だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

中国とロシアと北朝鮮と、ついでに韓国が攻めてきたらどうするか。万一に備えて、私は、行動マニュアルを作ろうかと思う。

早い話が、日本が攻められたときに自分がどういう行動をとるかという問題である。

逃げるか、戦うか、思考停止に陥って無関心を装うか。中には降伏して命を助けてもらおう、という人もいるだろう。ウクライナの人たちは随分と愛国心が強いようだが、あれは過去においてロシアにとんでもなくヒドい目にあわされたため、またあんな目に遭うのなら死んだ方がマシだという意味で団結しているのだという意見もある。食べ物を奪われ、多くの人が餓死したという経験もあるらしい。

まあ、ロシア人にもかつてレニングラード包囲戦で65万人~100万人以上戦死(ほとんどが餓死)したという経験もあるのだが、だからといって「ウクライナ国民を助けよう」とはならないのが人間の佐賀というものである。他人の痛みは感じないのだ。佐賀県の人は反省していただきたい。

ウクライナ人のような愛国心が日本人にはないとお嘆きの方がいるかもしれないが、そもそも歴史が違うのだ。今の日本人にはなくて当たり前である。特にリベラルな人などは「頭の中がお花畑」などと揶揄されているが、そういう環境の中で育ったのだから仕方がないのである。

ただ、前に芸人が「敵が攻めてきたら、酒を酌み交わして話し合う。尖閣諸島もあげればいい」などと言っていたが、ロシアのウクライナ侵攻を見る限り、それは現実離れした話である。「やあ」と手を上げた瞬間に撃ち殺されるのだ。いや、それならまだいい。多くの犠牲者は、住居にミサイルを撃ち込まれて知らないうちに死んでいるのである。

私は、一文無しになったらどう生きるかというシミュレーションを若いときからよくやっていて、町内の野宿マップなども作ったりしたのだが、これからは中国やロシアに攻め込まれたときには、どう行動するか、どこに逃げるかなどのマニュアルを作っておいた方がいいのではないか。地震津波に対する避難マップも大切だが、有事の際のマニュアルも大事だと思う。国民総兵士である永世中立国スイスを見習おうではないか。

ミサイルを打ち込まれても平気なシェルターも各所に作っておいた方がいい。ただし、今、民間ではやっている家庭用シェルターではなく、軍事基地としても活用できる本格的なシェルターである。

考えてみれば、日本は、近隣に中国とロシアという共産主義という名の独裁国家があり、金正恩という狂人が君臨する北朝鮮があり、さらには法治国家とはとても言えない韓国という反日国があり、しかもその内の三カ国は核兵器保有しているのである。

戦争になりやすい条件が揃っているのだ。

もし、日米安保がなければ、そして日本の自衛隊が精強でなければ、とっくに中国やロシアに占領されているだろう。今頃、中国領日本自治区になっているに違いない。小学校の朝礼では、習近平の写真に一礼し、1時間目は毛沢東語録なのである。給食は、毎日ラーメンなのだ。いや、それはないか。聞くところによると中国の給食は、たまに腐った肉や野菜が出てくるらしく、まだラーメンならマシな方だろう。

民主国家なら「我が子を戦争にやれるものか」と軽々に戦争には踏み切らないと思うのだが、共産主義国にはそんなものは期待できない。韓国だって小さい子供に「日本人を虐殺する絵を描きましょう」などとやっていた国であり、とても民主国家とは言えない連中なのだ。質の低いポピュリズム。愚民独裁制である。感情にまかせて「今こそ積年の恨みを晴らすのだ」と攻め込んできても不思議ではない。

私の場合はもういつ死んでもいいような年寄りなのだが、それでも殺されるのはご免である。特に外国人に殺されるなど、絶対にイヤである。

日本に攻めてきた中国人民軍が私の家に入り込み、テレビ(中国製)やパソコン(中国製)を略奪しようとして、「なんじゃい、中国製ばっかりやんけ」と頭を半分吹き飛ばされて床に倒れる私の死体を指さして笑っているなど、断固としてイヤなのである。せめてテレビはソニーにしておくべきだったと、少し後悔しているのだ。

 

 

大幸薬品の「クレベリン」が違反商品? さもありなん。ラッパのマークの正露丸を捨てた私の判断は、正しかったようだな。

正直に言うと、私はウンコを漏らしたことがある。小学生の時だ。

その後、腹痛には極めて敏感になり、少しでも兆しがあればすぐにトイレに駆け込むようになった。私は、失敗を反省し、改善することができる人間なのだ。

従って私がラッパのマークの正露丸を愛用したことがあっても非難されることはないだろう。ウンコを漏らすという極めて大きなトラウマを抱える人間にとって、正露丸こそ頼みの綱。一条の光。奇跡の万能薬なのである。

ところが、あなた。

実は、正露丸というのは、元々戦場で「ほれ、これから突撃せんかい。ロシア兵の機銃なんか気にすんな。とっとと死んでこい」と命令され、「いや、ちょっと腹痛が」などとためらっていると「そんな時には正露丸や」と飲んでいた薬なのだという。

つまりは、腹痛を麻痺させて痛みを感じなくさせるものだったらしい。痛みの根源をなんとかしてくれる薬ではなかったのだ。

ネットで調べてみると、こんな情報があった。

正露丸の作用は、その毒性の発現用量で現れる。すなわち腸管運動が神経毒によりマヒして下痢が止まり、知覚神経が神経毒により解離して腹痛を感じなくなる。虫歯に詰めると痛みがなくなるのも同じ原理である】

もちろんネットの情報だから、どこまで正しいかはわからない。当然のごとく販売元である大幸薬品も「正露丸の真実 木クレオソートの誤解」という情報を出している。

だが、それを読んでも「クレオソートには医薬品と防腐剤の2種類がある」とか「発がん性はない」とかの点は納得できても、「腹痛を麻痺させる」という点においてはよくわからないのである。「過剰なぜん動運動を正常に戻す」「腸の過剰な水分分泌を抑制して、腸内の水分を調節する」と言われても、それが「腹痛の麻痺」につながるのかどうかは素人にはわからないのである。

私は、腹痛は身体が「調子悪いでっせ」と伝えようとするサインだと判断し、腹痛を腹痛として受け入れることにした。そして、まだ7粒残っていたラッパのマークの正露丸を捨てたのである。

まあ、私の場合は、「もしウンコを漏らしたら」という恐怖からくる強迫神経症的な服用だったのだと思う。転ばぬ先の杖、予防は治療に勝る、英語で言えばBetter safe than sorryである。言ってみれば、ウンコを漏らさないためのお守りだったのだ。もしくはプラシーボ効果だったのかもしれない。

今は、ラッパのマークの正露丸の呪縛から解かれ、正露丸を不要とする身体に生まれ変わったのだ。めでたしめでたし。

さて、ここからが本題だ。

コロナ禍が広がる中、その大幸薬品「クレベリン」という製品を発売した。「99%殺菌」やら「空間除菌」やら「医師が推薦」などの売り文句で、随分と販売していたようだ。箔を付けるためなのか、勝手に医療施設に送りつけ問題になったりもしていた。

空気清浄機や除菌剤は「空気は見えない」という性質から企業のデータを信じるしかないないのであるが、大幸薬品に関してはそのデータが元々うさんくさかった。

当然、消費者庁も広告には根拠がないとして再発防止命令を出したのだが、大幸薬品は命令の差し止めを求めて法廷で争っていたのである。もう、見苦しいとしか言いようがない。こんな情けない企業の薬を長年使い続けてきたのかと思うと、恥ずかしい限りである。

そして、5月3日、ついに大幸薬品はホームページ上で声明を発表したのだ。「あたかも使用すれば室内空間に浮遊するウイルスや菌が除去される効果が得られるかのように示していた」ことを認め、「一般消費者に対し実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものでした」と謝罪したのである。サイトからクレベリンは消えていないが、効果などの項目はすべて消され、「二酸化塩素分子のチカラ」と訳のわからない文言が載っているだけだ。

おもしろいのは、この発表を受けて、担当者が「新しいパッケージにして商品の販売は継続する。これまでの商品の返品は受け付けない」と語っていることだ。すでに効果がないと自ら認めた製品を、まだ売り続けるつもりなのである。盗人猛々しいとはこのことだ。

まあ、理解はできる。

大幸薬品は、コロナウイルス感染拡大を受けてクレベリンの増産に踏み切ったのだが、現在需要が急減。2021年12月期連結決算では純損益が95億円の赤字なんだそうだ。こういうズルい企業にはふさわしい顛末である。

ちなみにラッパのマークの正露丸を飲むのをやめた私であるが、飲んでいた頃に比べ、むしろ腹痛の頻度が減ったような気がする。正露丸を飲むのをやめて以降、ウンコを漏らしたことは一度もない。

 

岸田内閣はダメだね。それに比べて、ムン大統領は偉大である。これほど日韓関係を悪化させたのは実にお見事。これまでお疲れ様でした。

次期韓国大統領が派遣した代表団に岸田総理が会ったとかで随分と非難する人が多いようだ。馬鹿、アホ、間抜け、ポンポコピーとひどいものである。実は、私も同じ考えである。

私が大好きなムン大統領がまだ在任中なのに、なにを失礼なことをしとんじゃ~っ、と怒り心頭に発しているのだ。新しい韓国大統領の名前など知りたくもなく、まだ覚えていないのだが、やはり韓国人らしく常識を知らないのである。そして、それは岸田総理も同様だ。

そもそも安部元総理や菅前総理が「ボールは韓国にあるからね。そっちで解決策を考えてね」と言い続けて簡単な会談すら避けていたのに、なぜ総理自らが何の価値もない代表団に会ってしまったのか。ムン大統領に対する失礼とかいう以前に、さっぱり意味がわからないのだ。もしかして、岸田総理って真性のアホなのか。おそらく親韓でリベラルなのだろうが、それなら石破と一緒に立憲民主党へ行け、と思う。

まあ、さすがに非難の声は届いたようで、新大統領の就任式には出席しないらしいのだが、「岸田総理、与しやすし」との印象を与えたのは確かだろう。非難する声がなければ、必ず就任式にも出席したはずだ。行きたくて仕方がなかったはずだ。それが見せ場だと勘違いしているのである。頭が良さそうに見えて、実は馬鹿。最悪のケースである。ああ、今後が思いやられる。さっさと岸田総理をおろして、もう一回り安部さんと菅さんの順番でやってくれんかなあ。

今回の代表団のケースは、せいぜい「お会いするとしても就任されてからでいいでしょう」くらいにとどめ、会うとしても外務省に今年入省したばかりのペーペーで十分である。いや、外務省に出入りしているヤクルトおばさんでもいいのではないか。韓国でもヤクルトは人気である。

まあ、日本と韓国のアホ共は放っておきましょう。ウクライナ情勢から2国とも取り残され、世界からも取り残されるのである。ああ、いやだいやだ。アホ同士で勝手に握手でもセックスでもしていればよろしい。記事にする価値などないのである。

ちなみにムン大統領、韓国の「ムクゲ大勲章」というのを授与されるんだそうだ。最初ムナゲ大勲章と間違えて、思わず「わしにもくれっ」と思ってしまった。頭髪も薄いが胸毛もないのである。ムクゲ大勲章は、韓国では最高位の勲章らしい。さらには、自分だけではなく、奥さんにも授与されるのである。

写真を見ると金ぴかである。制作期間は2ヶ月以上。金・銀・ルビー・アメジストなどで飾られ、首からさげるやつや胸に付けるもの、あとは襟章があったりで、ワンセット700万円ほどするんだそうだ。夫婦そろいなら1,400万円である。すごいですな。

さすがは韓国、太っ腹である。まあ、日韓の関係をあれだけ悪化させたという功績があるのだから、授与は当然のことと言えるだろう。岸田総理も韓国に行けば、今回の功績でなにか勲章をもらえるのではないか。ついでに韓国に国籍を移して帰ってこなければいいのに、と思うのである。

 

 

そこの爺さん、万歩計を捨ててスマートウォッチにしよう。そしてXiaomi Mi Band 5のウォッチフェイスBest5

2,900円で買ったXiaomi Mi Band 5であるが、飽きもせずに毎日使っている。そこそこ満足である。

私のような年寄の腕にスマートウォッチなど似合わないだろうが、機能的に言えば万歩計である。健康な若者よりも年寄りにこそふさわしいアイテムだと言えないこともない。ちなみにマンコ計ではないので間違えてはいけない。その発言は、ひんしゅくを買う。

一番の利点はコスパなのだが、細くて腕にはめていても気にならないというのもいい。バンドをはめるのがちょっと面倒なのだが、まあ、充電時以外はずっとはめたままだから面倒なのはたまにだ。

欠点は、やはり小さいことだろう。画面の文字が見えないのである。特にワークアウト時、それぞれの経過時間や距離などがオレンジ色の文字で出るのだが、一番上に表示される時計の文字がやたら小さいのである。いやいやいや、もう少し大きくしとけよと思う。さらにワークアウトに入ると、終了するまで他の画面には戻れないのだ。これは、ちょっと不便である。

睡眠の質をチェックできる機能があるのだが、正確性は足りないのではないか。昨日の睡眠をチェックすると、私が午前0時40分に妖怪に追いかけられる夢を見て目が覚めたことが記録されていなかった。「浅い眠り」となっているのである。それとも目が覚めたと思ったのも夢の内だったのか。まあ、面白い機能ではある。

さて、小さい画面とは言えウォッチフェイスは多彩に揃っている。色々と替えられるのは面白い。時刻がメインで、歩数と心拍、天気、バッテリー残量などが確認できるのだが、小さいがゆえにデザインセンスが問われるのである。ここでは、私が好きなウォッチフェイスを5つ紹介してみよう。

まず、第5位である。「シュタインズ・ゲート」に出てくる牧瀬紅莉栖である。あのアニメは面白かったなあ。「なんだ、中二病の話か」などと馬鹿にしていたら、あのシーンでびっくりして腰を抜かした。このウォッチフェイスは、時計の文字が真空管を使ったそれらしいデザインになっている。まあ、アニメは好きなのだが、この文字盤はあまり使っていない。とりあえずダウンロードしただけだ。日時と歩数が出るようになっている。

第4位は、「エヴァンゲリオン」の惣流アスカラングレーである。アスカは好きだが、あまり使っていない。これも日時と歩数が出る。ちなみに「活動限界」などの文字が入った特徴的なデザインのものもあるが、細かすぎて使いづらい。赤一色のネルフのデザインもあるのだが、こちらは目がチカチカする。テレビシリーズからリアルタイムで見ているアニメだが、いろいろと不満はあるものの、オープニングロールの格好良さは否定できませんな。

第3位は、「ワンピース」のものだ。私はこの作品は漫画もアニメも見たことがないのだが、この文字盤のデザインはよくできている。キャラクターの顔が時々変わるようなのだが、私は全然思い入れがないので確認していない。しかし、海外でもすごい人気のようで、一度読んでみたいのだが、今さらの感があるなあ。おそらく死ぬまで無縁のままなのだろう。

第2位は、「ドラえもん」だ。デザイン的には、この文字盤が何百もある中で一番すぐれているのではないか。日時以外に、天気や歩数、心拍、バッテリー残量などを見ることができる。時刻の配色、時間以外の要素を小さくしてスッキリと見せるなどうまいものである。ただし、ドラえもん好きの女の子の気を引くにはいいだろうが、私のような爺さんがこんなのを使っていると、たぶん気持ち悪いだけだ。使いたいという気持ちを懸命に抑えているのである。

第1位は、ナイキのロゴマークを使ったものだ。私は、普段はこれを使っている。日付と曜日、あとは時間だけだが、このシンプルさがいい。同じデザインで水色のものも見つけたのだが、黄色のほうが印象が強い。たぶん赤もあると思うのだが、今のところ見つけられていない。アディダスもあったのだが、やはりナイキの方が格好いいなあ。

他にもアナログ時計の文字盤もあるのだが、この画面の小ささではあまり意味がないだろう。あとはアニメーションする文字盤もあり、女の子がおっぱいを揺らすようなけしからんものもあった。もちろん、1分ほど眺めた後きちんと削除したのである。

これだけ遊べて2,900円というのは、実にありがたい値段設定である。Xiaomiという中国のメーカーらしいが、中国のくせにたいしたものだ。国家主席くまのプーさんのくせに、これだけの製品を作り出せるとは驚きである。民度が低いくせに(ヘイトにつながりそうなので以下略)

この文章をどれだけの年寄りが読んでいるかわからないのだが、万歩計を持ってウォーキングするなら、スマートウォッチの方がおすすめである。健康習慣の基盤とすることができるアイテムである。私などは、死んだときも腕にはめたまま火葬してもらおうと思っているほどだ。南無阿弥陀

 

電動キックボードが免許不要!? まあ、いいんだけど、一般の歩道を走っている違反者がいれば蹴り飛ばしてもいいという条項を、必ず付けておいてくれたまえ。

危険な時代になったものだ。

道を歩けば、スマホ片手の自転車がフラフラとこちらに突っ込んでくるし、商店街を歩いていてもすごいスピードで電動自転車がすぐそばをすり抜けていく。さらには車道でボーッとしてるとプリウスが音もなく忍び寄ってきてビックリする。

で、こうした危機にさらにもうひとつ加わって、どうやら電動キックボードが免許不要で乗れるようになるらしい。あなたね、こんなことありえんでしょうが~っ。これは、私のあくまで推測かつ偏見であるが、電動キックボードに乗る連中など、民度も知能も低いに決まっておるのです。

いくら「車道を走れ」と言われても、絶対にこいつらは歩道を走りよる。人が多かろうが平気である。むしろそこをすり抜けて面白がるのが電動キックボードに乗るような人種なのである。

絶対に事故は頻発する。死人も出るに違いない。なぜ、こんな無謀な法改正が行われるのか、私にはさっぱり理解できない。

まだ、原付バイクに実技試験がないのは理解できるんですよ。もちろん理屈からすれば、あれは原動機付き自転車ではなく、機構も性能もどう見てもバイクだから、実技試験はあってしかるべき。学科だけで免許を与えるなど愚のコケコッコーである。

おそらく二輪メーカーから「実技を免除してくれたら、政治献金ドバーッですがな。警察の皆さんの天下り先もドバーッですがな。免許センターも潤いまっせ~っ」などと働きかけがあったのだろう。怪しからん話だが、まあ、理解はできる。為政者からすれば損はない。未熟な原付ライダーが死ぬだけだ。

しかし、あなた、電動キックボードが免許不要というのは理解に苦しむ。なんでじゃ。自転車すら無謀運転するやつが後を絶たず、ぶつけられて死亡という事故が起こっているのだ。必ず違反者は出るし、怪我人も出るし、死者も出る。当たり前ではないか。

政界の有力者に電動キックボードのファンでもいるのか。孫に「電動キックボード、免許なしにしてえなあ」などとねだられたのか。法改正に至った経緯をぜひ知りたいのである。

まあ、ヘルメットの着用が「努力義務」というのはいいだろう。ヘルメットなどはする必要はない。転倒して頭を打って死ねばいいのである。自分だけ助かるためにヘルメットをするなど、私は許さないのだ。

右側走行のジジイ。歩道を疾走するUber。横に並んで走行する高校生たち。スマホ片手にフラフラ走る女子大生。これからは、歩道を走る電動キックボードにも気をつけなければならない。

ちょっと長生きしすぎたかなあ、などと思うのである。