だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

世の中、バカが多くて疲れません? 立憲民主党「みんな、明日は#宇都宮の餃子について語ろうぜ!^^」

f:id:b9q:20200708155130j:plain

いやあ、情けない。

まあ、立憲民主党の枝野代表は、党の立ち上げ自体が情けないものだった。小池百合子さんの「希望の党」に自分や仲間が入れてもらえると思い込んだものの、小池さんが「何言うとんねん。誰でもはいれるわけないやろがい」と拒絶し、行き場がなくて立ち上げたのだ(と私には見えた)。

ところがそれを「男気がある」などと一部のリベラルが持ち上げたものだから、自分でも勘違いして調子に乗って今に至るのである。

だが、やっぱり情けない男であることには違いがないのだ。今回の都知事選挙での「#宇都宮」というハッシュタグには、その情けなさが満ち満ちている。

「#検察庁法改正案に抗議します」が当たったものだから、「そや、わしらの候補の宇都宮健児やったら、#宇都宮でTweetしたらええやんか。宇都宮やったら、なんちゅうても餃子や。よっしゃ、餃子のTweetを発信して、宇都宮のハッシュタグ付けたろ。いやあ、グッドアイデアやがな。他の党員にもやらせたろ」

で、立憲民主党の連中が我も我もと「#宇都宮」と付けたTweetを発信したのだ。しかも、選挙活動ができないはずの投票日当日にやったものだから、公職選挙法違反の可能性がある。それを指摘されてあわてたのだろう。枝野代表は、本当に情けない言い訳をした。

「誤解とご心配をおかけしていること、恐縮に思っておりますが、他意はありません」

アホか。他意があるに決まってるやろうが。そんなん見え見えやろうが。それをヌケヌケと言い訳することの情けなさ。姑息、卑怯を絵に描いたような男である。そんなことだから、顔がだんだんムーミンに似てくるのだ(と私には見える)。

リベラルで有名なカンニング竹山さんですら、「それで一票入れるほど国民はバカじゃないよ。本当に野党しっかりしてくれ!野党がもうちょっとしっかりしないと面白くなくなるよ!」と叱咤しているのである。

まあ、私から言わせると、少なくとも有権者の5%くらいの国民はバカであり、だからこそ立憲民主党はいまだに存続しているのである。バカがいるからこそ、民主党の政権奪取が可能だったのである。

経済が不安定になっても平気なマスコミやコメンテーターの「一度民主党にやらせてみよう」「自民党にお灸をすえよう」などというプロパガンダに乗り、民主党に投票し、政治的にも経済的にもガタガタになってようやく「こんなにひどいとは思わなかった」と気が付いたのである。バカとしか言いようがないではないか。

鳩山由紀夫の顔がドーンと表紙になった当時の民主党マニフェストを私はいまだに覚えている。すぐにネットでダウンロードして読んだのだ。

あの見せ方だけがうまいうさん臭いマニフェストを見て、私は「こんなのに騙されるほど国民はバカじゃないぞ」と腹を立てた。私は、見せ方だけがうまい嘘つきのコピーライターだから、ひと目見るだけでそれがわかったのだ。おっ、同業者の仕事やんけ。

だが、あなた、驚いたことに民主党は政権を奪取した。聞いてみると私の回りでも、民主党に投票したやつが大勢いたのである。

「一度、やらせてみてもええやんか」とその一人は言った。もう、頭のなかにプロパガンダが刷り込まれているのである。

「お前なあ、例えばカメラマンを外注するとして、実績も経験もないやつに発注するんか? 大事な仕事ほど、これまで付き合いのあるきちんとした奴に頼むやろ。今、日本は、結構大変な状況なんやで。ここでヘタ打ったら、わしらみたいなフリーランスは消し飛んでしまうんやで。それ、わかってて投票したんか?」

もちろん、自民党にもバカはいる。私が好きな維新にもバカはいる。バカは、どこにでもいるのだ。

しかし、それにしても、今回の「#宇都宮」はひどすぎる。大人のやることではない。しかも、宇都宮さんは、圧倒的な差で敗北したのだ。いったい何の意味があったのか。単に立憲民主党の評判を下げただけではないか。

野党がやるべきは、自民党が出せないような政策を出すことだけである。それを通じて、「お、この政策はええんとちゃうん」「これやったらやらせてみたいな」と国民に思わせることだけである。それ以外にはないと言っても過言ではない。与党の監視も必要だろうが、せめて時間の7割は日本をよくするための政策作りに使っていただきたい。

ハッシュタグ宇都宮? こんな姑息な手法は、自分を貶めるだけなのだ。

 

黒人の命が大切なのは当たり前だが、今の状況を見るに「黒人至上主義」という印象だ。怖さを併せ持つ気持ち悪い状況である。

f:id:b9q:20200629133901j:plain

久しぶりの更新である。もちろん当ブログには来訪者はほとんどいないから、問題はないだろう。

別に卑下しているわけではない。事実を述べているだけだ。私は、人気がないのをごまかして、「更新が遅れて申し訳ありませんでした」などとヌケヌケと書き、いかにも多くの人に待たれているブログであるかのような振りはしないのである。

更新しなかったのは、読書とゲームに忙しかったからだ。あと、例によってAmazonプライムで映画やアニメを見ていた。

ずらずら紹介すると、読んだ本で印象深かったのはロバート・ベイリーの「ザ・プロフェッサー」と「黒と白のはざま」、アレン・エスケンスの「償いの雪が降る」である。謎解きでアッと驚かせるわけではなく、ほぼ想定内の筋書きなのだが、なかなか読ませる作品なのだ。

特に「黒と白のはざま」は、黒人差別がメインテーマである。映画などでもよく見る、白いフードとローブ姿のKKK団も出てくる。今まさにアメリカは、黒人差別に対するデモでひっくり返っているわけで、その点からも興味深く読めた。

たいていの人は面白く読めるだろう。もし、面白くなかったという人は地底人に違いないので、早く地底に帰りたまえ。ただし、これから読もうという人は、第一作の「ザ・プロフェッサー」から読むように。連作である。

さて、ここで「BLACK LIVES MATTER」について書いておこう。

正直言って、黒人差別に対するデモは気持ち悪い。北朝鮮独裁制や中国の共産主義にも似た、恐怖を伴った気持ちの悪さである。オウム真理教をはじめとする集団にも似ている。

奴隷ビジネスで稼いだ連中の銅像を引き倒すこと自体アホかと思ったのだが、アフリカ系米国人活動家、ショーン・キング氏などは、「イエス・キリストのものだとされている欧州の白人の像は倒すべきだと思う。あのような像は白人優越主義の一つの形だ。常にそうだった」と言いだし、これなどアホを通り越してキチガイである。

また、「風と共に去りぬ」などの過去の映画にまでイチャモンを付けだした。ここまでくると、「はいはい、わかりました~。だったらヒーローは、全員黒人にして、悪人は全員白人にしたらええやんか」と言いたくなるのである。

警察官のモチベーションは当然のことながら下がっているらしい。黒人差別デモの警備に当たっていた警察官が射殺された事件もあったそうで、だが、そんなニュースは日本のテレビでは流れないのである。「POLICE LIVES MATTER」と言ってあげたい気がするのだ。

さっさと警察官など辞めて、民間の警備会社や軍にでも行った方がいいのではないか。残った警察官も、「えっ、犯人は黒人!? じゃあ、我々は出動しません。犯人とは言え黒人です。万一、殺してはいけないので、あとは地域住民で何とかしてください。ああ、そうだ。アンティファの皆さんに頼んだらどうですか?」と言っておけばいいのである。

これからアメリカという国は、黒人にとって天国のような国になるのではないか。黒人であれば、犯罪を犯しても無罪放免になったり、白人女性をレイプしても許される時代が来るのかも知れない。現に、フロリダのウォルマートでは、何百人もの略奪者に襲われているのだ。そして、その多くが黒人なのだ。

まあ、これまで白人が黒人にやってきたことから考えると、そんな黒人至上主義が100年くらい続いてもプラマイゼロだろうか。今度の選挙でトランプ大統領が負ければ、そんな時代の幕が開くのかも知れない。

いやあ、怖いけど、ちょっと面白いね。

 

れいわ新選組の山本太郎代表、都知事選に御出馬。麒麟は来るのか!?

f:id:b9q:20190411103639j:plain

申し訳ない。

れいわ新選組山本太郎代表というと、ちょっと頭がおかしい人というイメージがあった。だが、前の選挙で重度の身障者を担ぎ上げた時点で、私は、そのイメージを修正したのだ。あそこまでの思い切りは、なかなかできるものではない。

少なくとも元アイドルを候補に立てた立憲民主党などよりは、正しい戦略が取れる男である。さらに彼らを当選させることで、国会という場のユニバーサルデザイン化の一助にもなった。立憲民主党が推した元アイドルなど、客寄せパンダの役割すら果たせなかったのだ。

で、今度の都知事選に山本太郎代表は立候補するのだが、その打ち上げた公約が「東京五輪の中止」である。さらに、すべての東京都民にコロナ対策として10万円の給付。全事業者に100万円を迅速に給付するとしている。

いや、あなた。

これは、重度身障者を候補に担ぎ上げるのと同じくらい、正しい戦略と言える。本命の小池都知事は強敵である。生半可な公約では、太刀打ちできないのだ。戦略的には、「東京五輪中止」しかないと言っても過言ではない。まあ、日本側から「中止しまっさ」と気軽に決められはしないのだが、今の時点で考えられる一番大きな争点であることは確かだ。

もちろん、東京五輪を楽しみにしている人は多いだろう。特に出場を目指すアスリートはなおさらだ。だが、一般人は五輪には出ない。そして、誰もが五輪を心待ちにしているわけではないのだ。

そう言えば、この間、朝日新聞に載っていたのだが、「多くの人が東京五輪を望んでいない」というデータがあった。詳しく覚えていないのだが、過半数がそうだったのではないか。意外なほど多かったのである。

私自身、ああいうお祭り騒ぎは嫌いであり、特にIOCなどという組織は大嫌いだ。できれば組織自体を解散させ、もう一度、一からオリンピックを再構築すべきではないかと思っている。WHOと一緒に、解体すればいいのではないか。いや、もう国連そのものを解体していただきたい。

と言うわけで、山本太郎代表にお願いする。

公約の一つに「国連をぶっ壊す!」も入れていただきたい。そうすれば私は、山本太郎代表を応援するのである。まあ、東京都民ではないのだが。

ちなみに立憲民主党は、山本太郎代表の立候補には反対らしい。こんな記事があった。

「山本氏と宇都宮氏の支持層はかぶるとの分析があり、立民などは野党支持票が割れることを強く警戒。山本氏の出馬には批判的な声がある」

いやいやいや。

山本太郎代表が立候補しなくても、立憲民主党が推す人間は惨敗する。これは、すでに決定事項と言っても過言ではない。当たり前ではないか。小池都知事の圧倒的有利は変わらないのである。それが見えてないから立憲民主党なのだ。馬鹿たれめ。

山本太郎代表の立候補によって、今度の都知事選は、少しだけ面白くなった。選挙は面白いのが何よりであり、その意味でも山本太郎代表の御出馬は正しいのである。