だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

ああ、これは間違いなく大阪のオバチャンですわ。従って立憲民主党のポスターを非難する方がおかしい。

f:id:b9q:20201015122813j:plain

 

何を言うてはりまんねんのねん。

と思わず私は、異議を申し立てたのである。立憲民主党の「大阪市廃止にNO!」というポスターがえらく不評と聞いてのことだ。

ポスターのイラストは、ヒョウ柄のパンツをはいた太ったオバチャンが寝っ転がってテレビを見ていて、当然のことながらせんべいをポリポリ食っている様が描かれている。

そして、大阪市にいらんことせんとってや、ほんま」とフレーズが入っている。大阪都構想に反対するポスターなのだ。

それに対して、非難が殺到したそうなのだ。

「この絵柄からして、関西人を馬鹿にしてるとしか思えないんだが?」

「これを公式な広告物として発信できるセンスがすごい!」

「その絵はまんまブーメランやで」

「失礼極まりない。バカにしすぎ」

「大阪のおばちゃんを舐めてますね!」

何を言うてはりまんねんのねん!

このイラストを見て、「どこに住んでるオバチャンでしょうか?」と質問をしたら、100人中100人が「大阪のオバチャン」と答えるに違いないのだ。いーや、100万人中100万人と言っても過言ではない。「ああ、これは白金のオバチャンやね」などと答える人がいるか? 絶対にいないのである。

従って、このイラストは正しい。正しいものになぜ非難を浴びせるのか。自分の醜い姿をズバリ見せられて腹立たしいのか。器が小さすぎですよ。まあ、もしこれがハゲのオッサンがステテコをはいてワンカップ大関を飲んでるイラストだったら、「こらあ、ワシを馬鹿にするかあっ」と怒り心頭だっただろうが、そうじゃないからね。

むしろ私が腹が立ったのは、そのポスターの下にリンクされていた記事のタイトルだ。

『わからないなら反対を』都構想反対派も活動本格化」

いやいやいや、「わからないなら反対を」って、これは政治家のいうセリフじゃないでしょう。絶対に言ってはいけないセリフである。

わからないという人には、懇切丁寧に説明してわかってもらうのが政治家の役割である。そんな基本的なことさえわかっていないから、立憲民主党はいつまでたっても支持率が上がらないのだ。ばかめ。

しかし、大阪のオバチャンのイラスト。

大阪市にいらんことせんとってや、ほんま」というセリフを、辻元清美の声で再生したら、あなた、メチャクチャ腹が立ってきた。しかも、顔が室井佑月に似ているなと思ったら、お腹が破裂するくらいむかついてきた。

やっぱり立憲民主党は、健康を害する政党である。