというTweetがあったんだが、それは非常にいいアイデアだ。「ホリエモンおすすめの店」よりも100倍はうまそうである。

f:id:b9q:20200927160158p:plain

スマホを構える堀江貴文氏「スマホの録画もしてねーし」



ヒステリックブルーの元ギタリスト、これは真性のサイコパスではないか?

f:id:b9q:20200924211938p:plain

セックスは好きかね?

私は、あまり好きじゃない。そもそも私のような上品な男の股間に、なぜチンポなどと言う卑猥な器官が付いているのか理解できない。例え上品に言ったってオチンポなのだ。むしろ卑猥さが高まる。

できるなら水道の蛇口と交換したい。つげ義春の「ねじ式」のように、チンポを蛇口にしたいのである。希望は、Linuxの洒落た蛇口である。カランを回せばオシッコがザーッと出るのだ。勃起はしないし頻尿も治って一石二鳥ではないか。

いや、こんなことを書こうとしていたのではない。ヒステリックブルーの元ギタリストの事件を書こうとしていたのだ。

ご存知か? 彼は1999年の紅白歌合戦にも出場したのだが、2005年に15歳から29歳までの女性8人と、女装した男性1人に対する強姦と強制わいせつの罪により、懲役14年(後に懲役12年に減刑)の判決を受けて服役した。

で、出所後、2020年7月に埼玉県の路上で20代女性を押し倒し軽傷を負わせて逮捕されたのである。幸いこの女性は強姦されずにすんだようだ。

いやあ、ひどいもんである。

そんなにセックスがしたいのなら風俗にでもいけばいいのに、それでは満足できないんでしょうな。

良心が欠如し、他者の気持ちが想像できず、おそらく罪悪感もないのだろう。そのくせ自尊心が過剰で自己中心的。まさにサイコパスである。

この男の特異な点は、出所後にこんなTweetを発信していたことだ。


「女性の皆さん、我々男のせいでそこまで苦しい思いを強いて申し訳ありませんでした。そして関心を持たず見過ごしてきたこともお詫びします。でも今は差別の構造が見えたので自分なりにできることをやってみます」そういう思いでミソジニー社会と戦ってんだよ。中立気取りで足を引っ張るな。


いや、すごいですな。

女子高生をナイフで脅してレイプしてその動画を撮り、ばらされたくなかったら出て来いと呼び出して再びレイプしていた。そんな男が出所してこんなTweetを発していたわけです。

文章もなかなか達者だし、サイコパスは一見魅力的な人物に見えるという条件にピッタリではないか。

この人、刑務所でR3という性犯罪者向けのプログラムを受けていて、「心を開くことができるようになった」「対人関係の築き方を30歳(当時)にもなって初めて知った」「自分の痛みに向き合えない人間が他人の痛みを想像することなんて決してできない」などと書いているのだが、いかに言葉というものが軽いものであるかということを証明しただけなのだ。

女性の味方のふりをして、実際には襲うことばかり妄想していたのだろう。そんなギャップが、おぞましい限りである。

お前のチンポも蛇口に替えてやろうか、と私は自分の股間のカランを回しながら思ったのである。