だれかが松葉杖で扉をたたく

結構、嘘つきである。

死刑囚3人の「絞首刑は残虐で非人道的」という意見に賛成。やはり死に方は選べるべきだ。

私は、断然、死刑賛成派である。

犯罪抑止力になろうがなるまいが、そんなの関係ない。死をもって罪を償わせる、という意識もない。そもそも犯した罪は、凶悪犯罪であろうが軽微な犯罪であろうが償えないのだ。たとえ被害者の家族や被害者が「許す」と言ったとしても、それは許されただけであり、償ったことにはならないのだ。

懲役は犯罪に対する罰則であり、罪を償うためのものではない。服役を終えたからと言って、罪を償ったことにはならない。犯した罪は、死ぬまで背負っていくしかないのである。よく安っぽい刑事ドラマで「おれは12年もムショに入ってたんだよ。罪を償ったんだよ」などというセリフを聞くことがあるが、あれは正しくない。刑期を終えただけである。

死刑も単なる罰則の一つである。死刑が刑罰として存在する以上は、私は死刑に賛成する。死刑が憲法で廃止されれば、死刑は認めない。まあ、当たり前の話である。

さて、「絞首刑で死刑を執行するのは残虐で憲法に違反する」として、大阪拘置所に収容されている死刑囚3人が、執行の差し止めや計3,300万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたんだそうだ。

執行の差し止めや損害賠償は「なにを言うとんじゃ」と呆れかえるのだが、おそらくリベラル派の弁護士たちにそそのかされたのだろう。

ただ、絞首刑の残虐性に関しては、割と賛成である。もちろん死なせる以上は残虐であるのは当然で、ただ、イメージとして「ガタン」と床が落ちて、死体が痙攣しながらゆらゆら揺れているというのは確かに怖い。辻元清美が必死の形相で追いかけてくる夢を見るのと同じくらい怖い。

だから、私としては、絞首刑以外に、電気椅子、ギロチン、薬物、銃殺、打ち首獄門くらいは用意していただき、そこから選べるようにすればいいと思うのだ。私なら薬物を選ぶ。これは、海外で認められている安楽死と同じなのだ。眠るように死ねるのである。

ちなみに弁護士は「執行の実態が全く知らされていないことも問題で、訴訟で明らかにしていきたい」と話しているんだそうで、それにも私は賛成だ。

死刑執行の実態は知らせるべきであり、できればテレビによる生中継をお願いしたい。もちろんMC古舘伊知郎などを使ってはならない。エンタメではないのだ。あくまで「死刑はこんなに怖いんですよ。だから人を殺すのはやめましょうね」という啓蒙番組なのである。

まあ、イスラム圏では普通に処刑を公開でやっているのだが、それでも犯罪はなくならないみたいだし、テレビ中継しても殺す人は殺すんだろうなあ。

こういうことを考えていると「自分には人を殺せるのか。殺したとして、どんな精神状況になるのか」などと思索が進み、「ちょっと殺してみるか」などという怖い結論に達しそうになってブンブンと頭を振るのである。