だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

深夜にカップラーメンを食べながら見た「かもめ食堂」。おにぎりを食べたくなったが、パンしかなかった。

細かいことが気になるのは杉下右京の悪い癖だが、私の悪い癖は、深夜にカップラーメンを食べながら映画を見ることである。 ただでさえ血圧が200近くあるのに、これはもう脳梗塞待ったなし。更新が三ヶ月なくなったら死んでいると思っていただきたい。 さて、…

ダイヤモンドプリンセス号や韓国の検査体勢で、マスコミの印象操作が露骨。何言うとんじゃ~っ。

テレビのニュースを見ていて、何言うとんじゃ~っと叫んだのである。 「アメリカは日本のダイヤモンドプリンセス号の教訓をいかして、迅速な下船・隔離に踏み切った」みたいなことを言ってるわけです。日本は失敗したと言いたいのである。何言うとんじゃ~っ…

えっ、原作は純文学じゃなかったのか!? と驚いた「青天の霹靂」

私もかつてはそうだった。 邦画はダメだ。レベルの低いアニメの実写化ばかりで情けない。シナリオは最低で演技も最低。小学校の学芸会レベルである。特に「ガッチャマン」はひどかった。金返せと言いたい。 まあ、全然見てないから実際のところは知らなかっ…

思わず「へえっ」となった、テレビのリモコンが作動しているかどうかを確かめる方法。

突然、テレビのリモコンが不安定になった。押しても押しても電源が入らない。 こなくそっ、と思い切り力を入れたら、「強く押しすぎじゃ、ボケ」とリモコンに文句を言われた。まあ、それは嘘なんだが、本来なら私の言うとおりに動くはずのリモコンが反乱を起…

私が好きな言葉、ベスト3

どちらかと言うと物覚えが悪い。 いや、申し訳ない。つい見栄を張ってしまった。どちらかと言うと、ではない。どちらから言っても物覚えが悪いのだ。 私が悪いのではなく、頭が悪いせいである。 仕事の締め切りを忘れたり、打ち合わせの時間を間違えたりする…

八嶋智人という人が変なTweetをして炎上したらしいが、内容以前に、文章がとっても変。

八嶋智人という人がこんなTweetをしたらしい。 「僕らはね、やりたいのです、やるために、たくさんの準備をするのです、今だから、来ることが困難な人は来ない方が良いし、でも来たい人は来たら良いという状況を創っておかないと、劇場は開けとかないといけ…

恐いもの見たさでつい見てしまった映画「響 -HIBIKI-」

私だってね、あなた。小説くらい書くわけです。これは自慢ですが、高校生の時に書いた小説で商業誌デビューも果たしているわけです。 ただ、長い文章を書くのが苦手で苦手で、「原稿用紙50枚書け」と聞くだけで、嘔吐反射が起こって「オエッ」となってしまう…

結局、一太郎2020を買ってしまった男。一太郎Padにちょっとガッカリ。

いやあ、びっくりした。 前に「金輪際、一太郎なんか買うものかっ。もし買ったら自分で自分を殴ってやる」と書いたのだが、驚いたことに買ってしまったのである。覚醒剤をやめられなかった槇原敬之を笑えないのだ。 一太郎というのは、日本のパソコン黎明期…

なぜトイレットペーパーを買い占めるのか。少なくともウォシュレットがある家は困らないだろうに。

いやあ、びっくりした。 近所のドラッグストアに行くと、トイレットペーパーが売り切れていたのである。売り切れの張り紙を前にして、婆さんや爺さんが「やっぱり売り切れかいな。あっちの店に寄ってみよか」とぼやいていた。 「中国の工場が止まってトイレ…

羽鳥慎一モーニングショーを見ていて、「ちょっと待ったらんかいコラ」と思った件。

今朝のことだ。思わず「ちょっと待ったらんかいコラ」と思ったのである。 Amazonプライムでアニメでも見るか、とリモコンをいじっているときである。 テレビではちょうど「羽鳥慎一 モーニングショー」というニュース系のバラエティをやっていて、こんな番組…

世界に一つだけの花であっても、価値があるとは限らない。もちろん価値などなくてもいいのだが。

槇原敬之という人が覚醒剤中毒で歯がボロボロなどというネットニュースを見て興味を惹かれたのだが、写真を見ると確かに歯がボロボロだった。芸能人なのに珍しいことである。 で、読んでいるうちに「ああ、あの人か」と気がついた。SMAPが歌っていた「世界に…

今日の「なんじゃそれ?」 「豆柴の大群」ナオ・オブ・ナオの「未成年飲酒」写真がスクープされる。

豆柴の大群と聞くと、やはり100人中100人が「おお、豆柴がいっぱいなのか。そりゃあ、見てみたいな」と思うだろう。私もそう思った。 で、ニュースサイトのタイトルをクリックしたら、あなた、変な女がピースサインをして写っている写真があった。豆柴などど…

東京五輪、水流発生装置で海水を混ぜて水温を下げると言い出す。

いやいやいや、いくらなんでもデマに決まっている。 確かに東京五輪の委員会の人たちはアホである。暑さ対策に朝顔やら打ち水やら本気で言ってたらしいので、その時点でアホは確定している。 しかし、あなた。これは、ひどすぎる。そこまでアホのはずがない…

「孤独のグルメ」に足りないのは、本来あるべきはずの助平に関する独白である。

食にはまったくこだわりがない。私は、グルメの対極に位置する男である。「美味しんぼ」とかいう漫画に出てくる理屈っぽい主人公が何より嫌いだ。次に嫌いなのは、島耕作である。 とりあえず食事などカレーがあればそれで十分である。たまに見た目にごまかさ…

全国の丸太さん(約40人)に謝れ! 韓国人や日本市民らが少年ジャンプ「僕のヒーローアカデミア」のキャラ名にイチャモンを付ける。

まあ、韓国人は仕方がない。韓国人なんだから。 しかし、日本人でありながら、韓国人の視点で日本の国や歴史を語る人のいかに多いことか。いや、決して数は多くないから、「声の大きいことか」と言ったほうが正確だろう。彼らの代表が朝日新聞なのだが、なに…

こいつアホやろ、と思ってしまった楽天の三木谷さん。「アマゾンに負けている理由は送料」と世迷い言をいう。

まず言っておくが、私はAmazon派である。 この間もテレビを買ったし、アマゾン・プライムにも入っている。昨日も「スタートレック ピカード」を見た。「ああ、アマゾン・プライムに入ってなかったら、これを見ることもできなかったのだ。ありがたやありがた…

フジ住宅には、東出昌大さんのイメージがお似合いである。そのままCMを続ければいいと思うよ。

他人の不倫の話題には、まったく興味がない。興味があるのは自分の不倫だけである。 従って、東出昌大さんが唐田えりかという人と不倫したと聞いても、さっぱり興味がわかないのである。とりあえず唐田えりかという名前を検索して「んー、印象に残らない顔だ…

今年の「世界終末時計」は朝日の一面。あ~あ、朝日新聞滅亡「残り100秒」ならよかったのに。

いやあ、びっくりした。 朝日新聞は捏造偏向なんでもありのメディアなんだが、ここまで恥知らずとは思わなかった。夕刊を見た瞬間、私は驚きのまり口がポカンと開いて、ヨダレがだらだらと滝のように流れたのである。危うく自分のヨダレで溺れ死ぬところだっ…

脱糞しながら空の美しさを語る

なにが美しいってあなた、空ほど美しいものはない。 夕焼けはもちろんだが、青空も曇天も雨雲もすべて美しい。海や山々も美しいが、その色合い、造形において、空の美しさは突出している。あまりの美しさに、私は感動が極まって脱糞することがある。いや、ま…

成人式嫌いの成人式。

成人式は嫌いである。だから、行かなかった。 私は、ロープシンの「蒼ざめた馬」を読んで感化され、志望する職業をエンジニアからテロリストに変えた男である。国が主催する成人式などに行けるものか。 まあ、当時の成人式など市長や市会議員のくだらない話…

なに!? 一太郎2020プラチナのバージョンアップ版が3万円!? バージョンアップで3万円だと!? 今度こそ、さらば一太郎と言おう。

また、お布施の季節がやってきた。 ジャストシステムという会社が出す「一太郎」というワープロソフトのことである。毎年この時期になると「バージョンアップのご案内」が送られてくるのだ。ちなみに「という」を二つ並べたのだが、知っている人は少ないだろ…

自分で自分を殴ってやりたい。韓国製の43V型4K対応テレビ(43UK6500EJD)を、つい買ってしまう。

2006年製の32型液晶テレビを使っていたのだが、少し暗くなっている程度で問題なく視聴できた。シャープのAQUOSである。14年前のテレビなのに、たいしたものだ。 もちろん元気だった頃のシャープであり、由緒正しき日本の企業の製品である。だが、その後、ア…

 「妖怪大戦争(2005)」がエロすぎてけしからん。

いやあ、実にけしからん。助平すぎる。 「妖怪大戦争(2005)」のことである。 そろそろ年末に向けてテレビがつまらなくなってきた。いや、テレビはいつもつまらないのだが、年末年始のテレビ番組のつまらなさはほぼ300%増量である。腹が立つほどつまらない。…

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のちょっと情けない死ぬ前にやることリスト。

早いものである。もう、年末だ。 皆さん、ご存知か。一年が過ぎるということは、一年死に近づくと言うことなのだ。いや、一日過ぎれば一日近づき、一秒過ぎれば一秒近づく。ほら、また近づいた。 人間はみな平等とは思わないが、少なくとも死に関してだけは…

その死体はおならをして勃起する。映画「スイスアーミーマン」

おならは、好きかね? 私は嫌いだ。あれは、人間の尊厳を損なう現象である。どんなにイケメンであっても、おならをした瞬間に「えっ!?」と回りの人間は耳を疑うのである。 彼のおならの音が「プッ」くらいなら、まだいい。「プ~」でも大丈夫だ。だが、もし…

「いだてん」が低視聴率? 何をあざけっておるのか、このバカモノがっ。

あなたね。「いだてん」が低視聴率で終わったからと言って、笑いものにするんじゃないっ。私としては視聴率100%。全回欠かさず見たのである。 まあ、確かに噺家のパートは不出来だった。私は、いずれあの「あまちゃん」的な親子3代の奇跡の融合が起こると…

東京オリンピックのマラソンは午前三時スタート? これ以上馬鹿な発言をして恥をかかない方がいいと思う。

東京オリンピックでマラソンの開催を午前三時からにするという案が出ているんだそうだ。 皆さんの考えるとおりだ。バカ丸出しである。誰もが「アホちゃうか」と失笑するだろう。チンコ丸出しよりも恥ずかしい。さすがは、朝顔だ打ち水だ観客席に雪を降らすだ…

第三次ブックオフ大戦勃発 いかにして私は大量の書籍と闘ったか。

いや、実は第三次でもないしブックオフと闘った訳でもないのだが、まあ、景気づけのタイトルである。 定期的に書籍は処分する。言うまでもなく、本は、勝手に増殖する。無機物に見えて、あれは生き物なのだ。ちなみにお金も集まろうとする性質があるんだそう…

新聞記者の桐生悠々が、忖度ニッポンを笑っていた? ホンマかいな。

朝日新聞の一面の書籍広告は、じっくりと読む。記事よりも時間をかけるくらいだ。 朝日新聞の記事は、自分が慰安婦問題を大きくしたくせにその反省もなく、いつも上から目線で偉そうで、しかも読者の声まで「反日」「反アベ」に利用する。捏造、偏向、印象操…

表現の不自由展で天皇陛下の肖像を焼いた大浦信行さん、とんでもない屁理屈をこねる。「あれは、昇華であり祈り。神社でみこしを燃やすのと同じで宗教的な側面がある」

私だって、たまには屁理屈をこねますよ。例えば、こんな屁理屈である。 「なんですと!? 何を言っているのか。君のような美少女のオシッコは、汚くない! 聖水である。言わばこれは、宗教的儀式なのである。君のオシッコは、私の汚れた魂を昇華させてくれるの…