だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

日本よ、LINEをやめて、Signalに移ろう。中国で禁止されるほど、Signalはセキュリティに厳しい(らしい)のだ。

f:id:b9q:20210319091247p:plain

LINEは、むかし誘われて使ったことがある。しょうもないのですぐにやめた。私は、人とのコミュニケーションには興味がないのである。一時話題になった「クラブハウス」も、正直、鼻で笑った。アホか。

そもそもLINEは、韓国や中国が絡んでいるらしく、だとすればセキュリティに問題があるのに決まっているのだ。私が利用したのはわずかな期間だったが、ほぼ確実に、メモリの奥底に保存していたエロ画像が流出しているはずだ。私が長年に渡り苦労して集めたエロ画像を、簡単に盗みやがってと腹立たしい。

で、今朝、テレビを見ていて、「そら見たことか」と私は叫んだのだ。

LINEを使った会話や動画、画像は中国に筒抜けだった。さらに、韓国LINEが日本人の利用者の全データを韓国のサーバーに置いていたというのである。トークや画像、動画などのデータに加え、LINE Payの取り引き情報も置かれていたらしい。そこに韓国の「LINEプラス」という会社の社員はアクセスできたのだという。さらに驚いたことに、日本の役所なんかも業務で使っているんだそうだ。もう、アホとしか言いようがない。

これはもう、絶対に情報を盗み見られているのだ。いやいやいや、すでにその情報は悪の組織に売られているだろう。いずれデータを悪用されて被害が出るに違いないのだ。

「へへへ、あんた不倫相手とLINEでエッチな会話してましたな。エロい画像も送りあってましたな。見ましたでぇ」

LINEの舛田淳・取締役最高戦略マーケティング責任者は、「サーバー構築や費用の面で(日本と比べ)韓国の方が有利だった」と説明したらしいが、このドアホが~っ、と叱ってやりたい。「有利やったら、セキュリティはどうでもいい」と言っているのと同じである。こんな危機管理意識のないやつが責任者では、企業はもうおしまいなのだ。

そもそも、なにが「取締役最高戦略マーケティング責任者」だ。こんな肩書き、よく恥ずかしくもなくつけたものである。作家のペンネームで言えば、伊集院静と同レベルの恥ずかしさだ。お前のメンタリティは、中学生かと問いたい。

日本は、さっさとLINEから脱却すべきである。官公庁や企業はもちろんだが、一般人も、とっととLINEを業務や告知やら雑談に使うのはやめるべきである。そして、メモリに隠されたエロ画像を守るのだ。でないと流出、脅迫、さらには文春砲の餌食になるぞ。

ちなみに、「Signal」というアメリカ製のチャットアプリがあって、それが中国で禁止されたとニュースになっていた。当初、中国人の間で「これやったら当局に盗み読みされへんで」と利用者が急増したのだそうだ。そこで中国当局は、「怪しからん。ちゃんとわしらにも見せんかい」と禁止したというわけである。よほどセキュリティがしっかりしたアプリなのだろう。

できれば日本発の優秀なアプリを開発して欲しいのだが、どうも、最近の日本は、そうした能力や気運に欠けているらしい。出てくるのはコロナ感染者の接触通知アプリ「COCOA(ココア)」を作った(下請けに丸投げした)、無能なくせに欲深い連中ばかりである。

だったらせめて、Signalのようなセキュリティに重きを置いたアプリを採用してはどうか。すでに日本でも使えるようだし、LINEを使い続けるよりもよっぽどマシだろう。まあ、私はコミュニケーションに興味がないので使わないのだが。