だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

パソコン・家電・モノ

10年前のノートパソコンに、Windows11をインストールした結果。

非常にくやしかったのである。これほどくやしかったのは、知り合いが小説の新人賞をとって以来だ。 きっかけは、テレビでWindows11のCMを見たことである。「ほお、ながらくWindows10を使っていたが、いよいよ新OSが登場か」とちょっとウキウキした。テレビ画…

私が選んだLinuxベスト3

タダは好きかね? 私は大好きだ。なにっ!? タダより高いものはない? アホか。タダより安いものはないというのが正解なのだ。当たり前ではないか。なかでも、私はタダ酒が大好きである。特にキャバクラは人の金でしか行ったことがない。誰か風俗に連れて行っ…

PC9801は、新型iMacの夢を見たか?

普段は、Windows機を使っている。 第四世代のCore i5であり、メモリは8㎇、500㎇のSSDで使っている。随分と古い機種だが、ほぼ文書作成でしか使わないので問題はない。PCゲームはやらないし、エロ動画程度なら実用に耐えうるのだ。 ただ4Kや8Kの高画質エロ動…

私が見捨てたジャストシステム。「一太郎」に続き、「花子」も「Shuriken」もさようなら。

嫌いなのに縁が切れないという点では、朝日新聞とワープロソフトの「一太郎」は似ている。 いや、とりあえず朝日新聞は毎日読んでいるが、「一太郎」は実はほとんど使っていない。毎年新しいバージョンをインストールし続けているだけだ。使わないのに買い続…

(まったく役に立たない)Windows10を徹底的に使いやすくする方法。いや、この場合は「テッテ的」と言うのが正しい文法か。

何を血迷ったか、Windows10のOSをクリーンインストールした。 気の迷いと言ってもいいかもしれない。この間トロいHDをSSDに換装したときは、個人データを残したままOSを再インストールした。クリーンインストールのように、すべて初期化するわけではなく、各…

「一太郎2021」ではなく、「Scrivener3」を買ってしまった話。

「一太郎2021」はまだ買っていない。 前から「もう買わない」「絶対買わない」「死んでも買わない」と言い続け、なのに結局買ってしまうという愚行を繰り返してきた。今度こそ買わないのである。もう、発売から5ヶ月が過ぎたのだが禁断症状も出ていない。よ…

馬鹿にされ続けてきた一体型デスクトップパソコン。あるいは、中華製ThinkPadの憂鬱。

昔から一体型デスクトップパソコンは、馬鹿にされてきた。 「情弱のアホやろ。モニター部分が壊れたら、本体も棄てるんか」「あんなのジジイの家電やんけ」「性能低いし拡張性もない。しかもぼったくり価格や」「使ってるのはハゲだけや」「ポンポコピー」な…

「一太郎」禁止令が発令されてしまう。もう、ダメだ。

まあ、元々ダメだったんですよ。シェア的には、Microsoft社のWordにボロ負けですからね。野球で例えると、すでに9回裏ツーアウト、0対450で敗色濃厚。勝てるわけがない。 「仕事で一太郎を使っている」などと言っても誰も知らない。「日本生まれの由緒正しき…

Androidタブレット(FireHD8)+外部キーボード(MOBO JIS配列折りたたみ式キーボード)で、ついにかな入力を実現。実に、快適だ。

本文が長いので最初に要約しておくと、早い話が「MOBO JIS配列折りたたみ式キーボード」は、「AquaMozc外部キーボード用for Android(月額110円)」をインストールすれば、Androidタブレットでも「かな入力」ができるようになる。さらに「106/109ハードウェア…

かな入力が速いに決まってるでしょうが~っ。「親指シフトキーボード、ひっそりと前倒しで販売終了」の記事に、思わず憤慨。

ご存知か? 昔々、「親指シフト」という入力方法があった。実は、私が若い頃勤めていた会社にあったのが富士通のワープロで、それは親指シフトという非常にへんてこりんな入力方法を採用していた。 キートップにはふたつの仮名文字が表記されており、上の文…

ThinkPad L540のハードディスクをSSDに換装。残念ながら爆速とまでは行かず。微速前進といったところか。

私のパソコンは、旧式である。ThinkPad L540という化石のようなパソコンである。アウストラロピテクス・アファレンシスもびっくりなのだ。 起動だって3分30秒かかる。OSを初期化する前は、7分近くかかった。カップヌードルだって余裕で出来上がるのだ。いや…

なに、Xtra-PCで古いパソコンが爆速に!? ホンマかいな。

相変わらず私のパソコンは起動が遅い。前は、6分以上かかっていた。OSの初期化をした今も3分以上かかる。 まあ、いいのだ。そんなに忙しいわけではないからな。ネットで見た情報では、最近のパソコンは10秒とか20秒で起動するんだそうだ。そんなに速いと、ゆ…

Windows10の初期化を行う。ハードディスクの奥底に隠してあったエロ画像も全部消えた。

パソコン黎明期からのパソコンユーザーである。つまりジジイである。おまけにハゲである。歳は取りたくないものだ。 長年にわたり目を酷使したせいで、白内障と緑内障のダブルである。メルアドの「.」が見えないのだ。くしゃみをすればぎっくり腰になるし、…

いやいやいや、紛らわしいのは確かでしょうがッ。KDDIの新料金プラン。

私は別に武田総務相の親戚でも友達でもないのだが、なぜ彼を非難するのかよくわからないのである。 KDDIは、確かに「うちが一番安いでっせ」とは言っていない。だが、比較一覧ではパッと見、最安に見えるのは事実である。 ポイントは「20GB」と「月額」であ…

夜の自転車で繰り広げられる、どっちが明るいかの熾烈な闘い。

ジョギングをしていてよくある困った状況が、同じ方向に走ってるやつと出くわすことである。私もつまらないところで負けず嫌いだから、ついピッチを上げてしまうわけです。人間としての器が小さいんでしょうな。せいぜいお猪口程度だと思う。 で、それが自転…

祝ダークモード搭載、やはりWindowsのエディタは「Mery」で決まりである。

この間、エディタはBracketsで決まりだと言ったばかりなのだが、早くも前言撤回なのである。まあ、菅総理だって前言撤回をしているし、私のようなジジイはコロコロ意見が変わっても仕方がないのだ。 いや、そもそもGoToトラベルだって、コロナの状況に合わせ…

年寄らしく回顧録など。字下手の元にワープロがやってきた日。

ご存知か? 昔はあなた、鉛筆や万年筆で文字を書いていた。書き間違えたら消しゴムで消さなきゃいけないし、万年筆なら書き直しである。インクを消す砂消しゴムがあるが、必ず紙が破れるのだ。 私は子供の頃に書道を習っていて、自慢させていただくと極めて…

「Brackets」というエディタが気に入った。今度こそ「一太郎」にさらばと言おう。

顔が不細工なくせに、エディタの見てくれは気にする。 最近は、ダークなテーマを好み、これは目が疲れにくいからである。なにしろ右目だけだが白内障で緑内障なのだ。白い画面だと、眩しく感じる。また、画面だけダーク色でその周囲が白かったり青かったりだ…

古いパソコンにLinux(Ubuntu 18.04.5LTS)を入れた男。

捨ててから後悔するのは愚か者である。もちろん私は愚か者の部類であるからいつも後悔している。 この間は、「銀河英雄伝説」の小説と漫画の全巻をブックオフに売り払ってしまった。小説は5回くらい読み返したし、漫画に至っては数え切れないほど読み返した…

なぜ電動歯ブラシの替えブラシやシェーバーの替え刃は高いのか?

私は、消耗品を買うのが嫌いである。いや、憎んでいると言っても過言ではない。親の仇子の仇鬼畜米英来るなら来い来い赤とんぼである。 一番嫌いなのが、電動歯ブラシの替えブラシだ。あんなプラスチックの安っぽいブラシが、4,500円である。6本入りだから、…

思わず「へえっ」となった、テレビのリモコンが作動しているかどうかを確かめる方法。

突然、テレビのリモコンが不安定になった。押しても押しても電源が入らない。 こなくそっ、と思い切り力を入れたら、「強く押しすぎじゃ、ボケ」とリモコンに文句を言われた。まあ、それは嘘なんだが、本来なら私の言うとおりに動くはずのリモコンが反乱を起…

結局、一太郎2020を買ってしまった男。一太郎Padにちょっとガッカリ。

いやあ、びっくりした。 前に「金輪際、一太郎なんか買うものかっ。もし買ったら自分で自分を殴ってやる」と書いたのだが、驚いたことに買ってしまったのである。覚醒剤をやめられなかった槇原敬之を笑えないのだ。 一太郎というのは、日本のパソコン黎明期…

こいつアホやろ、と思ってしまった楽天の三木谷さん。「アマゾンに負けている理由は送料」と世迷い言をいう。

まず言っておくが、私はAmazon派である。 この間もテレビを買ったし、アマゾン・プライムにも入っている。昨日も「スタートレック ピカード」を見た。「ああ、アマゾン・プライムに入ってなかったら、これを見ることもできなかったのだ。ありがたやありがた…

なに!? 一太郎2020プラチナのバージョンアップ版が3万円!? バージョンアップで3万円だと!? 今度こそ、さらば一太郎と言おう。

また、お布施の季節がやってきた。 ジャストシステムという会社が出す「一太郎」というワープロソフトのことである。毎年この時期になると「バージョンアップのご案内」が送られてくるのだ。ちなみに「という」を二つ並べたのだが、知っている人は少ないだろ…

自分で自分を殴ってやりたい。韓国製の43V型4K対応テレビ(43UK6500EJD)を、つい買ってしまう。

2006年製の32型液晶テレビを使っていたのだが、少し暗くなっている程度で問題なく視聴できた。シャープのAQUOSである。14年前のテレビなのに、たいしたものだ。 もちろん元気だった頃のシャープであり、由緒正しき日本の企業の製品である。だが、その後、ア…

なんでもっと早く使わへんかったんやシリーズ「プロバイダのスパムメール対策サービス」

スパムメールは好きかね? 私は、それなりに好きだ。「あなたは私をファックできますか」とか「週末に来てくれますか?」とか「私のあそこが呼んでいます」とかのタイトルは、それなりに面白い。一瞬だが、「ウヘヘヘヘ」などとほくそ笑むような気分になる。助…

百花繚乱のボールペン市場。自分にふさわしいのは、どのボールペンなのか?

私は、ボールペンをよく買う。 馬鹿な人間ほど知的関連のグッズに目がないのだ。「聞き流すだけで」などという詐欺的な語学の教材にもすぐに手を出すのである。まあ、あれは高価だが、ボールペンは最近安くていいのがたくさん出ている。 「お、ジェットスト…

一太郎2019、応答なし。

打てば響くような人間になりたいものである。 私は、正直言って正反対の人間だ。打っても打っても響かない。話を振られてもセリフを思いつく頃にはもう話題が移っている。頭の回転が遅いのだろう。 舌が短いせいか滑舌も悪い。手術は必ずしゅじゅちゅになる…

結局買ってしまった一太郎2019。さっそく「たかすぎしんさくのしん」と入力して「晋」と変換させる。

買ってしまったのである。 一太郎2018とほとんど変わらない一太郎2019を買ってしまったのである。なぜ、買ってしまったのか。後悔してももう遅い。シャアが「坊やだからさ」と私を冷笑する声が聞こえるのである。 例えば、機動戦士ガンダムのガンプラならど…

なぜ、私はプレイステーションクラシックを買わなかったのか? そして、私が入れてほしかった6つの神ゲー。

実は、初代プレイステーションは、2台買った。 悪名高きソニータイマーのせいで、CDの読取りができなくなったからだ。当時流行っていたのが、プレステを縦に置くと読取りできるという裏技で、私も試してみたものだ。しばらくすると縦でもダメになり、私は裏…