だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

「宝島社」が暴挙! コロナ病原菌を使って日の丸をイメージさせ、さらに「このままじゃ政治に殺される」と煽った全30段広告を朝日新聞に掲載。しかも、ナギナタをタケヤリと間違える。

f:id:b9q:20210514113348j:plain

いや、おかしいと思ったんですよ。

いくらリベラルな企業でも、ここまで反政権的な広告を新聞に載せるだろうか。言論の自由は認められるべきだが、強烈であればあるほど反発も生まれる。諸刃の剣なのである。立憲民主党蓮舫議員がいい例だ。ブーメランのし過ぎで、今では単なる滑稽な人である。お笑い芸人枠になってしまったのだ。なんの権威も感じられない。

恥ずかしながら朝日新聞購読者である私も、この広告を見た瞬間「おやおや、たかが宝島社の分際で何を大上段に振りかざしているのかね」と苦笑したのである。「君たちは、せいぜい『このミステリーがすごい』だけを売っていればいいのだよ」

宝島社ってこれほどの反日企業だったのかな、などと思ったのだが、実は理由があった。

この広告を見て大喜びの立憲民主党は、さっそくツイートしたのだが、それがそもそもの誤りだった。すぐにそのツイートを「(立憲民主党議員の)三角そうた後援会」というアカウントがリツイートした。そして、普通にリツイートしていたら問題はなかったのに、余計なことを書いてしまったのである。

f:id:b9q:20210514113450j:plain

▼私の兄が担当した広告、たまたまですが党本部もツイートしてくださいました!笑

「私の兄」ですよ。いやあ、これはいけません。誰が書いているのか、広告を担当したのが誰なのか、すぐに特定されてしまうではないですか。

で、今の時代、私が「よっこいしょ」と調べるまでもなく、すぐに調べる人が現れる。即座に、広告を担当した「ADK」のAEが三角という人物であることが判明した。珍しい名字だから、無関係者である可能性は低いだろう。つまり「三角そうた後援会」というアカウントは、三角そうた議員本人が書いており、この広告を作ったのは彼の兄なのである。

いやあ、実に恥ずかしい。自作自演がバレてしまった。まあ、後援会を名乗ろうがファンクラブを名乗ろうが、別にいいんだけどね。でも、やっぱり恥ずかしい。

しかも、広告自体も非難される結果となった。立憲民主党が実際に広告づくりに絡んだとは思わないが、関係者がいるというのは事実であり、その意向を忖度されたと思われても仕方がないのである。

さらには、コピーにも問題があった。

▼ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。

(ボディコピー)私たちは騙されている。この一年は、いったい何だったのか。いつまで自粛をすればいいのか。我慢大会は、終わりにして欲しい。ごちゃごちゃ言い訳するな。無理を強いるだけで、なにひとつ変わらないではないか。今こそ、怒りの声をあげるべきだ。

すぐにネットで指摘されたのだが、写真の少女たちが持っているのはタケヤリではない。ナギナタなのだ。具体的な写真を使っている以上、「写真はイメージ」とは言えないはずで、これは明らかな間違いなのだ。

もちろん制作側はナギナタだとわかっていたと思う。だが、このキャッチフレーズをナギナタに変えると、効果がまるで違ってくる。やはり、馬鹿げた抵抗を表現するにはタケヤリが一番なのだ。あえてタケヤリにしたのである(と思う。さすがにADKはそこまで馬鹿じゃないだろう)。

炎上してから三角そうた議員は、自分がどれほど馬鹿なことをやってしまったかに気づいたのだろう。即座にリツイートを削除した。

だが、削除されれば余計に炎上するという法則のとおりに、さらに炎上して私のような情弱ジジイまでが知ることとなったのである。

三角そうた議員、今頃後悔しているだろうなあ。

自作自演がバレてしまい、馬鹿にされている立憲民主党がさらに馬鹿にされる結果となり、なにより名前の出やすい広告業界とはいえ一般人である兄さんの名前を悪い意味で広く世間に知られてしまったわけで、これは気の毒としか言いようがない。

後悔先に立たず。覆水盆に返らず。死んでからの医者話。英語で言えば、Repentance comes too late(後悔するには遅すぎる)である。

ちなみにこの広告は、明らかに立憲民主党の視点で作られているのだが、あくまで広告主は「宝島社」である。「いや、わしらが知らんうちに、勝手に作られて、勝手に掲載されたんですわ」ということはないのだ。

私は、この手の広告は嫌いだ。こんなのに乗せられて「怒りの声をあげるべきだ」などとは思わないし、立憲民主党の「国民が~」という発言にはいつも気分を害している。

従って「広告主は宝島社か。では、今後、一切宝島社の本は買わない」と誓ったのであるが、よく考えれば「このミステリーがすごい」も、いつもランキングだけ立ち読みしていたのだった。

今後も立ち読みだけですまそうと思う。