だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

たぶんコロナ。

いやあ、驚いた。私のような人畜無害の人間にも、コロナウイルスというヤカラは無遠慮に襲いかかる。さすがは中国発のウイルスである。民度が低い。

ある日、突然、熱が出たのである。37.8℃である。平熱が36.3℃の私からすれば、極めて高熱。しかも喉が痛い。つばを飲み込むにも恐怖を感じる。ああ、つばがたまってきた。飲み込むか。いやいや、あの痛い思いをするのはもうご免だ。つばなど出なければいいのに。

などと思いつつつばを飲み込んで、その猛烈な痛みに耐えるのである。おそらくこれはトラウマになるはずであり、これから死ぬまでつばを飲み込むたびに恐怖がよみがえるのだ。

それもこれも前世はくまのプーさんだったプー近平の責任であり、コロナが武漢で流行りだした頃、病院が不調を訴える患者たちで満員電車の押しくらマンジュウ状態になっているのにも関わらず、まるで規制しようとしなかったことが今の世界を作り出した一番の要因なのだ。今頃になってゼロコロナとかで都市封鎖ばかりしているようだが、あの習近平とかいう爺さんは頭が悪いのかね。いつも眠たそうな顔をしているが認知症なのかもしれんな。

これまではコロナなど他人事だったから10万円だの100万円だの政府から金をもらえてありがたがっていたのだが、自分が感染すれば、話は別である。コロナは絶対反対。倒せ習近平。来るなら来い来い共産党。おい、そこのジジイ、マスクをせんかいっ。

まあ、38.8℃を山にして3日ほどで熱は下がり、喉の痛みも治まったのだが、3回ワクチンを打ってもこれだから、打っていなければどうなっていたことか。おそらく45℃まで熱が上がって脳の神経細胞がダメージを受けて、今頃こんな文章は書けていないかもしれない。

本来は熱が出た時点で病院に行くのがいいのだろうが、私は病院へ行くのが嫌いで、なぜかというと自分よりも上級階級の男が大嫌いなのである。さらには看護師の白衣に欲情してしまう性質を持っており、それを見透かした看護師に巨乳を腕に押しつけられ、「おやおや、まだお元気なんですね」などとイケメンの医者に嘲笑されたりしたら生きてはいけないのだ。

さいわい最近は、打ち合わせもリモートだし、人に会うことも滅多にない。元々人に会うこと自体が好きではないから、その点はコロナ様々である。自宅療養していれば、病院に行く必要はないだろう。

つい先ほど、仕事仲間から「どないしてる」と電話があったのだが、「コロナに感染したよ」と伝えると「意外と少ないなあ。あんたが直接知ってる感染者の第一号や」と言われた。「どないや」と聞くので「単なる風邪だね」と私は答えた。