だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

アニメ版「進撃の巨人」を見てからの実写版は、できれば「進撃の巨乳」であってほしかった。

f:id:b9q:20210508161211j:plain

いやあ、申し訳ない。

進撃の巨人」のことを馬鹿にしていて申し訳なかった。いや、実は、漫画もアニメも見ていなかったのだ。チラッと見て「なんじゃい、この下手くそな絵は」などと呆れ、それ以降、興味の対象から外れていたのである。

そう言えば、漫画の「寄生獣」もそうだった。あれも「なんじゃい、この下手くそな絵は」などと呆れ、その後たまたま読んで面白かったので全巻購入したのである。今では、何度も読み返しているほど好きな作品となった。

今回は、Amazonでアニメ版の「進撃の巨人」が見放題になっていて、「まあ、ヒマだし見てやるか」などとふんぞり返って見てみたんだが、途中で思わず正座したのである。いやあ、申し訳なかった。いや、申し訳ございませんでしたと土下座したいほどである。

やはり先入観はいけない。ババロアがウンコみたいな名前だからと言って食べないのと同様、非常に愚かなことなのだ。

アニメ版「進撃の巨人」は、傑作だった。よくできたアニメでも原作よりは落ちることが多いので、おそらく漫画版の「進撃の巨人」は大傑作なのだろう。いずれ全巻購入して読ませていただくのである。

さて、私はゾンビ映画が大好きなのだが、かつてこんなことを考えたことがある。

うーむ。ゾンビが速く走ったり知能を有したり、随分と様変わりしたものだ。まあ、それもやむを得まい。マンネリは、死そのものだからな。だが、これからもゾンビ映画を作り続けるのなら、もっと新しいゾンビが必要だろう。斬新なゾンビが必要なのだ。……そうだ。例えば、ゾンビが巨大化するというアイデアはどうだろう。

私は、巨大化したゾンビを頭の中に思い浮かべた。

うーむ。これではゾンビものに不可欠な恐怖感が生まれないな。巨大であれば、所在ははっきりしている。ドアを開けた瞬間、人間を食うゾンビがいて、こちらをゆっくり振り返るなどと言う演出は不可能だ。そもそも巨大なゾンビなど強すぎるではないか。3メートルのゾンビの頭を破壊するのは至難の業だ。バール程度じゃ無理だな。人間に勝ち目はない。勝つ可能性があるからドラマになるのである。無理だ。

などと考えて、結局、巨大ゾンビのアイデアは断念したのだが、これは単純に私の才能のなさによるものだった。巨大ゾンビの問題点は「進撃の巨人」によって解決され、素晴らしい作品となって誕生したのである。

私に足りない問題点は歴史観だった。構成力も文章力も足りないが、一番足りないのは歴史観なのだ。ああ、こんなことなら歴史の時間にSFマガジンを読むのをやめておくんだった。

単純にゾンビが巨大化しただけでは、物語にはならない。巨大化したゾンビと長い時間をかけて戦い、生き延びることで闘う術を手に入れ、知恵を蓄積し、そうした歴史があってはじめて物語は誕生するのである。「進撃の巨人」は、そこに戦争やら革命、さらには人種差別や歴史捏造や子供への洗脳など、様々なテーマが盛り込まれているのだ。

いやあ、よくもまあここまで緻密な歴史を、ここまで面白く作り上げたものだ。さらにファイナルシーズンでは、舞台が入れ替わる。物語は複雑化し、登場人物も一気に増える。私などは、二回見てもよくわからないのである。

76話以降は、今冬に放送予定である。まだちょっと先なのだ。

仕方がないのでアニメ版に続いて実写版の「進撃の巨人」を見たのだが、いや、これはひどい。有名なセリフを無理やり入れ込んだ場面が多く、完全に演技が浮いている。セリフが重ければ重いほど滑稽さは増し、これはちょっと恥ずかしいのだ。アニメだから成立するセリフや演出というものもあるのだ。

ちなみに立体機動の描写は失敗だろう。アニメと比べるのはかわいそうだが、あのスピード感があってはじめて「あれえ? この仕組じゃ無理なんじゃないの」という疑問を抑えつけることができる。私は画面を見ながら、湯川博士のように頭の中で数式を思い浮かべ、「うむ、あの動きは物理学的にも人体工学的にも無理だな」とつぶやいたのである。まあ、嘘だけど。

意外なことに巨人(小さい方)の出来はなかなかよかった。ただし私としては、もっと巨乳の巨人を出せと言いたい。最後の方の場面で巨乳の巨人が出てきたのだが、あと30体は出していただきたい。ただ、巨人に乳首はないらしいので、ちょっと残念である。

ミカサ役の女優の顔は、正直私の好みからは大きく外れるのだが、どちらかというと巨人顔であり、私はいずれあの子が進撃の巨乳になるのではないかと期待していたのだ。残念ながらそれはなかった。映画館で見ていれば「金返せ」と叫ぶところだろう。

さて、ゾンビ映画で一番ワクワクするのは、ゾンビ化がはじまる最初の部分である。人々は恐怖に襲われ、世界はパニックで満ち溢れる。その混乱が面白い。

したがって「進撃の巨人」を映画化するなら、私としては巨人化がはじまった時代をじっくりと描いてほしかった。舞台は、もちろん日本である。エレンなどという洒落た名前は必要ない。花子さんや一郎くんでいいのだ。

実写版の後編で、ちらりとそんな場面が出てくる。コンビニでおっさんや女子高生が突然巨人化するシーンがあり、これはゾンビ化に匹敵する怖さなのではないか。私がじっくりと見たいのはまさにそういった世界なのだ。

実写版「進撃の巨人」は、アニメ版「進撃の巨人」という傑作にかなわなかった。話題性があるだけに、「やっぱり邦画はだめだね」という評価が増えてしまうわけで、「ガッチャマン」や「デビルマン」の教訓が生かされていないわけである。ろくに邦画を見ていない連中のネタになってしまうのは、極めて残念!

最後に私がおすすめする進撃の巨乳を紹介しておこう。乳首をつけてくれと声を大にして言いたい。

f:id:b9q:20210508161237j:plain



 

 

「紀州のドン・ファン」は、正確に言うと「8割引きドン・ファン」ではないか?

f:id:b9q:20210429092426j:plain

あのね、皆さん。

紀州ドン・ファン」とか「伝説のプレイボーイ」などと自称していた爺さんが殺された事件が話題になってますが、ちょっと待ったらんかいと思うのです。

「金持ちに対する嫉妬だ」とそしりを受けることを承知で書きますが、あんなの単に金を使って女に相手をしてもらっていただけの下品な男に過ぎません。趣味も悪いし器も小さい。もちろん金を稼ぐ能力はたいしたものなのでしょうが、まあ、それだけです。

そもそも作品中のドン・ファンは、貴族であり美男であった。その点だけでも、あの爺さんとはまるで違う。貴族の娘を誘惑し、その父親を殺したというから、大藪春彦の作品に出てくる登場人物とだぶる部分がある。金にあかして女を買い、それを自慢げに吹聴するような下品な人間とは違うのであります。多くの文学作品にドン・ファンは登場しているが、いずれも「美男」であり、だからこそ成立するドラマだったのです。軽々しく「ドン・ファン」を名乗るな、と言いたい。

まあ、今注目されているのは、その爺さんを殺したとして逮捕された元妻の方ですがね。そして、あの元妻にしても、私は納得がいかないのですよ。

何が納得いかないかと言うと、まず、週刊誌が書くような「美女」ではないという点です。何と言っても顔がおかしい。鼻が大きすぎるし長すぎる。そのせいで鼻の下が短くバランスの悪い顔となっている。目も小さい。髪の毛でごまかしているが、あれは、週刊誌に書かれているような「美女」では断じてないわけです。「美女風」ではあるが、美女ではない。

そもそも、「死んだら私にお金が入るの」と初対面の人間に訊いたという点もおかしい。普通の人はそんなことは訊きません。たとえ、心の中では思っていても決して口には出さない。つまり、頭が悪いんです。育ちが悪いのかも知れない。爺さんと同様、下品な人間なんでしょう。思わず訊いちゃったんですよ、下品だから。

そんな下品な連中が殺されたり殺したりしても、私はどうだっていいんです。下品同士で勝手にやってればいいんです。

私が言いたいのは、4,000人の美女を抱いたなどと書かれていることに対し、少なくとも最後の一人は美女じゃなかったということです。顔も変だし、頭も悪いし、性格も悪い。たとえ4,000人の美女を抱いたって、最後の一人がこんなのじゃ、いい笑いものですよ。殺されて、恥をさらしただけの人生です。

そう言えば、ドン・ファンの大元となった作品「セビーリャの色事師と石の招客」では、回りの人たちの忠告にも関わらず主人公は放蕩を続け、その結果、戯れに宴会に招いた石像の幽霊に地獄に引き込まれることとなる。石像の幽霊は、元妻といったところでしょうか。その点は、原作に忠実であるわけで、まあ、「8割り引きドン・ファン」くらいなら名乗ってもいいのかもしれません。

金を稼ぐ能力がこれほど高くなければ、こんな哀れで寂しい最後を迎えることはなかったんでしょうな。過ぎたるは及ばざるがごとし。薬も過ぎれば毒となる。英語で言うと、Too much can be as bad as too little(多過ぎは少な過ぎと同じくらい悪い)である。

そう考えつつ、私は「せめてエロ本くらいは心置きなく買えるくらいには稼がなきゃな」と自分に言い聞かせたのであります。

 

馬鹿にされ続けてきた一体型デスクトップパソコン。あるいは、中華製ThinkPadの憂鬱。

f:id:b9q:20210408071836j:plain

 

昔から一体型デスクトップパソコンは、馬鹿にされてきた。

「情弱のアホやろ。モニター部分が壊れたら、本体も棄てるんか」「あんなのジジイの家電やんけ」「性能低いし拡張性もない。しかもぼったくり価格や」「使ってるのはハゲだけや」「ポンポコピー」などとボロカスに言われるのである。

私も一体型デスクトップパソコンは買ったことがない。iMacは二台買ったが、あれは、まあ別枠だからな。ギリギリセーフである。

私の場合は、ノートパソコンがメインだ。元々IBMThinkPadが大好きで、IBMが中国のLenovoに身売りしてからもThinkPadを使い続けている。中国は嫌いな国だが、黒の筐体に赤のポッチがなくては気分が乗らないのだ。勝負パンツと同じである。いや、ちょっと違うか。

ところが最近、私は自分の選択に疑問を感じだしたのだ。

ノートパソコンでありながら、完全な据え置き機なのだ。バッテリーを外して電源コードをつなぎ、キーボードもマウスも外付けだ。持ち運んだことは一度もないのである。そもそも書斎以外では、パソコンは使わない。他人がいる場所では、文章が書けない特異体質なのである。クレオパトラ似の妻だって例外ではないから、リビングで使ったりもしないのだ。

だったら、あなた。デスクトップパソコンでいいのではないか。

それが論理的帰結に思えて、Amazonでデスクトップパソコンを検索してみた。自宅のパソコンは、24インチのモニターを増設しているからタワー型のPCでもいいのだが、それではモニターが一つになってしまう。私の場合は、やたら資料を広げて使うから、モニターは二つ欲しい。となるとやっぱり選択肢は一体型デスクトップパソコンなのだ。

近所の家電量販店でもたまに見ていたのだが、一体型デスクトップパソコンは、ぼったくり以外の何ものでもない。Celeronで18万円とかの値段が付いていて、ああいうことをやるから客がAmazonに逃げるのだ。まあ、買うやつがいるから売るのだろうが。

Amazonでは、Core i7で5万円台の製品を見つけたのだが知らないメーカーである。おそらく中華製だろう。調べてみると第3世代のCore i7だった。「超高速」などとレビューの評価は高いのだが、さすがに第3世代じゃなあ。とりあえず却下である。

私が注目したのはLenovoの製品(上の写真参考)で62,000円(クーポン使用)だ。CPUはRyzen5で256GBのSSDに1TBのHDDが付いている。デザインも悪くはないし、今時のパソコンらしくベゼルも狭い。まあまあいいのではないか。欠点は中華製という点くらいである。よし、あとは現物を見るだけだな。

近所の家電店で探してみると、同じ機種があった。ところがかなり格落ちのCPUとSSDを省いたモデルであり、それでいながら価格はなんと約10万円だった。1TBとは言え、いまどきHDDのみのパソコンを売るというのはこれは客を騙すための製品としか思えない。おそらく量販店が「いや、こんな性能のええやつはいらんのですわ。SSDもいりまへん。その代わり仕入れ値を安してえな」とでも言ってLenovoに発注したのだろう。これこそ情弱用の一体型デスクトップパソコンなのだ。

Amazonならこれの上位機種が62,000円だぞ。小島君、恥を知りなさいっ」などとと大声で叫びたい気持ちを抑えつつ家に帰り、よし、ポチるぞなどと自分に言い聞かせながらパソコンに向かったのだが、結局、まだ買っていない。

私のThinkPadは、随分と古いCore i5なのだが、この間、500GBのSSDに換装したばかりである。少々立ち上がりが遅いが、使っていてまったく不満はないのだ。何より私はThinkPadを使い続けて30年のThinkPad男である。一体型デスクトップパソコンを買えば、今使っているThinkPadはデスクから去ることになるのだ。

それは、無理だ。それは裏切り行為である。

私は中国があるであろう方向にむかって、「だが、言っておくぞ、習近平くん。私はThinkPadのファンであって、Lenovoのファンじゃないのだよ。つけ上がるんじゃないっ」と叫んだのだった。

 

 

「よくやった」と思わず喜んだ、北朝鮮の五輪不参加。

f:id:b9q:20210407104610j:plain

北朝鮮が五輪不参加を表明した。

私としては、「祝 北朝鮮五輪不参加」と家の玄関にのぼりを立て、近所中に赤飯を配りたいくらいめでたい話だと思う。日本人を拉致しといて、その国家的犯罪がバレてからも、それを政治的なカードとして利用するなどまさにクズとしか言いようのない行為だ。

そんな国を「ようお越し」と東京オリンピックに迎えることなどできるものか。「シッシッ」と追い払うべきなのだ。政府としては、「北朝鮮? ああ、そんな国、ありましたよね。で、それが何か」とでも言っとけばいいのである。少しでも慌てた様子を見せれば、つけ上がるだけだ。

韓国のメディアは、拉致被害者突破口を探っていた菅氏にも打撃か」などと書いているのだが、何を言っておるのか。そんなことを言うから世界中から馬鹿にされるのだ。

そもそも北朝鮮は、拉致被害者を利用することしか考えていない。優位に立つための単なるカードなのである。むしろ解決したら困るのだ。解決しないまま、ずーっと日本を食い物にしたいのである。その点は韓国の慰安婦と同様であり、構図はまったく一緒。やっぱり同じ朝鮮族だねと感心するのである。

従って、たとえ北朝鮮と話し合っても拉致問題は解決しない。千回話し合っても解決しない。東京オリンピックが「拉致被害者突破口」になる? アホか。解決の糸口があるとすれば、外部からの強攻策以外で言うと、今のところ金正恩体勢の内部崩壊しかないのだ。そんなこと当たり前ではないか。

まあ、韓国のムン大統領は心底ガックリしているだろう。その様子を想像すると思わず笑えてくるのである。「わし、北朝鮮の味方やのに、なんでこんなに嫌われるんや」と呆然とした姿が目に浮かぶ。

金でノーベル平和賞を買った金大中大統領のように、ノーベル平和賞をもらうことを第一目標としていた彼の野望は、ここに潰えたのだ。あとは、任期終了後、逮捕されて終身刑になるのを回避することに尽力すべきだろう。

私としては、「よくやったぞ、北朝鮮」とほめてやりたい。まあ、私は実は、オリンピッグも万博も反対派だから、どちらでもいいんだけど。東京オリンピックが中止になる可能性もまだあるしな。一寸先は闇。無情の風は時を選ばず。英語で言えば、The future is a closed bookである。未来は、閉じられた本なのだ。

 

報ステCMが炎上し、それに呼応した記事が飛び交う中、「三谷幸喜のありふれた生活」は演じた新人女優に寄り添う内容で、いやあ、ホッとした。

f:id:b9q:20210402081047j:plain

大きな声では言えないのだが、私は朝日新聞購読者である。おそらく近所でも「あの家は朝日新聞ヒソヒソ」などと噂されているのだろう。非国民まったなし。鬼畜米英、来るなら来い来い赤とんぼである。

ただ、朝日新聞にもいい点があって、それは例えば木曜の夕刊に連載されている三谷幸喜のありふれた生活」というコラムである。これは、まあまあ面白い。私は彼のファンではないのだが、それでも読むに値するコラムだ。

特に、4月1日のは良かった。ネタは、報道ステーションのWeb用CMの炎上についてだ。

私は見てないので何とも言えないのだが、炎上のニュースはネットで読んだ。CMを見ようとしたのだが、YouTubeのも見れなくなっていて悔しいのである。

CMをざっくり説明すると女性が出てきて「どっかの政治家が『ジェンダー平等』とかって今、スローガン的に掲げてる時点で、何それ、時代遅れって感じ」と言うんだそうだ。私はそれを読んで、すぐに蓮舫さんと辻元清美さんの顔が浮かび、「ああ、確かに」と頷いたのだが、世間の人は逆上したらしい。色んな人が批判している。

正直、私はなぜ炎上したのかがわからない。怒るとすれば蓮舫さんと辻元清美さんくらいではないか。ああ、福島みずほさんもいるな。「女性蔑視」と怒っている人がいるらしいのだが、ニュースを読んで感じたのは「政治家蔑視」である。報ステがいつもの調子で、自民党に底の浅い批判をしただけに思えた。それともCMに出てきた女性に対する演出が、フェミニストが怒り狂うほどアホっぽいものだったのだろうか。見てないから分からんけど。

まあ、キャッチフレーズが「こいつ報ステみてるな」という極めてクサいものであることからしても、CMとしての出来は低いと思われる。こんな自画自賛をしてよく恥ずかしくないものだと呆れかえるのである。そう言えば、退職したくせに「元朝日新聞記者」などとブログの紹介で書いたりする人も多く、報道関係の人は自分の職業に誇りを持ちすぎているのかもしれない。

で、ここからが本題だ。「ほお」と感心したのが朝日新聞に連載されている三谷幸喜のありふれた生活」である。

彼は、報道ステーションのCMの炎上を取り上げた。視点は、CMに登場した女優(おそらく新人)である。コラムの一部を抜き出してみよう。

▼問題は内容にあったわけだが撮影現場のことを思うと、演じた女優さんが気の毒で仕方がない。(中略)局の看板番組のCMに抜擢され、彼女は全身全霊を懸けて頑張った。その結果がこれでは、あまりにかわいそうだ。

三谷幸喜は、彼女が見せた演技の難しさを丁寧に説明し、それをやり遂げた彼女を賞賛する。そして、最後はこう締めている。

▼CMは終わってしまったけど、僕らはあの女優さんの演技をまたどこかで目にするような気がする。それも近い将来。楽しみにしていますね、新人女優さん。

あの三谷幸喜からこう評されたのだから、この女優の未来は明るいのである。炎上してCMが中止になった時には、自分が責められているように感じただろう。落ち込みもしたはずである。だが、災い転じて福となす。雨降って地固まる。英語で言えば、He that stumbles and falls not mends his pace(つまづいても倒れない者は、歩調が早くなる)である。

ああ、朝日新聞を購読していて良かった、と私は3年8ヶ月振りに思ったのだった。