だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

結局、民度の差だったのか。今のところ日本の死亡率が低い理由。

f:id:b9q:20200527093455p:plain

いやあ、不思議である。

確かに日本人は、うがい手洗い除菌イオンの国だから、ウイルス感染には強いような気がする。マスクをする人が多く、握手やハグやキスもしないし、往来でセックスもあまりしない。時折、変質者が出るくらいである。

だが、だからと言って新型コロナウイルスでの死亡率の低さに納得できるわけではない。世界をリードする白人様主導の国家があれだけ死んでいるのに、なぜ、日本人のような未開な人種が治める国の死亡率が低いのか。まったくもっておかしいのである。

白人様主導の国の人々も、最初はそう思っていたようだ。

「ロックダウンしない? アホか。日本の2週間後は、ニューヨークやな」

私が特に記憶に残っているのは、ロンドン在住の日本人医師(WHOの元顧問かなにか)の発言である。彼は、日本の対策を非難し、このままでは日本は大変なことになるとはっきり言った。

だが、私は不思議だった。なぜ、海外にいるオッサンが、日本の医療体制に対し物言うことができるのか。彼の知識は、切りとられた伝聞だけである。それを基準に一国の方針を非難するなど、一日一歩三日で三歩、馬鹿も休み休み言いたまえ。

まあ、彼がろくでもない人物であることはすぐにわかった。自分が知らないことを質問されたとき、「いや、それについては知りません」とは言わずに、論点をズラして関係ないことを答えていたのだ。自分が知らないことを知られたくない、その程度の薄っぺらな人間なのだろう。

もう一人、これもイギリス人なのだが、確かロンドン市長候補だったか、「日本でオリンピックができない場合は、ロンドンでやる用意がある」と発言したオッサンが印象深い。今となっては、日本の何十倍も感染者を出した国が愚かなことを、と大笑いしてやりたいのである。

やはりこの辺は、「日本人あるいは、日本に住んでいるのは一段低い人種」という認識があるのだろう。そんな人種がうまくウイルス制御できるわけがないのである。短足で出っ歯で猿に似た連中が、白人様よりもうまく対策できるわけがないのだ。

そう言えば、「猿の惑星」の原作者も「いやあ、あの作品の猿は、日本人がモチーフですわ」と語っていたらしい。まあ、彼の場合は戦争体験があり、日本軍の捕虜だったらしいから、そういう認識に至ったことも理解できるのだが。

で、日本人の死亡率が低い原因である。

実は、さっき海外の人々の動画を見た。マスクをせずにビーチに密集している動画である。「心配していない」「神様が守ってくれる」「太陽光の殺菌効果の方が高い」などと妄言を吐いてケロッとしているのである。

私は民度という言葉が嫌いである。あれは、差別的な臭いがする。だが、ビーチで楽しむ連中を見ていると、はっきり「民度が低い」と感じていまうのだ。いや、「知性が足りない」と言った方が正確だろうか。

もちろん、日本にもパチンコにいそいそと出かける連中はいる。芸能人にも遊びに行かずにはおられない連中が多い。だが、欧米の連中は、そんな人間の比率がもっと高いのだ。白人だけではない。黒人やラテンアメリカ系の連中を見ていても、同じように感じる。海外で親近感を覚えるのは、台湾などの一部の国だけである。

どこかのキャラクターの真似をして言ってみよう。

人類には、2つの人種しか存在しない。日本人とそれ以外だ。

 

※ちなみに新型コロナウイルスにも型があるらしく(実際は型の話自体不明)、欧米のタイプが感染力も強度も強く、日本のはまだマシなタイプだと言う。もし、それが事実で、その欧米型が襲来したらえらいことである。また、BCGワクチンを打ったかどうかも関係しているという説もあるが、うーん、これはどうだろうな。まあ、とりあえず民度の差にしておこう。