だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ユーミンに「早く死んだ方がいい」と言った白井聡先生。彼が教える京都精華大学の卒業生の声が結構面白い。

f:id:b9q:20200917143851j:plain

しばらくネットから遠ざかっていたんだが、まとめサイトを見て面白いなと思ったのは、ユーミンに「早く死んだ方がいい」と投稿した白井聡という大学の先生の話である。

安倍総理が辞任することになり、それに対してユーミンが「泣いちゃった。切なくて」という記事が出た。当然、安倍総理を天敵とするサヨク系の人にとっては噴飯物である。白井先生、こんなTweetをした。

荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」

いやあ、よほど腹が立ったんでしょうな。

こんなことを書けば炎上するに決まってるじゃないですか。オホーツク大学卒などというFランの私でも、そのくらいはわかるのである。

当然、頭のいい白井先生としては自明の理。炎上上等来るなら来い来い赤とんぼ的状態であったはずで、非難する声があれば、たちどころにそれを撃破する論陣が組まれているはずだった。

ところが、あなた。

炎上後の彼のTweetは、単なる言い訳に過ぎなかった。いや、言い訳しているようで、さらにユーミンを馬鹿にするような内容だった。

「私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でした)。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そういうわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました」

火に油を注ぐとはこのことで、早い話がユーミンには知性がないと言っているのだ。当然のことながらさらに炎上した。いやあ、大学の先生というのも、意外にアホなんですな。ホッとします。

面白いのは、白井先生が勤める京都清華大学の卒業生からもいろいろなエピソードが出ていることだ。

「あの人、授業自体は極めて真面目なんです。ただ、政治の話になると“別人”になる。必ず安倍首相の悪口になって最後は止まらなくなる……」

「事ある毎に“安倍は馬鹿だ”。反安保、反原発の話は毎日で、“H-IIAロケットは軍事にも転用できる”とも言っていました。火が点くと授業が政権批判のオンパレードになり、“安倍は成蹊卒だろ? 僕は早稲田だよ”とも」

政治学の授業でした。その時は、天皇陛下の『生前退位』のご発言があった後。授業の趣旨も、天皇陛下と安倍政権が対立している、というもので……」

前川喜平・元文部科学事務次官の出会い系バー通いを読売新聞が報じたことに対しては、「『あれはゴミ売り新聞だ』と罵っていました。新聞については『皇居の駐車場のおじさんに話を聞いたら、“天皇陛下は一日の最初に琉球新報を読む”と言っていた。だから偉いんだ”とも言っていましたね」

「安倍は成蹊卒だろ? 僕は早稲田だよ」という発言を見ればわかるとおり、元々差別主義的な一面を持った人なのだろう。

実は父親が早稲田大学の元総長なんだそうで、かなりのエリートの出である。ただ、その割に京都精華大学の講師という今の彼の立場や発言にはギャップを感じる。父親が偉大すぎて、頭がおかしくなってしまったのだろうか。

京都精華大学に入学して、彼の講義を聴いてみようかとちょっとだけ本気で思うのである。菅総理に対しては、どう語るのか。「彼は法政だろ? 僕は早稲田だ」と言うのか。菅総理が東大卒だったら面白かったんだがなあ。

ちなみに京都精華大学には佐々木中氏も教鞭をとっているようだし、なかなか面白そうな大学じゃないか。誰か学費を貸してくれ。