だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

マーケティング不要論。「え~と、牛丼の大盛り。あ、シャブ抜きでよろしく」

吉野家の取締役が「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言して問題になったようですが、あなたね、マーケティングとかブランディング、あとコンサルティングをやってる人間なんて、まあ、あんなもんです。人間をなめてるんですよ。自分が頭がよくてセンスもいいと思ってるんでしょうね。

私も広告業界で長く生きてきた人間だから、よくわかります。あの連中は、自分たちのおかげでモノが売れたり、企業やら経済を動かしているつもりになってるけど、実際には数字をいじっているだけの変態です。大手代理店と付き合わずに、立派にモノを売っている企業だって多いわけですからね。私などは完全なマーケティング不要論者です。マーケティングに払う金があるのなら、わしにくれと言いたい。

そう言えば、私は倫理感が欠如した人間で、ある家電製品の新製品を手がけていたときに、競合他社の同じ家電製品の仕事を受けたことがある。今は、守秘義務の契約を結んでいるのでやりませんけど。まあ、昔から御法度でしたが、ギャラがよかったのでついOKしてしまったんです。

でね、両社ともオリエンの時にマーケティングの資料が出てきたんだけど、まあ、ほとんど一緒なんですよ。思わず「あれ~!? これ、A社の資料と似てるな~」などと言いそうになりました。別にデータの使い回しをしていると言うつもりはないです。似てくるのは仕方がないんですよ。だって調査の仕方が同じなんだから。サンプルだって数が増えれば平均化されて同等になる。逆に同等だからマーケティングの資料として成立するわけでね。最近は、代理店のくせに「○○調べ」などとネットから拾ってきたデータを元にしてる場合も多い。

市場はこうだ、求められている機能はこうだ、有力なターゲット層はこうだ。まあ、見事に同じです。言わば金太郎飴です。どこを切っても金太郎が出てくる。たまには、切る位置によって桃太郎を出せよ、と思います。プリキュアが出てくれば、喜びも大きいだろう。おっぱいが出てくればもっとうれしい。しかし、金太郎しか出ないんですよ。

で、私の場合は、とりあえず資料は見るけど参考にはしない。そもそも資料なんて見なくても、その程度の内容は肌で感じているわけです。それができないのなら、広告なんて作れません。で、結局マーケティングの資料なんて、せいぜいお守り程度の価値しかない。まったくもって紙の無駄です。経費の無駄です。おみくじよりも無価値であると言えましょう。

なぜ、商品が売れるかというと、やっぱり開発やら営業やらが頑張っているからだと思います。マーケティングなんて関係ない。残念ながら、私のような広告畑の人間も一緒でしょう。商品が良ければ広告が悪くても売れる。まあ、認知してもらうだけの存在ですね。従って目立たない広告はまったくの金の無駄です。「例え炎上しても目立てば勝ちだ」というのは、だから一面正しくはある。

で、マーケティングが無能なら無能で隅っこでおとなしくしていればいいんだけど、やたらと態度がでかい。おそらく吉野家の取締役のオッサンもそうだったのでしょう。

しかし、ここまでくるとセンスがないとかというレベルじゃありませんな。はっきり、キチガイの類いです。東京オリンピックの「オリンピッグ」発言のオッサンもひどかったけど、こいつはちょっとレベルが違う。

「生娘をシャブ漬け戦略」という下品な言葉の選び方。「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」という昭和のオヤジ丸出しの発想。いやあ、よくも今まで問題にならずに生きてこれたものだ。おそらくはあったと思いますよ。人間、基本は変わらない。これまでにも同じような発言が多かったはずです。ただ、表には出なかっただけなんでしょう。

2022年度の一番最低な発言として人々の記憶に長く残り、せっかくの輝かしい経歴も地に落ちた。泥まみれどころか、これじゃあウンコまみれですよ。ああ、臭い臭い。あっちに行け。

吉野家の牛丼と言えば「ジャブ漬け」と条件反射で出てくるわけで、私などはおそらく一生行くことはないでしょう。イメージが悪すぎる。吉野家からすれば、一級戦犯として絞首刑が妥当でしょうなあ。

別に犯罪を犯したわけではないのに、ただの発言だけで吉野家の役員も早稲田大学講師も解任になったんだそうで、気の毒と言えば気の毒。まあ、心配はいらないでしょう。マーケティング的に言うと、こういうタイプの人物は、泣きっ面に蜂と言うよりも、蛙の面に水でしょうからね。