だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

偽物のメンタリストが差別発言で炎上したらしいが、そりゃあ偽物なんだから仕方がない。

f:id:b9q:20210815121024j:plain

結構昔の話だが、「メンタリストが登場!」とテレビから声が聞こえてきて、「おお、たまにはバラエティ番組も見てみるものだな」などと喜んで目を向けたら、なぜか「リーガル・ハイ」の古美門研介になりかけみたいな兄ちゃんが出てきて「なんじゃ、こりゃ」と思ったことがある。

私が見たいのは、海外テレビドラマ「メンタリスト」の主役だったサイモン・ベイカーなのだ。彼は私が好きなタイプの顔であり、「スーパー・ナチュラル」のカスティエル役のミーシャ・コリンズと双璧である。どちらの顔に生まれ変わりたいかと問われれば、非常に悩むのだ。

ご存じない方のために説明すると、「メンタリスト」の主人公は言ってみればシャーロック・ホームズの現代版。ちょっとした仕草や言葉で真実を暴いてしまうイケメン探偵なのである。

そのメンタリストを期待していた私は、「なんでこんな兄ちゃんがメンタリストなんじゃ~」と腹を立てた。どちらが早く出たのか知らないが、私はイケメンの味方である。バラエティ番組に出るメンタリストを、私はメンタリスト(偽物)と断定したのだ。

テレビでは、司会のおっさんが「ではダイゴさん。ゲストの方から私物を預かったんですが、それはどれでしょうか?」と言い、いくつかの小物を提示した。どうやらメンタリストごっこをやるみたいなのだ。

私は、アホかと思った。

具体的な内容ははっきり覚えていないのだが、どう考えても答えである私物は一つしかなかったのだ。財布もあったのだが、いくらテレビ局の知った顔でも財布は預けないだろう。そうやって消去法で考えれば、答えは一つ。メンタリストでなくてもわかるのだ。

「こんなものジッチャンの名にかけるまでもない。正解は車のキーに決まってるではないか」とクレオパトラ似の妻に言うと、「この人もお仕事なんだから」とかばうように言い、その妖艶な唇の端をかすかに持ち上げた。私は、ゾゾッと背筋に震えを感じ、思わずパンツを脱ぎ捨て(以下略)。

まあ、メンタリストを名乗るのは勝手なのだが、あまりに稚拙。売るための手法としてあまりにあからさま。私はため息を付きながら、静かにテレビを消したのである。その後、彼が手品をやっているのを見かけたこともあったが、私は鼻で笑い、すぐに記憶から消去したのだ。

その懐かしいメンタリスト(偽物)の名前が、最近になって急にネットで散見された。どうやらYouTuberになっていたらしく、それが炎上したようだ。

「自分にとって必要の無い命は僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない? 邪魔だしさ。プラスになんないしさ、臭いしさ。治安悪くなるしさ。もともと人間は自分たちの群れにそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きている。犯罪者を殺すのだって同じ」

You Tubeは個人の責任でやっているわけだから、まあ、言うのは勝手である。非難覚悟の上であれば、何を言おうが自由である。もちろん自分の金玉を見せつけるとかはいけませんよ。これは、法律に反する。私だって他人の金玉なんて見たくない。

しかし、この人、元々テレビ芸人でしょうが。今は需要が減ってYouTubeがメインなのかもしれないが、CMなどにも起用されているみたいだし、こんな差別発言をするのはどう考えてもおかしい。まるで厨二病である。頭が悪いのなら仕方がないが、慶応とかの出身らしいから頭もまあまあのはずである。

なぜ、こんな発言をしたのか不思議で仕方がないのだ。何かダークサイドに落ちるようなショッキングなことがあったに違いない。

パソコンに溜め込んでいたエロ動画を間違えて消してしまったとか、カリントウと間違えて犬のうんこを食べてしまったとか、朝起きたら突然頭がはげていて暗黒面に落ちたとか、そのくらいのとてつもなく大きな異変があったはずなのだ。でないとこんな極端なことを言うはずがない。言ったらまずいと気が付かないはずがない。

You Tubeの内容が表に出ると、すぐに著名人たちが非難をはじめてニュースになり、生活困窮者を支援する団体も抗議し、さらにはメンタリスト(偽物)をCMで使っていた企業が謝罪文を出した。しかも、この企業、ホームレスの支援をやっているのである。はっきり言って洒落にならないのだ。

「この度、弊社製品の広告に出演しているタレントのメンタリストDaiGo氏による不適切な発言があり、関係者をはじめ、多くの皆様に不愉快な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます」

いやあ、怒ってますね。たぶん、激怒している。当然、CMはお蔵入り。彼は、降板なのだ。

だが、こうなることはわかっていたはずである。例え偽物のメンタリストとは言え、簡単に推論できるはずである。ちょっとした失言ではなく、確信犯的差別発言。いったい彼に何があったのだ。

やはり、エロ動画を一瞬にして消してしまったのだろうか。あれは、確かにショックだからなあ、私も虚脱状態になって仕事を何本か飛ばしたよなあ、と私はメンタリスト(偽物)に同情しつつも、「まあ、偽物だから仕方がないね」とつぶやいたのである。

f:id:b9q:20210815121123j:plain

こちらは、「スーパー・ナチュラル」に出てくるミーシャ・コリンズ。文句なしのイケメンである。