だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

怖がりな人。断れない人。

どうにも理解できないのだ。自分の子供が死にかけているのにママ友の言いなりになった母親のことである。結局、子供は死んでしまった。

洗脳などと言われているが、本当なのだろうか。少なくとも「いやだ」という意識は常にあったのではないだろうか。

私は洗脳されたことがないし暴力的な対応をされて恐怖を感じたこともないので彼女を非難する資格はないのかもしれないが、私には、この母親は単に断る勇気がなかっただけのような気がする。

例えば、パシリもそうである。

「おい、お前、缶コーヒー買って来いよ」「おう、おれもや。サントリーのBOSSレインボーマウンテンな」「サントリー綾野剛を使った『オールドルーキー』のスポンサーやったやろ。わしは松岡知穂のファンやったんや。未成年の彼女に酒を飲ませて淫行した綾野剛はゆるせんのや。だから、サントリーもゆるせん。わしのはジョージアにしてくれ」などと命じられてうれしい人間など誰もいないだろう。

もしかすると殴られたりするかも知れないが、イヤだと思うのなら「イヤだ」と断るべきなのである。それは、生きていくのに必要な最低限の勇気なのである。「それができない人間もいる」という意見もあるだろうが、だったらいつまでもパシリをやってろと言うしかない。もしくは解決できる大人や社会に頼るべきである。もちろん大人や社会にも当たり外れがあるので、粘り強く信頼できる相手を探す必要はあるだろうが。

もちろん私だって強いわけではない。黒いスーツを着た江頭2:50が無表情に顔を近づけてきて、「お前の顔を舐めるか、それがイヤなら缶コーヒー買ってくるか」などと静かに言われたりしたら、おそらく缶コーヒーを買いに行くだろう。また、見るからに覚醒剤中毒のチンピラが脅してきても言うことを聞くに違いない。狂気の前に勇気をふるう必要はないのだ。

だが、普通の暴力団員に「缶コーヒー買ってこい」と言われたなら、私は「断る」と言うのである。いや、言いたいものだと思っている。まあ、実際その場になってみないとわからないのだが。

世の中に「断る」と言えない人がなんと多いことか。会社の飲み会を断れない。きれいなお姉ちゃんから英会話の教材を売り込まれて断れない。宗教の勧誘が断れない。自慢ではないが、私は、全部断ってきたのである。だから、3年以上同じ会社に在籍したことはないし、英語も話せないし、いまだに神のご加護はないのだ。

確かユダヤ人の格言にこんなのがあった。「勇気を失えば全てを失う」

あの母親に「イヤだ。あなたは、もう来ないでくれ」と言う勇気があれば、子供は死なないですんだのに、とつくづく思うのである。