だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

そのストレスをどうするか。もしくはそれは本当にストレスなのか。あるいはストレスなど本当に存在するのか。

f:id:b9q:20200408105123j:plain

最近、ニュースを見ていると「子供のストレスが心配」などと母親が言っていたりするのだが、いやいやいや、本当に子供たちはストレスを感じているのかと問いたいのだ。

まあ、私はストレスを感じたことがない脳天気な人間なので、そう問う資格はないのかもしれないが、それにしてもストレスストレスと言いすぎではないか。

私が思うにストレスなど、自分の思い通りにならないイライラをストレスと言い換えているだけのように思える。あくまでそのイライラの原因は努力不足認識不足経験不足あるいは不運の結果であり、つまりは自己責任、それがわかっているからこそイライラが募っていくのである。

さらにそのイライラを酒やパチンコ、もしくはキャバクラナイトクラブガールズバー風俗などで発散しようとするから負のスパイラルとなる。ただでさえ貧乏なのに、金がどんどんなくなるのだ。中には、盗撮痴漢万引きなど犯罪に走るものも出てくる。むしゃくしゃしてやった、という連中である。

子供を虐待する連中など、ほとんどがこういったケースではないか。考えることを放棄し安易な道に逃げ込むことが、さらなるイライラに直結しているのである。もっと頭を使え、と言いたい。考え抜いて実行に移せば、ほとんどの問題は解決するのだ。

で、私が頭を使っているかというと、実は使っていない。正直言って仕事がないのに無策である。毎日Amazonプライムで映画を見て過ごす日々なのだ。だが、ストレスなど感じないのである。

まあ、元々年寄りで残り時間が少ない分さほど金は必要でないし、以前徹夜仕事で貧血を起こして倒れて目尻を切ってから「もう、引退するのじゃ」などと言っていたのだが、それにしても今年に入ってからパタッと仕事が止まった。ケータイも鳴らないのである。これは、寂しい。

そもそも仕事をしていないと、これは確実に脳細胞は死んでいく。この間は、昔の同僚の名前が思い出せないことに気付いて愕然とした。言葉だって、どんどん忘れているのである。

このままではボケ一直線。東大一直線ならギャグ漫画なのだが、ボケ一直線はまるで笑えないのだ。

高血圧で死ぬのが早いか、ボケて何にも分からなくなるのが早いか、まさに前には化け物、後ろには馬鹿者状態である。今の状況は、それにコロナウイルスが加わり、何とも怖ろしい時代になったものだ。

ちなみに安倍総理が「緊急事態宣言」を発令したが、それに対する海外の報道にはちょっと笑った。

AFP通信は「ドイツや米国は、日本が社会的距離確保の措置実施や新型コロナの広範囲な検査実施に失敗したと強く批判している」などと言っていて、いやいやいや、そう発言できるのはお前らの国より日本がひどくなってからやろがい、と呆れかえったのである。日本よりも多くの感染者や死者を出している国が何を偉そうに言っておるのか。

朝日新聞と同様、捏造と偏向が社是のニューヨークタイムズも、安倍氏は、緊急事態宣言発表に際し、楽観的な見方をした。安倍氏は、国民に人との接触を激減させるよう要請することで、2週間後には感染者の増加を減少に転じさせることができると話した」安倍総理の楽観的な見方を揶揄したのである。

いやいやいや、世界一の感染都市のくせに何を言っておるのか。そもそもニューヨークタイムズのような弱小地方新聞、中国からの広告費でなんとか生き延びているような新聞社が、よくもまあ偉そうに書けるものだ。さすがは脳天気の本家本元である。私も脳天気だが、彼らには遠く及ばないのだ。