だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

小林礼奈「まさかこんな事がニュースになってしまうとも思わずに、軽率に店の名前出してしまった事、すごく反省しています」

 

f:id:b9q:20210611232136p:plain

自分のブログが炎上したら大変なんだろうが、他人のブログが炎上するのは全然問題ない。いや、むしろ面白い。ネットでそんなニュースを見ると、つい「うひょうひょ」などと下卑た笑みを浮かべながら読んでしまうのだ。

さて、今回は、小林礼奈という人のブログが炎上したのだという。私は、ほとんどテレビを見ないせいか、正直、この人のことをまったく知らない。そもそもGoogleの日本語変換ソフトだって、きちんと変換しないのである。最初に出てくるのは「小林玲奈」だった。Googleの日本語変換だって名前を知らないようだから、たぶん一般人に近い人なんだろう。

で、なぜそんな人のブログが炎上したのかというと、早い話がラーメン屋で長居をして、「遅えよ」などと待っていた客から心無い言葉を浴びせられ 、その不満をブログに書き込んだせいなのだ。しかも、店名をはっきりと書いた。愚かにも書いてしまった。さらには誤解を招くような書き方だった。いっせいに非難の声がラーメン店に集中したのである。

気をつけなければいけないのは、今どき、防犯カメラはどこにでもあるということだ。そのラーメン店にもカメラはあった。すると、店主がビデオを確認し、「お詫び」と称して時系列を追っての理路整然とした説明文を出したのである。

店主は、

「お子様お二人はエプロンを外し、ソファでお遊びになっていた」

「お連れの女性の方はエプロンを外し、マスクをしていた」

「丼に箸やレンゲがまとめられていた」

「声を掛けようと思った時点では食べている様子はなく、大人のお二人は会話していた」

ことが確認されたと説明。

「お声がけしたスタッフは常に厨房にいて、ブログのお客様だけは厨房内から柱があり見えにくいところです。スタッフもこの状況から勘違いしてお声がけしてしまったようです」

優しいですな。「スタッフが勘違いして」と客をかばっている。

結局、急かしたのは待っていた客であり、そういう過程をまったく知らない店員は客の様子を見て「ああ、食べ終わってるんだな。待っている人もいるし、そろそろ席をあけてもらおうか」と声掛けをしただけだったのだ。

そして、こういう人の常であるが、やってしまってから後悔する。覆水盆に返らず。出したウンコは戻らない。

小林礼奈という人は、改めてブログで弁解したのだそうだ。

「中本さんの事がヤフーニュースに取り上げられてしまいご迷惑をおかけしてしまった事大変申し訳ありませんでした。退店を促されたことに対しては、よく確認してほしかったとその時は思いましたが お忙しかったのも、店内が混み合っていた状態もあったので そんな事をわざわざ聞き返したり、責める気にもなりませんでした」

いやいやいや、店名を出してしっかりと責めてるじゃないか。責める気がないのなら店名はわざわざ出さない。自分のブログを読んでいるファンたちに「災難だったね」「よし、わしがあの店に行ってウンコテロを敢行したる」などと言ってほしかったのだろう。

あと、手前勝手な人だなあ、と思ったのはこんな一言だ。

「どっちがうそをついているとか、どっちが悪いとかそういう話ではないかと思います。なので勝手な臆測で私とかお店にクレームを入れるのはやめてください」

少なくとも店主の説明はビデオを確認しての内容である。時系列をきっちりと出し、その時の様子も詳しく書かれている。「どっちがうそをついているとか」ではなく、嘘をついているとしたら小林礼奈の確率のほうが高いのだ。しかも、彼女はこんなことまで言っている。

「いつもは完璧な接客をしてくれるお店でした。何年も通っていましたが、こんな事は初めてでした。分からないけど、初めて見た店員さんだったので、もしかしたら、新人さんだったのかもしれないし」

これは、実にいやらしい。相手を気遣うふりをしながら、「やっぱり悪いのはその店員」と個人攻撃をやっているのだ。小林礼奈という人には、心底呆れた次第である

ただ、それ以上に呆れるのは、こうした炎上にワクワクしてしまい、尻馬に乗ってしまう連中である。特に、店にクレームをつける連中も相変わらずいるようで、「親子で食べている途中なのに出ていけと言うのか?」「スタッフはお客様を睨みつけるのか?」「小さい子は連れて来てはいけないのか?」 などと無関係なくせにトンチンカンなイチャモンを付けているらしい。

まったく信じられないくらい程度の低い連中だ。どうせ金も希望もなく、頭が悪いから浮上する可能性もなく、他人の不幸だけを楽しみにして生きているのだろう。ん? ああ、私も同類か。小林礼奈さんと同様、私も反省してま~す。