だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

橋本聖子会長のキス写真よりもひどかった。韓国映画「人類滅亡計画書」のキスシーン

f:id:b9q:20210224164535j:plain

不細工の割りには、美人に縁がある。だが、美人にはあまり興味がない。

というか美人の顔が判別しにくいのである。美人限定の相貌失認なのだ。クレオパトラ似の妻は、家にいるから「ああ、妻だな」と認識できるのだが、たぶん外で会ってもわからないと思う。

たまに認識できる女優がいて、それだけでファンになる。例えばルーシー・リューだ。彼女がワトソン役を務める「エレメンタリー」は欠かさず見ているのである。日本の美人女優だと広末涼子はその唇のカタチと声で判別しやすい方だが、時代劇だと最後までわからなかった。あとは、宮崎美子マナカナはしっかりと判別できる。当然、ファンである。

韓国の女優では、ペ・ドゥナならわかる。「クラウド・アトラス」という映画でソンミ451というアンドロイド役をしていたのだが、なかなか魅力的な顔立ちだった。ただし、今、ネットで写真を見ると髪型や化粧のせいか普通の美人に見えてしまい、これでは判別できないのだ。できればずっとソンミ451のままでいていただきたいものだ。

さて、Amazonのプライムビデオをチェックしていて、そのペ・ドゥナの顔が出てきた。お、「クラウド・アトラス」かなと思ったら、「人類滅亡計画書」という聞いたことのない映画である。しかし、この顔はどうみてもソンミ451ではないか。いや、待てよ。顔が汚れているな。そんなシーンはなかったか。髪型もちょっとだけ違うようだ。

で、興味を引かれて見はじめたのだが、すぐに後悔したのである。いや、とてつもなく激しく後悔したのである。

いや、もう、出だしから汚い。不細工な兄ちゃんが家族旅行に一人だけ参加できず、しかも掃除を言いつけられる。家全体が汚部屋である。腐ったリンゴやら料理のなれの果てが山ほどあるのだ。不細工な兄ちゃんは、えづきながらも掃除を続ける。極めつけは、団地の外にある生ゴミ専用のゴミ箱だ。兄ちゃんにつられて、私もオエッと喉が鳴ったのである。

さて、そんな不細工な兄ちゃんにも彼女はいて、その二人がキスをするシーンがあるのだが、それが映画史上に残ると言っても過言ではないほどに醜いキスシーンだった。橋本聖子会長のキスの写真など、比べものにならないほど醜かったのである。なんじゃい、これは。このシーンを見れば、愛など幻想にすぎないことが一目で知れる。単なる肉欲の五段活用なのだ。

気を取り直して「人類滅亡計画書」について書くと、韓国版「世にも不思議な物語」という内容だ。SFを読み慣れた人には驚きも感動もないのだが、私の場合は「ソンミ451」目当てだから、まあ、驚きも感動もいらない。

最初の一話はゾンビによる滅亡がテーマである。不細工な兄ちゃんが感染源となって、どんどん人々が凶暴になっていく。彼女も感染してバスの中でゲーゲーやるのだが、街を彷徨っているうちに二人は出会う。正常な意識はなくしているのだが、やはりどこか惹かれあうのかゾンビ状態で見つめ合ったりしていた。まあ、キスでもセックスでも勝手にやればよろしい。

二話目は、ロボットの話だ。悟りの境地に至ったロボットが登場する。人間の坊さんに説法したりするのだが、ロボットの開発会社は破棄処分にしようとする。自分はどこから来てどこに行くのか。そんな人間にとって不変の命題をロボットが自問自答するのである。まあ、勝手に悩んでいればよろしい。三話の中では、これが一番面白かった。

三話目は、父親のお気に入りのビリヤードの玉(8番)を壊してしまった女の子が、父親にバレる前にネットで注文する。ところがそのネットというのがどこか異世界に通じていたという話。玉が宇宙経由で送られてくるのだが、巨大な隕石レベルの大きさで、このままでは人類の危機である。家族は防空壕に入り、という展開なのだが、このアイデアはどこかで読んだことがある。まあ、SFにありがちな話だ。勝手に滅びればよろしい。

で、問題は、ペ・ドゥナである。

いつ出てくるんじゃー、と先ばかり気になる。もしかしたら、もう、出たんか。第2話の坊さんの中におったんか。それともわしが顔を認識できずに見逃してもたんか。などと思っていたら、最後に出てきた。

三話目で出てきた女の子が成長した役をペ・ドゥナがやっていたのだ。わずか数分の出番である。それやったら、トップ画面で彼女の顔を使うなや。このクソボケがっ。一番有名な女優を客寄せに使いやがって。この詐欺師がっ。

などと毒を吐いたのだが、まあ、最後に彼女の顔を見れたからよしとしよう。よかったよかった。

f:id:b9q:20210224170111p:plain

こちらは、「クラウド・アトラス」でのペ・ドゥナ。確かに美人ではないな。

 

筒井康隆「ジャックポット」と志の低い本屋

f:id:b9q:20210223093852j:plain

今朝、捏造と偏向を是とする朝日新聞という日刊紙を読んでおりまして、ああ、今日もけったくその悪い紙面であるなあと辟易しておりましたら、ふと、そんな中に、林泉の涼風のごとき、涼やかなる一隅を見つけたのであります。

おお、これは。

思わず目をやりますと、それは筒井康隆先生の新刊の広告ではないですか。さすがは天才筒井康隆。たとえ朝日新聞という汚濁に満ちた紙面にあっても、その存在は燦然と輝いているのであります。本のタイトルは「ジャックポット」。惹句には、「今日も世界中が大当たり!」とありました。

いやいやいや、と思わず私は首を振ったのです。

大当たりって、韓国人がよく使うセリフではないか。朴槿恵前大統領の外交手腕に「大当たり」。美男の文在寅大統領に「大当たり」。何かというと大当たりと吹聴し、しかしながら実際には大外れというコントを毎度毎度繰り広げているのであります。

この惹句は気に入らんなあ、などと思いながらも、まあ、タイトルの「ジャックポット」に引っかけたというのは理解できるし、何より筒井康隆先生の新刊である。気にしないことにいたしました。

とにかく新刊が出たのだから、買いに出るのである。幸い天気もいいし、散歩がてら本屋に出かけたら、歩いて20分ほどの最寄りの駅にある書店に「ジャックポット」は置いてなかった。愕然、呆然、意気消沈。しまったぁ。この本屋は、文芸関係はベストセラーしか置かない志の低い本屋だったのだ。

仕方がないので20分かけて折り返し、逆方向の最寄りの駅にある書店に向かったのであります。そちらは自宅から徒歩10分ほどなのだが、広いだけが取り柄の、中身スカスカの本屋なのだ。文具が充実しているのでたまに出かけるのだが、もちろんここも志のない書店である。まるで期待できないのだ。行ってみると、やはり「ジャックポット」はなかった。

がっくりと肩を落とし、自販機でBOSSレインボーマウンテンを購入して喉を潤し、心を落ち着かせた。次の書店に行くべし。他に選択肢はない。

そこから北へ20分ほど歩くと、大きなショッピングモールがあり、比較的大きな本屋がある。すでに1時間ほど歩いているわけで、足がだるくなっているのだが、ここで諦めるわけにはいかない。私は、丸くなろうとする背筋をしっかりと伸ばし、ショッピングモールを目指したのであります。

もう、祈りましたね。「ジャックポット」を置いていてくれ、と。もし、なければ、あとは電車に乗って都心に出るしかない。さすがにジュンク堂紀伊国屋にはあるはずだ。だが、あの辺りは若者が多い。コロナに感染しているくせに無症状の脳天気な連中が、無自覚にウヨウヨと蠢いているはずなのだ。マスクもなしに近寄るんじゃない。わしを殺す気か。

しかし、あなた。祈ったかいがありました。

1時間半の探索を経て、ようやく私は筒井康隆先生の「ジャックポット」と出会えたのであります。万歳。もはや思い残すこともない。持病の高血圧で脳の血管がぶち切れて死んでも問題ない。我が人生に悔いなし。いや、まだ読んでないから今死ぬのは困るのだが。せめて明日にしていただきたい。

この本には、亡くなったご子息のことを描いた「川のほとり」も収録されている。享年51歳。まだ若かったのだ。お目にかかったことはなかったのだが、「聖痕」の連載中、その挿絵でご子息のことを知ったのだ。ああ、あの海辺での写真のあの子が、今では絵描きなのかと感銘を受けたことを覚えている。心よりご冥福をお祈りします。

 

ますます東京オリンピックに興味がなくなってきた。橋本聖子五輪相が東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任か。

f:id:b9q:20210218152945j:plain

今日は、朝からイヤなものを見た。

東京五輪の会長に就任するらしい橋本聖子五輪相のキス写真である。相手は、フィギュアスケート高橋大輔さんである。見た瞬間、背筋がぶるっと震えて、オシッコを漏らしたかとあわてたほどだ。最近、膀胱の締まりが悪いのである。ああ、あんなサイト開かなければ良かった。好奇心は人を殺す。

いいですか、皆さん。

キスというものは、よほどの美男美女でなければ鑑賞には堪えられないんですよ。いや、美男美女に加え、シチュエーションやライティング、演出、カメラに至るまできっちりと整えられた環境でのみ、他人が見て美しいと感じさせることができるのである。

俳優でも様にならない場合があるくらいで、特に昨今のテレビドラマのキスシーンは程度が低い。そこそこの顔をした俳優でもそうであって、従って、そのへんの素人ではまったく絵にならないのである。

たまに街中でキスをしている若いカップルを見ることがあるのだが、もう徹底的に不細工である。しかも二人とも自己陶酔しているから、不細工に拍車がかかっている。ちびまる子ちゃんに変なカップルが出てくるが、ちょうどあんな感じだ。

当然、橋本聖子さんと高橋大輔さんのキス写真も不細工だった。見るに堪えない。もはや犯罪行為である。

高橋大輔さんは比較的マシな顔立ちなのかも知れないが、それでも人様にキスシーンを見せられるほどの顔ではない。橋本聖子五輪相に至っては、フナが顔の真ん中に豆鉄砲を食らってびっくりしたような顔である。ああ、あれはハトだったか。いや、そんなものどっちでもいい。

よくもまあ、あんな顔でキスを披露したものだ。杉下右京なら「恥を知りなさい」と頬をプルプルさせるところだ。

橋本聖子五輪相と高橋大輔さんの関係は知らないが、その当時、恋人だったのならば仕方がない。だが、そうではなかったようだ。だったら完全にセクハラではないか。大学のサークルじゃあるまいし。森喜朗元会長の発言が五輪組織委の会長として問題になるのなら、このキスだって問題になるだろう。過去のことだからかまわないとでも言うのだろうか。しかも人前でキスするなど、セクハラの自覚さえなかったと言うことだ。極めて重症である。

そもそも女性蔑視の発言で会長を退いた森喜朗元会長のあとを、こんなセクハラをやっていた橋本聖子さんが引き継ぐというのは、これは何かの冗談としか思えないのである。聞けば、元々橋本聖子さんは森喜朗元会長の後ろ盾があっての存在だと言うではないか。そのことを語る二人の姿がニュースでも流れていた。

これはもう完全に茶番である。コメディである。だったらコメディアンだとわかるように、バカ殿のように普段から顔を白塗りにしておけよ。ついでにちょんまげでも付けてろよ。

まあ、橋本聖子さんに関しては、会長になることでこうした恥ずかしい過去が蒸し返されることは覚悟していたはずで、本音は五輪相のままでいたかったに違いない。オリンピックで活躍した実績と東京オリンピックの五輪相という名誉ある責務を全うし、栄光のままに生きていたかったに違いないのだ。その点はお気の毒である。

ともあれ私は、もう完全に東京オリンピックに興味がなくなった。むしろ嫌悪の対象となった。勝手にやれと言いたいのである。私のような美しいキスシーンが大好きな男を怒らせたら、ものすごく怖いのである。私のニューシネマパラダイスを汚すんじゃないっ!

ただし、皆さん。だからと言って立憲民主党の肩は持たない。それとこれとは別である。

立憲民主党大河原雅子議員という人は、新型コロナウイルス感染症対策等に関する集中審議の場で、東京五輪パラリンピック大会組織委員会会長の女性蔑視発言問題などまるで関係のない質問ばかりしていたという。橋本聖子さん以上に恥ずかしい人だ。こんな人がいるから、自民党は安泰なのだ。

森喜朗元会長も橋本聖子五輪相も、今頃大笑いしているぞ。

 

 

ThinkPad L540のハードディスクをSSDに換装。残念ながら爆速とまでは行かず。微速前進といったところか。

f:id:b9q:20210215090055p:plain

私のパソコンは、旧式である。ThinkPad L540という化石のようなパソコンである。アウストラロピテクス・アファレンシスもびっくりなのだ。

起動だって3分30秒かかる。OSを初期化する前は、7分近くかかった。カップヌードルだって余裕で出来上がるのだ。いや、食い終わるのだって余裕だろう。聞けば、今どきのパソコンは10秒くらいで起動するのだそうだ。狭い日本そんなに急いでどこに行く。余裕のない連中だとつくづく腹立たしい。

で、実は、新しいパソコンを買うべきかどうか悩んでいた。やっぱりパソコンにとって速さは力である。遅いパソコンを使っていると、頭の回転まで遅くなりそうで怖いのだ。何かを考えるときに、頭の中で輪っかがくるくる回りそうなのである。

よーし、と少しワクワクしながらネットで探していると、マウスコンピューターの天板が真っ赤なモデルが目にとまった。

お~っ、まるでシャア専用ザクではないか。松屋でこのパソコンをパカッと開けたときの回りの客たちの反応を想像し、ふふふと笑いながら、私はすぐに購入しようとした。そしたら、あなた、完売御礼である。Amazonにはあったのだが「出品者からお求めいただけます」とあって、こんなのを注文したらこのパソコンの写真だけが送られてきて、「騙されよった。やっぱりジジイは情弱やのう」などと笑われそうで怖いのである。

仕方がないのでネットをブラブラしていたら、ハードディスクをSSDに換装すれば爆速!などと書いてあって、調べてみるとなんと500GBが6,000円くらいではないか。昔、1.5MBのメモリーを高い金を出して買った記憶が蘇り、6,000円がものすごく安いと錯覚して、ついAmazonで注文してしまった。

買ったのは、Samsungの860 EVO 500GBとSalcarのHDD/SSDケースである。本当はキオクシア(旧東芝メモリ)のSSDを買おうと思ったのだが、ついSamsungのを買ってしまった。申し訳ない。

PC環境の引っ越しには「EaseUS」というフリーソフトが定番らしいのでダウンロードして使ってみた。ちょっと迷ったのは、SSDの初期化に「MBR」か「GPT」かというさっぱり訳のわからない選択肢である。

ネットを見て私なりに解釈したのは、「今のハードディスクの形式がGPTなら、新しいSSDもGPT」ということなのだが、中には頑なに「MBRを選べ」「MBRを選ばないと後悔することになるぞ」「おれはGPTを選んだせいで時間を無駄にした」と書いている人が何人かいた。

さらには、「元のHDDがGPTということは滅多に有ることではありません」などと書いてる人もいて、まあ、これは「教えて!goo」の回答だからこんな人がいても仕方がないか。とはいえ、32bit機が全盛だった頃の回答だろうと思ったら、2020年の回答でちょっと驚いたのである。知らないくせに、なぜ答えようとするのだろう。

フォーマット形式の調べ方を書いておくと、Windowsの場合はWindowsマークを右クリックして「ディスクの管理」を選び、「ディスク0」と書かれた部分を右クリックして「プロパティ」を選ぶ。その中の「ボリューム」を見れば、私の場合は「GUIDパーティションテーブル(GPT)」と書かれていた。交換するSSDもそれに合わせればいいのである(と思う)。なぜ、彼らがGPTをあれほど目の敵にするのか理解できないのだ。

さて、ディスクの内容をコピーするのに2時間ほどかかったのだが、その後はスムーズだった。ハードディスクとSSDを交換し、電源をONにすると、いつものようにWindowsが立ち上がった。時間を測ってみると2分弱である。1分半ほど速くはなったものの、爆速というわけではない。ソフトの立ち上げも若干速いような気がするだけである。おそらくエロ動画の入れ過ぎだろう。

うーむ、まあ、6,000円だからなあ。これで十分かなどと思いながらも、私は「Samsungなどという韓国製品を買ってしまったバチが当たったのだ」とつい思ってしまい、いやいやいや、それでは「GPTのせいで時間を無駄にした」と言い張る人たちと同じレベルではないか、と自戒したのである。

 

 

さすがは森喜朗さん。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」とはよく言った。筒井康隆さんも褒めているぞ。

f:id:b9q:20210212110534j:plain

いやあ、森喜朗五輪組織委会長が元会長になってしまった。

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」との発言が女性蔑視と捉えられバッシングを受けたのだ。私は森喜朗さんは、ウルトラQウルトラマンで出てきたガラモンに似ているので結構好きだったのだが、実に残念に思う。そう言えば、ダウンタウンの浜田さんもガラモン似だなあ。

森元会長の発言に関しては、昔、ウンコを食う小説を書くために実際にウンコを食ったという伝説を持つ筒井康隆さんがこんなことを言っている。

「森さんは賢明だなあ。本心ではオリンピック中止に傾いていて、ボランティアがいなくなり、中止になるよう仕向けたのであろうか。なんと頭のいい人であろう」

天才である筒井康隆さんに賢明と褒められるとは、実にうらやましい。

そう言えば、森さんの発言としては「コロナがどういう形であろうと(五輪は)必ずやる」というのもあった。これは「コロナがどういう形であろうと、我々は最善の準備をするだけだ」と言えば何の問題もないわけで、やはり反感を買うためにわざと言ったのだろう。「有名人は田んぼを走ったらいい」という発言も同様である。五輪中止やむなし、という意識を自然に蔓延させるための高等戦術である。国民の嫌気を煽っているのだ。

この戦術を理解できなかったのが立憲民主党蓮舫議員などの女性議員である。森喜朗会長の辞任を求めて白いスーツを着て意思表示を行ったのだ。これに対しては、舛添要一東京都知事が面白いことを言っている。

「失笑を禁じえない。国会は言論の府であって、パフォーマンスの府ではない。五輪の利権の構造などをきちんと調査して、森会長が辞任できない背景に議論で迫ったらどうか。白い服を着るだけなら国会議員でなくても出来る。これでは政権はとれない」

桝添さん、いつからこんな正論を言うようになったのか。都知事の立場から離れて、自分を取り戻したのだろうか。もっと変なことを言えよ、と思うのである。まあ、蓮舫議員が失笑されるのはいつものことであり、まったく異議はないが。

なんにしても森喜朗会長は、元会長になった。森さんの代わりはいない、などと言われていたのだが、畏れ多くも天皇陛下にだって代わりはいるのである。何事にも代わりは存在するのだ。

私としては、森さんの発言や蓮舫さんのパフォーマンスよりも腹立たしいのが、最初、「この問題は終わった」と早期の事態収束を図りながらも、スポンサーの反発を知って手のひらを返したIOCトーマス・バッハ会長や、日本叩きを展開しはじめたアジアや日本に対して上から目線の海外メディアである。あいつらは、女性差別どころか人種差別のメッカではないか。

そろそろ日本も怒るべきである。怒るのが苦手なら、せめてすねるべきである。

「日本は、女性差別はもちろんBLMが盛り上がらないなど黒人差別も存在する情けない国です。他にも差別がいっぱいです。こんな国でオリンピックを開催するなどおこがましいにもほどがあると考えております」とでも声明を出せばいい。

元々私は「海外の選手が参加できる状態やったら、とりあえず無観客でやったらええのんとちがうの。どうせ、わし、見にいかへんし」という立場だったのだが、IOCや海外メディアの反応、あと日本のメディアやリベラルたちのヒステリックな反応によって、オリンピックに対する嫌悪感が次第に大きくなってきた。ここに至るまでが森喜朗元会長の戦術だったのだろうか?

オリンピック? 何が平和の祭典だ。金持ち白人たちの金儲けではないか。そんなオリンピックなどいらないのである。しかも、東京オリンピックの次は北京冬季五輪ではないか。女性差別どころかウイグル人チベット人を殺しまくっている中国で開催されるのである。もう、オリンピックなどやめた方がいい。

こうなったら、日本は、例え違約金を払うことになろうとも「東京オリンピック、やめます」と宣言すべきなのだ。「ついでに北京冬季五輪もボイコットします。森さんの発言以上に中国の虐殺は許せません」と言わなければならないのだ。

「オリンピックなんぞクソ食らえ。ついでに万博もクソ食らえ」と世界に向かって高らかに宣言すれば、さぞスッキリすることだろう。

 

ちなみに女性蔑視と言えば、こちらの御方がダントツです。

    ↓

b9q.hatenablog.com