だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ニュース

中国とロシアと北朝鮮と、ついでに韓国が攻めてきたらどうするか。万一に備えて、私は、行動マニュアルを作ろうかと思う。

早い話が、日本が攻められたときに自分がどういう行動をとるかという問題である。 逃げるか、戦うか、思考停止に陥って無関心を装うか。中には降伏して命を助けてもらおう、という人もいるだろう。ウクライナの人たちは随分と愛国心が強いようだが、あれは過…

大幸薬品の「クレベリン」が違反商品? さもありなん。ラッパのマークの正露丸を捨てた私の判断は、正しかったようだな。

正直に言うと、私はウンコを漏らしたことがある。小学生の時だ。 その後、腹痛には極めて敏感になり、少しでも兆しがあればすぐにトイレに駆け込むようになった。私は、失敗を反省し、改善することができる人間なのだ。 従って私がラッパのマークの正露丸を…

岸田内閣はダメだね。それに比べて、ムン大統領は偉大である。これほど日韓関係を悪化させたのは実にお見事。これまでお疲れ様でした。

次期韓国大統領が派遣した代表団に岸田総理が会ったとかで随分と非難する人が多いようだ。馬鹿、アホ、間抜け、ポンポコピーとひどいものである。実は、私も同じ考えである。 私が大好きなムン大統領がまだ在任中なのに、なにを失礼なことをしとんじゃ~っ、…

電動キックボードが免許不要!? まあ、いいんだけど、一般の歩道を走っている違反者がいれば蹴り飛ばしてもいいという条項を、必ず付けておいてくれたまえ。

危険な時代になったものだ。 道を歩けば、スマホ片手の自転車がフラフラとこちらに突っ込んでくるし、商店街を歩いていてもすごいスピードで電動自転車がすぐそばをすり抜けていく。さらには車道でボーッとしてるとプリウスが音もなく忍び寄ってきてビックリ…

マーケティング不要論。「え~と、牛丼の大盛り。あ、シャブ抜きでよろしく」

吉野家の取締役が「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言して問題になったようですが、あなたね、マーケティングとかブランディング、あとコンサルティングをやってる人間なんて、まあ、あんなもんです。人間をなめてるんですよ。自分が頭がよ…

ロシアがナチスを撃退した国であることを誇りとするプーチン大統領、皮肉にも自分がヒトラーの後継者となる。

まあ、確かに阪神タイガースの勝率や矢野監督の去就にも興味がある。小室圭の司法試験の再々挑戦や体型の変化にも注目している。だが、やはり今一番関心があるのはウクライナ情勢である。 どうやらロシア政府は日本を敵国と認めたと言うことだし、北海道の権…

ああ、ロシア人。何という民度の低さか。

まあ、私だってね、昔は、鬼畜米英来るなら来い来い赤とんぼなどと唱えながら、竹槍でB29を突き落とそうとしていたわけです。距離がちょっと足りませんでしたが。だから、ロシア人のことを一方的に笑うことはできない。 しかし、ウクライナ侵攻に際して漏れ…

小学館の編集者が立ち読みを注意されてご立腹。ああ、情けない。

小学館の編集のオッサンが6畳程度のスペースの書店で長時間居座り、「立ち読みはやめてくれ」と店主に注意されたら逆上して店主を詰問し、さらにその顛末をTweetしまくったらしい。 まあ、実際にその場にいたわけではないので事実はわからない。だが、怒濤の…

園監督とアクション俳優の坂口氏。謝罪の仕方を間違えてしまう。

不祥事を起こして謝罪する場合、どうしても言い訳が入りがちになる。人間というものは、やはりそれほど潔くはなれないのだ。私などもよく「途中で腹が痛くなりまして」などと言い訳をするのだが、正直に「途中でウンコを漏らしまして」と言うべきなのだ。反…

「ヤジは表現の自由だと認めてくれた」だと!? い~や、札幌地裁が認めても、私は認めない。

私は、でかい声のおっさんが苦手である。私自身が小さい声の持ち主だからだ。いや、苦手だなどと言葉を濁すのはやめておこう。はっきり言って嫌いである。でかい声の男は、大嫌いである。親のカタキと言っても過言ではないほどだ。 たまに大相撲中継を見てい…

「名探偵コナン」の理想の花嫁投票、理想の花嫁じゃない人たちの怒りを買って炎上。

ああ、いけませんねいけません。 劇場版「名探偵コナン」で‘’理想の花嫁‘’投票という企画が進められ、SNSを中心に批判的な声が上がったという。 女性キャラクター38人から選んで投票するというもので、批判が高まった結果、主催者側は「ファンの皆様にご不快…

「ヤクザやぞ!」と脅したあおり運転容疑者。顔は、ちびまる子ちゃんの気弱な中野さんそっくりだった。

ああ、いやだいやだ。私は、生活保護費の不正受給の次に嫌いなのがあおり運転なのである。 もちろん犯罪者は全般的に嫌いなのだが、人間の器の小ささがもろに表れる上記二つの犯罪は特に嫌いなのだ。河本か河野か忘れたが、不正受給で炎上したお笑い芸人がい…

思わず「白人同士で勝手に戦え」と思ってしまったゼレンスキー大統領の「真珠湾攻撃」発言。結局、戦争とは。

いやあ、言葉というものは恐ろしい。これまで「ウクライナ頑張れ」だったのが、私の中では一気に対岸の火事に格下げされた。感情的ではあるが仕方がないね。人間だもの。 ウクライナのゼレンスキー大統領がアメリカとのオンライン会議で「1941年の真珠湾攻撃…

キチガイに刃物、井戸端の茶碗、川端に子を置く如し。ロシア語で言うと「プーチンに核ミサイル」である。

いつの間にか北京パラリンピックは終わっているし、いつの間にか韓国のコロナ感染者が日本より多くなっているし、いや、時間の流れというものは驚くほどに早い。あっという間に今日は昨日になり、明日は今日になるのである。意味がわからんな。 ロシアもそろ…

それを論理の飛躍という。柔軟剤「レノア オードリュクス スリープ」のCMに批判殺到。

「レノア オードリュクス スリープ」という柔軟剤のCMに、批判の声が上がっているらしい。なんでもかんでも怒りだす人がいるんだなあ、と感心するのである。 CMへのクレームと言えば、私が一番印象に残っているのは、矢沢永吉が出演した「夏だからってどこか…

ウクライナ秘書室長の手紙「オーストラリア・日本に感謝」。韓国は抜けて非情に悔しい。

まあ、日本人にもそういう一面はあるのだが、韓国人はもっと顕著だ。世界の評価を気にするのである。 私などは、日本政府に対して「そろそろ世界の顔色をうかがうのはやめにしろ」と言いたい。一度戦争に負けたからと言って、卑屈になる必要はないのだ。日清…

やっぱりロシアの兵士は弱かったのか。「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」を見て、ウクライナ侵攻に思いを馳せる。

少し前にAmazon Prime Videoで「バタリオン」というロシア映画を見た。 昔のゾンビ映画の傑作に「バタリアン」というのがあって、その派生かと思ったのだが、副題に「ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」とある。このドイツ軍というのが、おそらくゾンビ部隊なのだ…

私がYouTuberになったなら。

有名なYouTuberが「なにっ、お笑い芸人の方がYouTuberより上やて。なにを言うとんじゃい。テレビなんてもうオワコンじゃ。お前が一生かかっても稼がれへん金を、わしは2、3年で稼いでるんやぞ」と怒りの配信をしたらしい。 まあ、お笑い芸人に馬鹿にされたこ…

そりゃあドーピング違反している自覚はあったでしょう。だって、ドーピング大国に住むロシア人なんだから。

まず、名前が気に入らん。 カミラ・ワリエワ、北京オリンピックに女子フィギュアスケートに出場している選手である。私の場合、「ワリエワ」がきちんと発音できないのだ。手術は、必ずシュジュチュになり、若隆景(わかたかかげ)は一生まともに言い切ること…

高梨沙羅と平野歩夢。理不尽なジャッジに、アスリートはどう対応すればいいのか。

私はダジャレが大嫌いなのだが、ネットを見ていてたまに「うまいこと言うな」と感心することがある。 今回は、「北京オリンピックは、ペテンオリンピック」というもので、まあ、初歩的なダジャレなのだが、現状の北京オリンピックのうさんくささをうまく表現…

YOASOBIのキービジュアルを担当している人が、トレース&パクリ疑惑で炎上したという話を聞いて、かつて私がやったパクりを思い出した。

なに、パクリ疑惑ですと!? YOASOBIのキービジュアルを担当している人が、トレース&パクリ疑惑で炎上したらしい。こういう下世話な話題は大好きだ。 あなたね。パクりなら、私に任せなさい。実は、私はむかし広告業界にいた人間で、私が業界に入った頃は今ほ…

「オミクロン株は風邪といっしょ」というのなら、「だから、感染して困る基礎疾患持ちや高齢者、身体的理由でワクチンが打てない人は、外出するな」とまで言わないといけない。でないと単なる無責任な発言になる。

まあ、わからないでもない。 政府が「感染者ガー」とか「3回めのワクチン接種ガー」とか慌てふためいている様子を見れば、つい、嘲笑して、自分の株を上げたくなるのだろう。そういう発言をしている人は、上から目線の人が多いからなあ。調子をこいてしまっ…

有働アナのちょっとウンコくさい話

いや、別に有働アナがウンコをしたという話ではない。そういう話が好きな人もいるだろうが、私が好きなのは自分のウンコだけである。他人のウンコは大嫌いだ。 最初は「有働アナのちょっと嘘くさい話」と書いたのだ。だが、嘘であるとは言い切れず、アナウン…

「勉強だけがすべてじゃない」だと!? なぜ、そんな極端なことを声高に言うのか。さては、お前、勉強できないな?

どうも私は、極端なことを言う人が苦手で、例えばよく聞くのが「お金だけがすべてじゃない」というセリフである。当たり前ではないか。そんなことわかりきっているのであり、わかりきっていることを声高に言うのは、言う理由がその人にあるということだ。言…

なんだと!? オミクロン株にビビりまくりの日本人だと!? わしはビビってはおらんぞ。どんとこんかいオミクロン株。

「オミクロン株にビビりまくる日本人」などと言っている人がいて、私は「ああ、また韓国人だな」と思ったのだが違った。どうやら日本人らしい。 この手の人のワンパターンなのだが、ちゃんとWHOも引き合いに出して日本人を笑っていた。「世界がこう言うてる…

そういえばむかし「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」という本があったなあ。

遙洋子という人がいて、タレントとか作家とかいろいろやっている人だった。今で言う蓮舫議員の劣化版みたいな人で、化粧がちょっと濃くて、口調や声がけたたましい感じがして、私はあまり好きじゃなかった。ただ、一冊だけ興味を惹かれた本があって、それが…

ほめるか、けなすか? 宇宙から帰還した前澤友作さん。

私は、宇宙になんぞ興味がない。宇宙では、あなたの悲鳴だって聞こえないのだ。 私は、むしろ地底派だ。地底にこそロマンがある。徳川の埋蔵金だって地底にあるし、怪獣も地底からやってくることが多い。地底人だってあなたのそばにきっといるのだ。たしか石…

なに~っ、わいせつ教員復職を厳格化!? まだ、厳格化してなかったんかいっ!

以前、アメリカの犯罪ドラマ「クリミナルマインド」だったと思うのだが、こんなやりとりがあった。 「児童性欲者が就く可能性が高いのは?」 「学校の教員ね」 さすがは、全国民が脳天気で民度が低く、白人はもちろん黒人も差別意識が強くてアジア人に対して…

北京オリンピックの外交ボイコットには意味がないだと!? この習近平の手先がっ!

北京オリンピックの外交ボイコットには意味がない、などと言っている人がいるようだが、いやいやいや、意味はあります。 それは、中国の対応を見れば明らかなわけです。ちょっと記事を読んでみましょう。 ▼中国外務省の汪文斌副報道局長は、米国とオーストラ…

小室圭くんに贈る言葉

週刊誌の新聞広告を見て、思わず怒鳴りましたね。人の失敗を笑うんじゃないっ、と。 小室圭くんがニューヨーク州の司法試験に落ちた件である。最初に知ったのは、毎日新聞の夕刊の記事だった。翌日には、朝日新聞にも載っていた。おいおいおい、これがジャー…