だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

糞インドネシアの糞ジョコウィ大統領「あかん。感染者おらへん言うてんのに増えてきてもたがな。隠してたんバレてまうがな。そや、日本人から感染したと発表したろ。そしたら怒りの矛先はワシや政府よりも日本人に行くやろし、中国も喜んでくれるやろ。へへへへへっ」

f:id:b9q:20200401122823j:plain

いやあ、ひどい大統領もいるものである。

私は、韓国のムン大統領が近隣諸国では一番無能だと思っているのだが、それよりも上がいた。いや、無能と言うよりも卑怯。人間のくず。ゴミ。塵芥。アスファルトの上にひねり出されて太陽の光に晒されて乾燥しさらに風に飛ばされてそれでもしつこくへばりついている犬のフンと言ったところだろうか。実に、薄汚い。

インドネシアでは長く「うちにはコロナウイルスの感染者はいてまへん」と発表していたのだが、3月2日初めての感染者が出たことを発表。それがインドネシア初の感染者の感染源が日本人」というものだった。

それをきっかけに差別やハラスメントが頻発。

「レストランで『日本人は出ていけ!』といわれた」

「スーパーマーケットで日本人とわかると『コロナを持ち込むな!』と怒鳴られた」

「配車サービスを利用したら乗車拒否にあった」

「スポーツクラブで日本人は離れた場所でランニングするよういわれた、中国人は許されていたのに……」

「日本人スタッフはマスクを着用させるべきとインドネシア人スタッフが詰め寄った」などなど。

おい、こら。インドネシア。お前らインドネシアのくせに(以下、過激なヘイト発言のため3,258文字削除)

仮に日本人から感染したのが事実だとしても、こんな言動は許せるはずはない。そもそも新型コロナウイルスは、中国武漢が発祥ではないか。習近平が最初の段階でしっかりと対処していたら、こんな危機的状況にはならなかったのだ。なんじゃい、あの病院の廊下にぎっしりと詰まった来院者の群れは。あれで爆発的感染が起こったのである。世界に蔓延させる気満々だったのだ。

ちなみにインドネシアは、中国べったりの国である。有名な高速鉄道の件でも、まず日本に発注し調査と施工計画を立てさせ、実作業は「いやあ、中国の方が安いんですわ。これまでご苦労さん。調査結果と施工計画は、そのまま中国に渡しまっさかい」と手のひらを返した国である。さらに、中国の工事が欠陥だらけとわかると「すんまへん。他の案件をお願いしますから、尻拭いを頼んまっさ」と日本に再びお願いしてきたのである。この恥知らずがっ。

いや、もうね、日本政府は、こんな国を相手にしてはいけません。韓国と同様、無視すべきである。「インドネシア? さあ、あて、存じまへんなあ。ああ、もしかしたらブラジルの横にある国どしたかなあ」くらいの対応でいいのだ。

さて、話を元に戻す。

3月13日、糞インドネシア最大の英字紙「ジャカルタ・ポスト」の電子版で、糞ジョコウィ大統領がこう語ったのだ。

「これまで新型肺炎に関する明白な情報を、あえて、開示してこなかった。それは国民をパニックにさせたくなかったからだ」

それは、つまり、以前から感染者はいた。そして、日本人から初の感染者が出たというのがフェイクニュースであったということを示唆している。非常に腹立たしい。思わず小一時間怒りまくったのである。

このクソボケが~っ。パニックにさせたくないからといって、なんで、日本人をスケープゴートにするんじゃーっ。ただ、黙っといたらええことやろがーっ。お前の金玉すりこぎですりつぶして、ゴマと醤油を混ぜてつくねにして食わせたるぞっ。

上から下まで中国べったり、中国人がたくさん入り込んでいる国なのだから、感染源は中国人に決まってるでしょうが~っ。いや、それはわからないのだが、心情的に私はそう断言するのである。

4月1日現在でインドネシアの感染者は1,528人、亡くなったのは6人である。いーや、と私は首を振るのだ。人口2億6,766万人。アメリカに次いで世界第4位の国である。さらに発展途上国であり、医療システムが貧弱。そして何よりも中国とも極めて行き来が多い。

はっきり言って、100倍の感染者と死者がいても不思議ではないのだ。これもすべて感染者を隠蔽していた糞ジョコウィ大統領の責任である。糞して死ね、と切に願う。